忘れられないワインの話



今まで飲んでいちばん美味しかったワインは?と

聞かれることがありますが、

いつも答えられません。

ひとの話を聞いてると、

人生観が変わったワインや

心から感動したワインをお持ちの方って結構いらっしゃるようで

うらやましく思います。

私は・・・

美味しかったワインはたくさんあるけれど、

この一本!となると

なかなか出てこない。

それでも、

ある意味、忘れられないワインはあります。



以前、都内の某中東系レストランでワイン会をしたときに、

本国のワイナリーのオーナーが途中から来店し、

ご機嫌でとっておきのワインをふるまってくれました。

うちの自慢のワインをごちそうするよ、てな勢いで、

一人ずつにサーブしてくれたのです。

タナボタ的なハプニング、

皆でありがたく頂いたところ

帰り際、お金をばっちり請求されてました。

しかも

ボトル1本


「20万円」・・・


エーーーーー!!!


誰も開けてって頼んでなかったよね?

ノリノリでごちそうしてくれる雰囲気だったよねーーー??


結局、「15万円」! にまけてくれて、

その時は人数が多かったうえに

たまたま収入の高い職業の方が数名おられ、

多めに負担して下さったので

一瞬ザワつきこそしたものの、

どうにかこうにか収まりましたが

ある意味、

人生観をかえてくれた?

中東のワインでした。


アルコール17%で、

熟成感あって、たしかに美味しかった!

美味しかったけどさぁ・・・(トーンダウン)

みたいな、

モヤモヤ感と強烈なインパクトがセットで残ってます。


「ボ○タクリ」

の5文字をその場にいた誰もが思い浮かべたでしょうが、

口に出すひとはいませんでした。

今では苦笑いとともに語られている出来事です。



ワインの写真も残ってるんですが、

載せずにおこうと思います。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
お手頃ワインやお酒についてのあれこれを書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR