ノンアルの日


今日はお酒と関係ないこと書きます。


友人から、

アフタヌーンティーに行ってみない?とお誘いがきました。

仕事を忘れて優雅にお茶したいんだと。

普段、甘いものより酒をくれ!な私にとっては、

お茶などアウェイな世界ですが、

あっさり休みも取れまして

行ってきました帝国ホテル。




どーん。

堂々たる3段スタンドに、

下からサンドイッチ、ブリオッシュ&スコーン、苺のデザート。

炭水化物がこれでもかと並ぶ、

かなりボリューミィなラインナップです。

そうとは知らず、

お昼も普通に食べちゃった。

嗚呼、ダイエットは明日から・・・



さて

帝国ホテル17階ラウンジの窓からは、

皇居のお堀や周辺の建物、

外堀通りをゆきかう車の流れ、

お茶の水方面の景色を、広く見渡すことができます。

天井は高く、

音楽はごく控えめに、静かに流れていて

食器の当たる音や辺りの会話の声がゆったりと聴こえてきます。



日頃、殺風景な会社で過ごしているのと同じ時間に、

こんな優雅な空間があったなんて!

もう、会社なんか行きたくないようーーー。

非日常的空間の、あまりの心地よさに

そんな事をおもいました。



2時間ほどゆったりおしゃべりした帰り、

トイレに寄ると

中はきれいに整っていて

トイレにまで気持ちのいい空気が流れてる感じ。



洗浄ボタンが、

ひざより上くらいの位置にありました。


普段ならば、

公共の場のトイレの洗浄ボタンって

足で押してしまうんですが、

なんとなく、今日は足で押すことができませんでした。

その動作は、

この空間に似合わない気がして・・・

結局手でボタンを押してました。



なんだろう?

この、場の空気にひれ伏してる感じ・・・


誰に強制された訳でもなく、

自然と敬意をはらってしまう、この感覚。

ホテルの歴史と伝統、そこで働くひとたちの誇りが造り上げた格、

場の力というのかな。

お金を払ってそんな感覚を味わえて、よかったです。


丁寧に扱われたいなら、

まず自分自身を丁寧に扱うこと。

そんな事をおもわずにいられませんでした。

これって人間関係にもあてはまるかも?


昔を振り返ると、

自分を大事にしてないときって、

トンでもない相手に振り回されたりしてた気がするしなぁ・・・


自信なんてなくてもいいし、

ある振りも必要ないから、

せめて自分の事を大事にするだけで

まわりの反応って変わってくるのかもしれない。

大事にするったって大層なことじゃなく、

着心地のいい服を着たり、

好きなものを周りに置いたり、

たべたいものを食べたり、

ささやかだけど、

自分の心が何を喜び、何を喜ばないかに気づくこと。



なーんてことを友人と話しながら、

お腹いっぱいで家路につきました。

ありがとう帝国ホテルの素敵な空間!!

たまにはノンアルもいいもんです。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
お手頃ワインやお酒についてのあれこれを書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR