お値段は何を語る?




最近、シュナン・ブランのいいのを飲む機会がありまして、

普段なかなか買わない品種でしたが、

うまいなーーと実感させられました。

完熟りんごのような果実味と、酸味、余韻。


うちの近所のスーパーで売ってる

1000円以下のシュナン・ブランと

どう違うのか、価格の差が何なのか、

自分なりに検証したいと思いました。



普段家で飲むのはワンコイン系とか、

そのへんで売ってるデイリーワインがほとんどですが

今通ってるワインスクールでは○万円クラスの

お高いワインを試飲させてもらう事があります。

中には、

コレにそんな値段がつくんかい?

と、自分の感想と実際の値段のギャップに驚くことも多いです。

自分の味覚がデイリーワインに片寄りすぎなのかもしれませんが

高いワインを飲んだときに、

どこにその値段の価値があるのかっていうのが

まだまだピンときていません。

知識やリクツはさておき、です。

安くても美味しいのもあれば、高くてもそうでもないのもあり。

ワインの世界、まだまだ謎が深いです。


同じ「美味しい」って感想でも、

値段による価値のおきどころの違いというのを、

一般論やリクツ抜きに、

自分の感覚ではどうとらえるかな、というのが

最近のテーマだったりします。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
お手頃ワインやお酒についてのあれこれを書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR