すっきり柑橘、チリの白



【 ロス・ヴァスコス ソーヴィニヨン・ブラン 】

12月のワイズマート試飲会で買ってきた、

チリのソーヴィニヨン・ブラン。

キリッとした柑橘系の酸味が際立ちます。


同じソーヴィニヨン・ブランでも、例えばニュージーランドなら

トロピカルフルーツの香りや果実味がたっぷりで、

ボリューミィな感じがしますが、

こちらは正反対で、すっきりした酸味が特徴的な、

冷しい地域のソーヴィニヨン・ブランという印象。

チリって暖かそうなイメージですけどね。





調べてみると、カサヴランカ・ヴァレーという太平洋側のぶどうが

主に使われてるようです。

チリは海側のほうが涼しいと聞いたので、納得。


↓カサブランカ・ヴァレーの解説ページをみつけました
カサブランカ・ヴァレーについて by「チリワイン事典」

グレフルなど、柑橘系のすっきりした果実感が喉に心地よく、

おそらく誰が飲んでも好みを選ばなそうな、

爽やかなソーヴィニヨン・ブランでした。


冷やすと美味しいですよ~。









今日のワインはこちら!



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
日々のごはんのお供、お手頃
プチプラワインやお酒について書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR