シャルドネの隠し味



【 ヴェンティスケーロ クラシコ シャルドネ 2013 】

チリのシャルドネです。

シャルドネなんですが、何度味わってもソーヴィニヨン・ブランぽい、

青々しい香り・・・

このシリーズの、2013年モノの特徴なのか、気のせいなのか。

色は緑がかった黄色。

トロピカルフルーツみたいな、とろんとしたまろやかさ、リッチ感はあります。

ダンナと飲んでいて、

これほんとにシャルドネ?なーんて話してました。


チリでは高級ワインでない場合、

ラベルに記載せずとも、

25%までは別の品種がまぜられるので (←ざっくり言うと)

まぜたほうの品種の特徴が色濃く出ることがあるようです。

これは、隠れたソーヴィニヨン・ブランが

隠れきれずに顔を出したパターンではないかと、

そんな説にひとまず落ち着きました。


こーいう紛らわしいのは、試験には出なさそう。


余談ではありますが

ほんとにラベルを貼りまちがえることも、ごくごくまれにあるそうです それだったらかえってラッキー?!



夜は更けて、

これはこれで美味しいので、

どっちでもいいや!と、単なる酔っぱらいは思うのでした。




今日のワインはこちら~



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
お手頃ワインやお酒についてのあれこれを書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR