ところ変われば


昨日のニュージーランドに引き続き、ソーヴィニヨン・ブランです。

今日はフランス・ボルドー地方。


ミッシェル・リンチ・ブラン

第一印象は、グレープフルーツのような、キリリとした柑橘系。

青りんごっぽい酸味と、ヨーグルト的なコクも少し感じました。

ブレンドはされておらず、ソーヴィニヨンブラン 100%です。

同じソーヴィニヨン・ブランでも

ニュージーランドのものとは味わいがまったく違いました。

昨日のオールド・コーチ・ロード

匂い立つような、トロピカルフルーツの果実感でしたが

こちらはどちらかというと果実感は抑えめで

すっきりスマートな味わい。

ソーヴィニヨン・ブランといえば

自分のなかではニュージーランドの印象がつよくて

フランスのものはテイスティングの練習でよく外してたのを思い出しました。

コレがふいに出てきたら、品種当てる自信、ないな~。




品種あてはともかく、

酸と厚みのバランスが取れて、品よく美味しい白です。




今日のワインはこちら!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
お手頃ワインやお酒についてのあれこれを書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR