雨の長崎・フラスカーティ


長崎の2日目は、雨でした。

長崎、といえば昭和生まれならばきっと思い浮かべる、

あの歌謡曲が頭のなかを流れます。

午前中は原爆記念館から大浦天主堂、グラバー園などを見てまわり

午後、時間が少しあまると

酒好きの考えることはただひとつ。



【 フォンタナ・カンディダ フラスカーティ・セッコ 】

JR長崎駅の、カプリチョーザにて。

ローマでは定番のデイリーワインなんだとか。

口当たりはまろやかで、後味はすっきり。

果物でいうと、青りんごや洋ナシ、

後味はレモンライム。

ドライな飲み口で、がぶがぶ行けちゃいました。

海の見えるカウンター席だったので、

ボトルの向こう側は海です。
(写真にはうつってませんが)

ワタクシ、生まれも育ちも海なし県(埼玉)なもので、

海をみると遠くへ来た感が高まり、

旅情をかき立てられます。

海が身近にある暮らしにはずっと憧れてきましたが、

なんとなく縁がないような気がしてます。

山育ちの私にとったら、海はいつまでも旅、非日常の象徴です。


それにしても、九州に一泊でとんぼ返りは、結構くたびれた!



今日のワインはこちら!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
お手頃ワインやお酒についてのあれこれを書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR