鬼門へ。


これは、いつか飲んだワインでおぼえてない・・・

たぶん赤坂のTAKEWAKAで飲んだものかとおもいます。



ボバル。

スペインの土着品種、ボバル100%です。

当時のメモによれば、重めの赤系ベリーな果実感。

力強くもあるかんじ。

何かの間違いか、裏のラベルに

「スパークリングワイン」と書いてあり、

泡じゃないのにレアものだったようです。



さいきんは家飲み率がたかいですが、

明日はめずらしく遠征。

わたしにとって「鬼門」の、新宿です。

中央線の乗り継ぎが生命線。

寝過ごして起きたら八王子だった、ってトラウマも記憶に新しく、

気の抜けないデンジャラスエリア。


気を引き締めて新宿を迎えうちたいとおもいます。

















関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
お手頃ワインやお酒についてのあれこれを書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR