ロシアの踊り子



突然ですが、英会話をならうことにしました。

いつかやろうとおもいながら、まったく手をつけていなかったのですが

決定的なきっかけができたのです。


先日のランチタイム。

次の予定までに2時間くらいあったので、

長居ができるところでボーっと過ごそうとおもい、ファミレスに入りました。

ごはんを食べ、コーヒー飲んでダラダラスマホを眺め、

ノンビリ過ごしていると

外国人の団体さんがゾロゾロやってきました。

家族連れのような、大人も子供もいるグループ。

大人数なので、ばらけて席につくことになったようで

私の隣には小学生くらいの女の子5人組がきました。

(ま、マズイ・・・静寂がやぶられそうだ・・・)

とおもう間もなく、視線を感じた方向をみると

女の子たちがこっちみてニコニコ手を振っている!

(うわぁぁぁぁ!ロックオンされちまった!!!)

静かに過ごしたくて来たファミレスですが、

こちらをみて、ニコニコしている可愛い女の子たちを

スルーすることなどできません。

(こ、国際交流・・・(震え声)

こっちもニコニコ、手、振り返しました。


そこから先は質問攻め。

名前は?とか、何してるの?とか、いろいろ聞かれました。

私もボキャブラリーのないなか、

どこから来たの?みんなは家族なの?どうして日本に来たの?

などなど、思いつく単語の寄せ集めでなんとかコミュニケーションをはかる。

話してわかったのは、

ロシアから来た子どものダンスチームと、その先生、親御さんの団体だということ。

富山でのダンスの大会に参加するため来日したんだということ。

いつの間にか先生まで席にやってきて会話に加わり、

母国語が英語じゃないひとたちの英語をつかったコミュニケーションがしばらく続き、

ファミレスの中はちょっとしたカオス状態に 笑

静かに過ごす目的はやぶられましたが、

自分のなかでは変わった出来事で、非日常な楽しい体験でした。


そのとき、実感したのです。

これは英会話やんなさいよ、ってことかと。

いつかそのうち・・・とおもっていたけど、

ユー、今でしょ!!ってサインかなぁと。

実際、もっと言葉を知っていたら、

アレも話したいしコレも聞けるのに、と痛感したのです。

自分のボキャブラリーのなさがホントもどかしく。

ロシアから来た女の子たちが、心の鎖国をやぶってくれたかんじです。


3年後は東京オリンピックがあるし、

英語を話せるようになったら楽しいことがふえるかもしれない。

亀の歩みだとはおもいますが、

いっちょ、やってみます。



※ロシアつながりで、写真左端は、ロシアのワイン
 何年かまえに伊勢丹の「世界を旅するワイン展」で買ったのでした。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

おおー!

ついにこの日がやってきたー。待ってたよ~
どこか学校に通うの? また、話聞かせてね。

英語学習仲間が増えるのうれしいな。日々新しいことを学ぶのは新鮮だよ。お互い、楽しく切磋琢磨しましょ♪

Re: おおー!

重い腰がようやく上がったよーー

ロシアのみなさんのおかげです 笑

今週から家の近くの英会話教室に通うことにしたんだ。

また、話そうね!





プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
お手頃ワインやお酒についてのあれこれを書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR