ぶどうのレインコート

栃木県足利市の「ココ・ファーム・ワイナリー」。

今年もワイン仲間とぶどうの傘かけのボランティアに参加してきました。

雨や日差しを避けるために、ぶどうに傘をかぶせるお仕事。

去年は炎天下のなかでヒイヒイ言いながらの作業でしたが、

幸いなことに今回は曇り!

絶好の農作業日和です。






今回担当したぶどうは、ノートン。

限られた地域でのみ栽培される、珍しい品種だそうです。

傘装着前。



装着後。


ろうを塗った紙をひと房ずつぶどうにかぶせ、ホチキス留めしていきます。

紙のレインコートは一見頼りなさげに見えますが、

雨や強い日差し、鳥などからぶどうを守るための、

強力なお助けアイテムなのです。

一枚につき2か所をホチキス留め。

針の箱がひと箱以上カラになったということは、

ひとり500房は傘をかけたのかな。


黙々と、作業にただひたすら没頭・・・

だんだんと、雑念が消えていくのがわかりました。

目の前のことに集中するって、

リフレッシュになるのだなぁ。とぼんやり考えながら

手が勝手に動く、動く、動く。


今回傘をかぶせた「ノートン」は、将来こんな姿になるのかもしれません。

こころみノートン

2016年のノートン、リリースされたら買ってみよう。



【おまけ】ココ・ファームのヤギさん。


のんびり休憩中のご様子。



夕方5時まで作業をし、

東京に戻って、打ち上げです!




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
お手頃ワインやお酒についてのあれこれを書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR