ほっと一息、シラーズ



【 ミルトン・パーク シラーズ 】

カルディのセールにて購入。

980円くらいだったか・・・

オーストラリアのシラーズ。

熟したプラムっぽい紫系果実の味わいに、ほどほどなスパイス感。

ブラックペッパー味のチーズと一緒に飲んだら、

チーズのスパイス感に負けてしまったくらい、クセのないシラーズ。

スクリューキャップなので、

何日かに分けて、ちびちびと楽しめます。


今日は風のつめたい寒い一日でしたが

こんな日にはぴったりの、温かみある陽性なワイン。


楽天・アマゾンではみつからず。

カルディにはきっと置いてるかな。









スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

不可抗力



今年の目標、「年間100日休肝日」の達成には

週2回はノンアルにしないといけないんだけど

3週目にして早くも掟やぶり・・・

あぁーー。

今週は休肝日ならず。


敗因としては、

開けて数日たった自然派のワインをもらってしまったこと。

早く飲まなきゃ!

ってなるよねそりゃぁ。

致し方ないよねぇ。

味が変わってしまう前に飲んであげなきゃもったいないもの。


てな訳で、休肝日は(たぶん)明日から。









テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

犬は吠えるが



オザケン(小沢健二)、再始動?

最近ちらほらテレビに出たり、今年はフェスにも参戦するようで。

学生時代、大好きでよく聴いてました。

今はなき渋谷公会堂とか、武道館とか行ったなぁ・・・懐かしい。


フリッパーズ・ギターが解散してソロになり、

「犬は吠えるがキャラバンは進む」って1stアルバムにノックアウトされ

解散後は完全にオザケン派でした。

今でも歌詞見なくても歌えるだろうな。

多感な時期に好きだったものって身体に染みついてるんですね。


「犬は吠えるが-」 にちなんで、

犬ラベルのワインの写真があったか探してみたけれど、なかった!

猫はちょいちょい撮ってましたが。


かろうじて、ベルギービールの写真に犬を発見!

「フランダースの犬」のパトラッシュです。

日本人がイメージする、あのパトラッシュとはちょっと違うイメージ。

ネロも若干、目つきがわるいような・・・笑





ベルギービール、パトラッシュとネロはこちら!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベルギービールネロズブロンド&パトラッシュ 12本セット
価格:5940円(税込、送料別) (2017/2/26時点)


テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

家飲みプレミアム

プレミアムフライデーって

・・・なんのこと?




【 クロード・ヴァル 白 】

南仏・ラングドックの白。

グルナッシュ・ブランをはじめ、

ソーヴィニヨン・ブランやシュナン・ブランなど

その他いろいろブレンドされてます。

第一印象は軽めなシャルドネかとおもいました。

柑橘系の果実味、酸味はわりとおだやか。

600円台~800円くらいで買える、

お得感たっぷりな白!

普段の家飲みのつよーい味方です。



プレミアムフライデー、うちの職場では話題にすら上がってませんでした。

友人の会社では本当に15時に上がれたんだとか。

都市伝説ではなかったようです。







今日のワインはこちら!このお値段にしては、プレミアム感!(←ちょっと無理やり)





テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

備忘録、ロゼシャン



【 シャルル・エドシック・ロゼ・レゼルヴ 】

いつかのロゼシャンパーニュ。

持ち込みのワイン会でお仲間が持ってきてくれました。

トップバッター、乾杯のワイン。

シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ。

おしゃべりに夢中で、あまり覚えてないんですが

おいしかったのはまちがいなし。

パウンドケーキみたい、と誰かが言っていて

確かに!とおもったのでした。



奮発してくれたようで、かなりのいいワイン。

諭吉ひとりぶんくらいです。

ここぞというとき、

出せばまちがいなく喜んでもらえる、

安心のロゼシャンなのでした。




テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

想像ピノ・ノワール



【 レビネール ピノ・ノワール 】

アルザスの自然派ピノ・ノワール。

開けて数日たった残りをもらいました。

味の変化は感じるものの、

イチゴや赤いチェリーの果実味、

出汁のようなやさしげな味わいは

なんとか残ってる…

明日になればまた変わってしまいそうな、ギリギリ感 笑

いまの状態から想像するに、

開けたてはきっとおいしかったんだろうな。

前回のオレンジ系 と近いものを感じます。

また出会うことがあったなら、

本来の出汁感をじっくり味わってみたい、

そんなピノです。











今日のワインはこちら!







テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ふしぎなオレンジ系

開けてしばらくたったのをもらってきたイタリアワイン。

遅摘みのトレッビアーノ系品種。

白ワインだけれども、醸しの過程でオレンジっぽく色づいてます。

初めて見る、ふしぎな色合い。




【 コッレカプレッタ テッラ・ディ・プレティ 】

開けたてはどうだったんだろ、とおもわせる

個性的な風味。

紅茶のような、手づくりの苺ジャムのようなやさしい味わい。

とはいえ、

酸化防止剤無添加のワインで、開栓後一週間なんで・・・

色々差引きしつつ、

元の味を想像しつつ、

グラスが進みました。

このままでも楽しめましたが、

本来の味をたしかめてみたいです。




今日のワインはこちら!




テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

お手頃パワーチャージ



【 デ・ボルトリ シラーズ&カベルネ 】

濃厚であまーい赤系果実感!

くたびれた日はなぜか濃いめの赤がほしくなる。

白ワインでもほかのお酒でもなく、赤。


今日は月曜からバタバタ。

金曜日並みのお疲れ度でしたが、

ワインの甘みに力をもらいました。

休肝日にしようかとおもってたけど、まぁいいや。


時々お世話になるデ・ボルトリ。

オーストラリアのお手頃シリーズです。







今日のワインはこちら!











どっしり南仏、カベルネ&シラー



【 ラ・クロワザード カベルネ シラー レゼルヴ 】

どっしり重めな南仏の赤。

チョコのような甘みと、紫系果実感。

気どりのない、フレンドリーなかんじのおいしさ!

重厚で甘みがあり、好みは分かれるでしょうが

パワフル好きにはきっと受けいれられそう。

甘みが前面にくるので、

ちょっと冷やしめに飲むのがいいかも。


1000円でちょっとお釣りがきます。






今日のワインはこちら!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラ・クロワザード カベルネ シラー レゼルヴ
価格:900円(税込、送料別) (2017/2/19時点)







テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

普通によい子



【 レ・タンヌ オクシタン ソーヴィニヨン・ブラン 】

南仏・ラングドックのソーヴィニヨン・ブラン。

南仏の旨安王といわれる、

ジャン・クロード・マスさんの手がけるワインです。

柑橘系のフルーティな酸。後味すっきり。

際だった特徴はないものの、

普通によい子なかんじ。

南仏で千円くらいのソーヴィニヨン・ブランと聞いて、

自分のなかで想像したイメージどおりでした。

どこかで飲んだことのあるような味わいではありますが、

飲みやすくて、好みをえらばず受けいれられそう。

千円でお釣りくるシリーズ。







今日のワインはこちら!






ピノ飲みくらべ その2



左:【 フォンタニエール ピノ・ノワール 】

南仏・ラングドックのピノ。

チェリー系の果実味。若干、紫系のフルーツも入ってるかんじ。

酸味は穏やか。

前回のオーストラリアに比べるとかなり控えめですが、

そこそこボリューム感もあって肉にも合いそう。


右: 【 コルテレンツィオ ピノ・ネロ 】

北イタリアのピノ・ネロ。

赤系チェリーの果実味!

酸味が印象的な、かるーい飲み口のピノです。

今回の4種類↓のなかでは、いちばん軽かった。





左から、南仏、イタリア、オーストラリア、アルゼンチン。

翌日、ひととおり飲みかえしてみると、

オーストラリアのボリューム感、ジャム感、インパクトがつよく、

これを飲むと他のワインの印象が吹っ飛ばされる・・・笑

すべてを持っていくオーストラリアピノでした。

あらためて飲んだ感想としては、

とっつきやすさで選ぶならオーストラリア、

そこまでのパンチ力を求めないならば南仏


・・・そんな感じです。







今日のワインはこちら!




ピノ・ネロ はこちら 画像ナシですが・・・





テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ピノ飲みくらべ その1

ピノ・ノワールの飲みくらべ、その1。

まずは右ふたつ。








向かって左から、

オーストラリア、アルゼンチン。

左: 【 ティレルズ オールドワイナリー ピノ・ノワール 】

オーストラリアのピノ。

ニューワールドらしい、苺ジャムみたいな果実味ぎっしり!

親しみやすく、飲む人をえらばないジューシーさがありました。

ボリューム感もあり、これは、好きなひとは好きだろうな~。


右: 【 ドン・ダビ ピノ・ノワール レゼルバ 】

アルゼンチンのピノ・ノワールって

イメージわきませんでしたが、

苺っぽいフレンドリーな味わいがありながら、

煮詰めたかんじではなく、シュッとした印象。

エレガントさがあり、オーストラリアとは違う個性でした。



どちらが好きかとなると、

迷った挙句にアルゼンチンかな~。



つづく。





今日のワインたち!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドン・ダビ ピノノワール レゼルバ
価格:1285円(税込、送料別) (2017/2/17時点)


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

パワフルマルベック



【 オチョイメディオ マルベック 】

ちょっと珍しい、スペインのマルベック。

しぼりたてジュースのような、生々しさ!

濃厚で力強い紫系果実感。

チョコのようなほろ苦い甘さも。

これ、美味しい!!

ついついグラスが進んでしまい、

気づいたらソファで寝落ちしてました。


楽天・アマゾンではみつからず。

検索すると、扱ってる酒屋さんはあるようです。

1,550円くらいだとか。

もうちょいするかなと思ったので、意外。

お得感ありです!

見つけたらまた飲んでみたい。



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

いつかのシュナンブラン



これは、いつ飲んだか忘れてしまった・・・

写真だけ残っている、ロワールのワイン。


最初はブラインドで出されました。

陽に当てて干したような香りに、

ほっぺたがすぼまるような酸!

酸味が特徴的です。

柑橘系のシャープな酸があるけれども、

それだけじゃなく、どこか陰も感じる。

なんだろう・・・

結局わからず、

正解は、シュナン・ブランで

へーーーそうだったんだ!と驚いたのをおぼえてます。


メモも残っておらず、

楽天・アマゾンでみつからず。

ラベルが可愛いです。



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

SEIYUのコルビエール

白ワインが飲みたくて、

西友で何か買っていこうとおもい、

手に取ったのがコレ。

普段飲まない品種にチャレンジしました。


「コルビエール」・・・

名前の響きから、

完全に白と思いこんでましたが、

グラスに注ぐと、どこをどう見ても赤!!




あーー勘違い。

てっきり、黒いボトルに入った白ワインかと。

濃厚な紫系果実感、スパイシーさのある赤ワインでした。

お刺身を買ってきたけれど、

和よりは洋が似合う。

ラザニアとか、スパイシーな煮込みとか…

このあと、日本酒に移行しました。



西友にて780円。

スクリューキャップなので、日持ちはします。

コルビエールは赤。

身をもって覚えました 笑

また、後日飲みなおします。




















飲んだもん勝ちの世界

休肝日の隙に、

取っといたワイン全部飲まれてしまった!

なんてこった~



オーストリアのグリューナー・フェルトリナー。

かろうじて写真だけ撮りました。

かりんのようなリッチな香りです。

つい、休肝を破りたい思いにかられましたが

昨日飲みすぎてるのでやめときました。

一杯ぶん残しといてと言っとくんだったーー

今後への苦い教訓です。


楽天・アマゾンで見つからず。

いつかまためぐりあえたなら、

じっくり味わってみたいです。











テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

チャーミングなベーリーA



【 ますかっと・ベーリーA Y cube 】

持ち込みのワイン会にて出会ったワイン。

唯一の日本ワインでした。

これ、おいしかった!

第一印象はチャーミングなイチゴキャンディ感。

それだけでは終わらず、

凝縮感ある黒系の果実味が後からジワジワくる。

ブラインドで飲んだら、

ベーリーAとわかるだろうか。

たぶん、はずす自信あり。

ピノ・ノワールって答えそう・・・!


自分でもこっそり買いたくなりました。

和のおかずにも合うだろな~。












今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コルクのフリッツァンテ

今日も休肝日にしようと、ノンアルビールをちびちび飲んでいたら

だんな氏が飲みかけの微発泡ワインを持ち帰ってきました。

泡なのにコルク。

これは、早めに飲まねば・・・!!


飲むための言い訳なら、どんどん出てきます。



【 トミーサ ピニョレット フリッツァンテ 】

イタリアはエミリア・ロマーニャ州の、フリッツァンテ。

微発泡といいつつ、泡はごくごく控えめで、言われなければわからない。

オレンジ色の柑橘系のくだものを熟成させて、甘みを抜いたかんじ。

薬っぽい後味のある、ビオビオしたワインでした。

色んなワインを飲んだあとで、変わりダネ的に味わいたくなる。


楽天・アマゾンでは見つからず。

とらえ方により好みは分かれるでしょうが、

個人的には嫌いじゃないです。







テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

めざせ100日

今年は「年間100日休肝日」をめざして

もがき倒すことにしました。

飲まずに過ごせた日はカレンダーにシールを貼り、

視覚からも「やってる感」を味わっています。

まだ3つなんでアレですが・・・

50個たまったらなにかごほうびを買おう。




てなわけで、ノンアルビールのお世話になる機会がふえそうです。

このドライゼロは本家に似てピリッと辛口で、なかなかいけました。


これを書いてるいまも、本物のお酒が飲みたくてムズムズしてますが、

慣れろ、慣れるんだ・・・!とじぶんに言い聞かせています。

先が思いやられますが、

休肝日ラリー、つづく。










テーマ : お酒全般
ジャンル : グルメ

カレーとトロンテス



【 マイペ トロンテス 】

仕事帰りに寄り道したカルディにて。

色々目移りしましたが、迷った挙句、アルゼンチンのトロンテスに。

ハチミツのような、マーマレードジャムのような、あまーい香り。

黄色い果物のハチミツ漬けみたい。

ゆうべの作りおきのカレーに合わせてみたら、

意外や意外、違和感なく楽しめました。

トロンテスの果実の甘みと、

カレーの辛みがいい具合に落としどころを見つけたかんじ。


ブラインドで飲んだら、トロンテスとわかるだろうか。

はずす自信ありです。

答えるとしたらヴィオニエ??






今日のワインはこちら!






テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

軽快!ブルピノ



【 マテュー・ルー ブルゴーニュ ピノ・ノワール 】

果物でいえばチェリー。

軽めの赤系ベリー。

小梅キャンディのような、軽快な果実感でした。

重くないのでするする飲めてしまう!

この軽快さを、飲みやすいと感じるか

物足りないと感じるかで

好みがわかれそうな気がします。

自分としては飲みやすかったです。

飲み飽きしないかんじ。



楽天・アマゾンでは見つからず。

カルディで1,800円くらいだそうです。


入手経路は忘れちゃいました。










テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

とろりトロピカル



【 オールド・コーチ・ロード シャルドネ 】

NZのシャルドネ。

寝酒に一杯だけ。

寝落ち寸前だったので記憶はあまりないですが

トロピカルフルーツ的な、濃厚な果実味と

とろみがあった気がします。

母が自分の晩酌用にちょっとずつ大事に飲んでいたワインで、

「わたしのワインなんだからあまり飲まないで」とクギをさされ、

一杯だけで没収されました。

オールド・コーチ・ロードというと

ソーヴィニヨン・ブランばかり選んでましたが、

シャルドネ、おいしい・・・と意識が遠のくなかでおもいました。


次回は気の確かなときにじっくり味わってみたいです。






今日のワインはこちら!


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

SEIYUのピノ・グリージョ



【 コンビビアーレ ピノ・グリージョ 】

西友で780円。

西友だと、普段お世話になっている580円のヴィオニエなど

ワンコインに毛が生えたくらいの価格帯で

おいしいワインが買えるイメージがあり

今回、値段に期待値をこめてコチラに。


はちみつっぽい甘い香り。

飲んでみると、香りの甘さからすると

もうひと声ほしいくらいのあっさり感。

柑橘系の酸もありますが

総じてスッキリさっぱり、軽めな印象でした。

お水のように飲めてしまう。

もうひと山、きてほしい感じもしますが

ダンナ氏はおいしいと言っていたので、

好みの問題かもしれません。



ワイン自体がグイグイ前面にこないので、

料理には合わせやすいと言えましょう。


サラダやお魚、カルパッチョ的なものと相性よさそうです。





テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ジャケ買い!パンダマジック

インスタで見かけて、気になっていた

パンダさんラベル。

浅草の「まるごと日本」で見つけました。

3500円とちょっとお高めですが、

母への誕生日プレゼントもかねて購入。

プレゼントと称して、

ただ自分が飲みたいだけなんですけどね。



【 ドメーヌ・テッタ シャルドネ 】

か、かわいい…

完全にジャケ買いです。

軽めなのかな?とおもいきや、

意外にしっかりとしたシャルドネでした。

白桃みたいなほんのりした甘い香りに、

シャープな柑橘系の酸。

酸の印象がつよかったです。

お刺身や、ゆずの和え物と一緒に。


岡山産のぶどうを使い、長野でつくられたワイン なんだとか。

日本のシャルドネも、色んなのあるんだなぁとしみじみ。

美味しいけれど、3500円はちょっと高いかな。

ただ、このかわいいジャケは間違いなく喜ばれるので、

ま、いっか。と納得させられてしまう。

これぞパンダマジック。










今日のワインはこちら!




テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ごめんなすって。




通りすがりのワインバー。

ここ、いつもユニークなポスターが貼ってある。

家に帰って叱られる、

そんなフレーズをみて

同僚が話していた、

「切腹最中」のことを思い出しました。


せっぷくもなか。


切腹、の物騒な響きと

あんこの柔らかくあまいイメージが結びつかず、

二度訊きしてしまった。

冗談ではなく、ホントにあるんだそうです、切腹最中。

コチラです (←リンクに飛びます)


お詫びにいくときの手土産として

サラリーマンに人気なんだとか。

シャレが効いてんなぁ 笑

もしものときには、使わせてもらおう。

・・・というか、使ってみたい!

が、謝罪シチュエーションは避けたいジレンマ。


ちなみに、新橋にある和菓子屋さんです。








テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

休肝100日ラリー



今日は休肝日。

ひさびさのノンアルDAY。

飲みたい気分にならなかった、めずらしい日。


先日、「今年の目標=年間100日休肝日」

と、SNSにつぶやいてるひとを見かけ、

心が動きました。

年間100日・・・結構あるけど

それが出来たら身体がどう変化するか見てみたい。

達成感は間違いなくありそう!


週2~3回飲まない日を作れば、

今からでも追いつくかしら?

休肝日は手帳にシールを貼るとか

シールがたまったら自分にごほうびを買うとか

お楽しみ的要素を加えてうまく自分を騙せれば、

できなくはない・・・かな。←ホントかよ

思うのは自由!

ハードルはものすごく高し。





テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

カルディのセールにて!



【 トンマージ アドラート・アパッショナート・ビアンコ 】

カルディのセールで買った白。

シャルドネとガルガーネガのブレンド。


ガルガーネガ 90%、シャルドネ10% 

の割合を聞いて意外でした。

逆かとおもった。

力関係的にはほぼシャルドネかと・・・

トロピカルフルーツっぽい、リッチな果実感の白でした。


我が家の在庫も、とうとう白がわずかになってきて

次はどんな白を補充しようかと、

妄想がふくらみます。












今日のワインはこちら!






テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ココ・ファーム記念ワイン

去年のココファーム収穫祭でいただいたもの。

33回めの記念ワインです。

赤と白があり、白は甘口と聞いたので、

今回は赤にしたのでした。



【 ココ・ファーム 第33回収穫祭記念 赤ワイン 】

濃厚な赤系果実感!

ジンファンデル、プティ・シラー、カリニャン、ムールヴェドル などなど

いろんなブドウのブレンドです。

まっさきに感じた果実の甘みは、

ジンファンデルのお仕事かもしれません。

素朴で親しみやすく、果実味たっぷり。

ココ・ファームのワインですが、

カリフォルニア育ちのカリフォルニアワイン。

1999年にカリフォルニアの地に苗木を植え、

現地で収穫・醸造されたんだとか。

温かみがあってホッとする味です。


明日は会社自体がお休み。

「カルテット」をみながら、ワインを飲みつつ

ダラダラ食事の支度をしています。

時間を気にせず、のんびり。

そんな気分にぴったりなワインでした!


ココ・ファーム HPはこちら








テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
お手頃ワインやお酒についてのあれこれを書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR