アフリカンビーズと彗星



【 ライオン・クリーク シュナンブラン&ソーヴィニヨン・ブラン 】

南アフリカの白。

シュナン・ブラン&ソーヴィニヨン・ブラン のブレンド。

色は思ったよりも黄色がつよめ。

トロピカルフルーツみたいな、南国っぽい甘い香りです。

果実味たっぷりで厚みのあるタイプかと思いきや、

意外と後味はスッキリサッパリ。

まろやかさと爽快感が、ほどほどに保たれてるかんじ。

お値段、1000円札プラスαくらい。


さて。

最近、ずっと気になっていた映画「君の名は。」をみました。

時間軸についていけず、

一回見ただけでは??でしたが、

映像は文句なしに綺麗!!!

見終わった後にいろんな解説サイトをハシゴして、

あれはこういう事だったのか!

と、自分なりの答え合わせをしているところです。


このワインの、

すっと伸びたアフリカンビーズのラベルデザインが

映画にでてきた彗星の落下の軌道の絵とだぶりました。


映画について検索しまくったからか、

すっかり影響されたみたいです 笑







今日のワインはこちら!







スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

図星。


通りすがりの、気になるポスター。

仕事でよく通りかかるものの、いまだに入ったことがなく。





そうそう、そうなのよ!

私のことかとおもってしまった 笑

にくいコピーだわ。


高架下の、とあるワインバー。

勇気をだしていつか。




テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

夢の国にて

くじ運の強い友人がパスポートを引き当てたオコボレで、

ディズニーランドに遊びに行ってきました。


ハロウィンが近く、仮装OKな日ということで

本気コスプレの老若男女が集結!

普通の恰好のひとのほうが少なかったんじゃないかな。

衣装は手作りなのか、ド○キで買ったのか、

中には「トイレ行くときどーすんだ??」

・・・と、余計な心配をしたくなるような本格派もいて、

アトラクションの待ち時間も、

仮装のひとたちを眺めているだけで退屈しませんでした。




ダンボもカボチャ仕様!


とりたててディズニーファンという訳でもなく、

雰囲気だけ味わったら早々に脱出して飲みに行くかも?と

思っていた私は甘かった。


邪気のない世界にすっかり心を洗われて

結局20時過ぎまで離れることができませんでした。

ディズニーランドが「夢の国」と言われる訳がわかった気がした。

一分の隙もない、完成されたやさしい世界。

ここではそれが現実。





ホーンテッドマンションのカボチャたち!



翌日が休みならば飲みに行ってたのですが、

仕事があるのでおとなしくまっすぐ帰宅。

歩きまわったうえにノンアルという、

めずらしく健康志向な一日でしたが、

満足度はたっぷりでした!




次回はシーに行きたいな。








テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

やさ男系カベソー


大抵のお店に売っている、イエローテイル。

先日実家に帰ったとき、

肉をジュウジュウ焼きながらのみました。

なぜか実家にありがちな、不思議な形のグラスにて。




【 イエローテイル カベルネ・ソーヴィニヨン 】

黒みがかった赤系ベリーのような、

果実の香りがたっぷり。

後味は甘め。

果実味と甘さで、愛嬌のあるキャラです。

やさ男系??


カベルネならば、

もっとゴツゴツした骨太な感じのほうが好みですが、

どこにでもある手の届きやすさ、

ハズレのなさそうな安定感、ありがたいです。


ワイン選びに困ったとき、

つい頼ってしまうイエローテイルでした。






今日のワイン。スーパーでおなじみの顔!









テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

週のまんなか水曜日


シャキッと、ビールがのみたくなりました。

今日も休肝日ならず。






【 琥珀エビス プレミアム 】

苦味とコク。

有無を言わさぬ旨さです。

美味しくて、

350mlだとすぐにのんでしまう・・・


明日は会社をサボ・・・いや、休みを取って

ディズニーランドに行ってきます。

友人が、たまたま懸賞でチケットが当たり、

便乗させてもらうことになりました。


同僚にディズニーの達人がいて、

廻り方などレクチャーを受けましたが、

ディズニー素人な私たち、

なんとなく雰囲気だけつかんだら、

パレードを待つまえに

早々に飲みに行ってしまいそう・・・


とはいえ、ハロウィン時期のディズニーランド、

たのしみです。





















テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

ザ・イタリアの白


今日も日本シリーズをみながら。

とても見ごたえのある試合でした。

大谷くんのスーパースターっぷりは、野球界の空海??みたい。



さてさて。本日のTV観戦のおとも。



【 ラファエル ヴェルディッキオ ピエールサンティ 】

柑橘系の、しっかりした果実味。

ザ・イタリアの白!!なかんじ。

前面にくるのは酸味。

どっかで飲んだことのあるような、

割とよくあるタイプの白な気がしますが、

食事に合わせやすく、

好みをえらばない。

際だった個性はないものの、

誰にでも受け入れられやすい、そんなワイン。

大谷くんみたいなタイプとは真逆です。


イタリアの土着品種、ヴェルディッキオ。

飲みやすく、ついついグラスが進んでしまいますが、

今日はぐっとガマン。控えめにしておきました。








今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

景気づけのソアヴェ


週のはじまり月曜日。

今日も休肝日ならず!

景気づけ、と言い訳しつつの一本となりました。




【 デコルディ ソアーヴェ 】

トロピカルフルーツの甘い香りに、

頬の裏側にキューっとくる酸!

はちみつレモンのような、甘みのある柑橘系果実感。

うまーーい。

気分が晴れやかになるような、爽やかなワインで

月曜の夜に、いい景気づけとなりました。



魚介はもちろん、

鶏肉の塩コショウ炒め的なものにも

すんなり寄りそってくれます。


明日こそは・・・休肝日なるか。






今日のワインはこちら!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デコルディ ソアーヴェ
価格:1307円(税込、送料別) (2016/10/25時点)









テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

粉モノに引き算


今夜はめずらしく焼酎。

夕食がお好み焼きだったので、

カロリーの低そうなお酒にしてみました。




【 芋焼酎 龍馬 】

龍馬さん。

お湯割りにて。

普段めったに飲まない焼酎ですが、

たまにはいいもんです。

焼酎の事よく分かんないけれど、うまいよ!


焼きそばに豚バラに玉子、甘めのお好みソース。


ワインだと食事のボリュームに合わせて

重めなものには重めなワインを合わせることが多いですが、

コテコテのお好み焼きには

引き算ぎみのスッキリしたお酒が合うみたい。

低カロリーなのも魅力。

安心して飲めました 笑





高知県・安芸のお酒。

500mlのちびっこサイズでした。





今日のお酒はこちら!















テーマ : お酒全般
ジャンル : グルメ

打線は眠らないで


今日から日本シリーズですね!

ライオンズファンとしては、どっちが勝ってもいいんですが

亡くなった兄が生前日ハムの社員だったので、

なんとなく日ハムびいきで見てしまいます。

当時は

「日ハムが勝つと忙しくなるから、4位くらいが丁度いい」 と言ってましたっけw

その頃は、ダルビッシュも大谷くんもいなくて、

こんなに強くなるとは想像もできなかったです。

今のこの状況をみたら、どうおもうだろう?と時々考えます。



さて。

本日のテレビ観戦のおとも。

先日、お酒の神様に頂いた、巨峰のスパークリング!




【 ドメーヌポンコツ おやすみなさい 】

にごりのある、オレンジがかったサーモンピンク。

巨峰巨峰してなくて、

どちらかというと紫蘇っぽく、

小梅ちゃんのアメのようなキャンディ感がありました。

微発泡が心地よい。

う、うまいす・・・

ザ・日本のワイン!!て感じ。


たぶん、この一年で日本のワインを飲む機会がふえて、

親しみが増したからこそ美味しいと思えるんだって気がする。


ほっとくとダンナ氏の帰宅まえにひとりで一本あけてしまいそうで、

あえて冷蔵庫にしまいました。

この時期、おでんのつゆに合いそう・・・


調べてみたら、なかなか手に入らないワインなんだとか。

お酒の神様、ありがとうございました。


日ハム打線も今日はお休みしちゃいましたが、

明日からはどうなるでしょうか、たのしみです。









テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ハンバーグにバルベーラ。

毎晩、「はて、今日のおかずは、どーすっぺ・・・」

というささやかなプレッシャーを抱えてます。

仕事で帰りが遅くなると、

スーパーのお惣菜を投入する機会がふえましたが、

それすらにもだんだん飽きてきた始末・・・

レシピ検索するにも、

「超簡単」とか「2分でできる」的なワードに弱い今日この頃です。

みんな、一体どーしてるんだろう。


そんな中、今晩のおかずはハンバーグ。

「ハンバーグヘルパー」なる、

肉に混ぜてこねて焼くだけでハンバーグ完成、という便利な粉が売ってたのです。



面倒くさがりな私にも比較的ハードルの低い調理手順。

昔からあるロングセラー商品ですが、使ったのははじめて。

これなら、そんなに苦じゃなかった・・・




で、肉のお供はこの一本!


【 テッレ・ベンティヴォーリオ バルベーラ オルトレポ・パヴェーゼ 】

舌噛みそうな名前の、バルベーラ!

だんな氏がどこからか持ち帰ってきたワインです。

紫系果実の香り!

香りからするとホンワリ甘めな味を想像しましたが、

意外に甘くない。

甘くなりそうで甘くならないチョコみたいな印象でした。

渋みもありつつ、全体としてはまろやかで、重め。

ハンバーグに合う~!



超簡単・ややこしい食材を使わない・秒速レシピをご存じでしたら、

どなたかおしえてください~




今日のワインはこちら!写真ナシです。





テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

晩酌のお供はフラスカーティ


やってきました今年もドラフト会議!

特番をみながら、時に涙しながら飲んでおりました。

演出とわかっていても、グッときてしまう。

ライオンズは今年も得意の一本釣り!

海なし県仲間・作新学院の今井くんでした。

わーい。楽しみ!





【 ヴィア・ロヴァーナ フラスカーティ 】

テレビをみながら、今宵の晩酌のおともがこちら。

1000円でお釣りくる、イタリア・トスカーナの白。

フラスカーティです。

きりっとした柑橘系の酸味!

フラスカーティってもっと軽めなイメージでしたが、

今まで飲んだものとは違い、こちらはボリューム感もややあり。

料理をえらばず、

野菜炒めとか、普通の晩ごはんのおかずにも合わせやすく、

冷蔵庫に一本あるときっと便利な、そんな白。


テレビの余韻にひたりながら、

あっという間に空いてしまいました。





今日のワインはこちら!









テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ドラフト晩酌



明日は年に一度の「ドラフト会議」の日!

特番の再現ドラマを見ながら晩酌するのが毎年のたのしみです。

また今年もやってきたこの季節!


録画もばっちり予約して、準備は万端。

ライオンズには誰がくるかな~。


ウヘェ・・・とグッタリくるような予定も明日は控えてますが、

ドラフト晩酌をたのしみに一日乗り切りたいです!

飲むぜ!!















テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

よっぱらいあるある


ここ数日ワインのイベントが続きましたが今日から平常運転。

白湯をすすって大人しくしています。





会が終盤になればなるほど豪華ワインが登場し、

でもその頃にはすでに酔いがまわっていて

飲んだことすら忘れてしまう。

写真は残っているものの、記憶からは消えてしまった、

そんな幻のワインシリーズに、

ゆうべ新たな仲間が追加されました。

シャトー・ディケム。

世界三大貴腐ワイン・・・


サントリーのイベントでお世話になってる

エシェ蔵さん のワイン会にて、

最後に頂いたワインらしいです。

もう、完全に忘却の彼方・・・

素晴らしいワインのうち、おぼえてるものについては後日書きます。



人間の脳には、まだまだ計り知れない力が眠っていると言われてますが、

飲んだワインの味を忘れずに記憶する力を開発するには、

どんなトレーニングを積んだらよいのでしょうね。





テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

登美の丘ワイナリー 2016秋 その2

登美の丘ワイナリー訪問。

その1 のつづきです。



テイスティングは甲州2種類の後、ベーリーAをはさみ

ふたたび白へ。



【 ジャパンプレミアム 津軽 ソーヴィニヨン・ブラン 】

青森県・津軽のソーヴィニヨン・ブラン。

品種特有の、青っぽい香り。

早稲の、青いみかんを割ったような香り(by渡辺所長)との表現が、

なるほど、そうそう!とストンと納得できました。

和柑橘のキリリとした爽やかさだけでなく、ボリューム感もあり。

これは、和食に合いそう!

お刺身とか天ぷらとか。

日本のソーヴィニヨン・ブラン、ここにあり!的なすばらしさ。

美味しいです。




そして、〆の赤、登美の丘登場!



【登美の丘 赤 2013/2014 】

向かって左、2013。

黒みがかった濃いめの赤。

プルーンみたいな黒系の果実感。

やわらかい口あたりで、果実のうまみが凝縮されてるかんじ。

お料理と合わせずともワインだけでもたのしめる、完成度の高さ。


右側は2014。

2013にくらべると、渋みがしっかりあり。

種の持ってる強さがしっかり出ているヴィンテージなのだそう。

何年か置いたほうがよいのでは、との意見も。

肉料理と一緒に飲みたい、力強い赤です。



本日のラインナップはこちら!




このあとは、場所を移動して、お食事。

甲府駅近くの 『てっぱん 秀』 さんに連れて行って頂きました。

いつも予約でぎっしり埋まっている、人気店なんだとか!


席にはこのようなミニ色紙が、ひとりひとりに。嬉しかったです。





会の前半に登場の、シャルドネ。



【 登美の丘 シャルドネ 2014 】

なんだかホッとする味!

サラダや鶏肉のガーリックソテーによく合いました。



この先はワインの写真が残っておらず、

記憶もアヤフヤに・・・


ひとまず、お料理の一部をまとめてみました。



肉々しい、豪華ラインナップ!

いやーー美味しかった。

テイスティングで飲んだ登美の丘の2013・2014とも合わせることができました。

2014のパワフルな魅力を引き出す、肉・肉・肉!


このとき、登美の丘のフラッグシップワイン、「登美」も頂いたというのを

師範さん のブログで知りました。

今回は結構正気なほうだとおもってたんですが、

やっぱり記憶がとんでた!

よりによって登美をわすれるなんて~~



例によって、最後のほうはいつもグダグダですが、

今回の訪問で伺うことのできたぶどうのお話、

ワインについての熱い解説はけっして忘れません!





サントリーの皆さま、ご一緒したブロガーの皆さま、

今回もありがとうございました!


サントリー日本ワイン

サントリー 日本ワイン特集(amazonのサイトにとびます)








テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

登美の丘ワイナリー 2016秋 その1

サントリーさんのイベントで、

「登美の丘ワイナリー」にお邪魔してきました。

この場所から富士山を眺めるのは2回め!





もともとは「収穫体験」の予定でしたが、

今年は度重なる台風の影響により、

収穫が早めに終わってしまったとのことで

収穫後のぶどう畑を見学させていただきました。




お目々ぱっちり、萌え系てるてる坊主さん。

収穫の喜びをあらわしてるんだとか。

( 余談ですが、この写真をインスタにあげたところ、『ちょっとコワい・・・』 『夜中にみたらビックリする』 などの
 コメントをいただきました 笑  )







甲州について熱く語る、渡辺ワイナリー長。

甲州は皮が厚く、病気につよいのがストロングポイント。

収穫の時期も遅く、土地に合っている。

日本のワインがアジアを中心とした海外に出ていくには、

カベルネやシャルドネなどの欧州系品種も大事だが、

「オリジナリティ」の視点に立ち、

新たなワイン文化を造っていくには

自分たち(=日本)の強みを活かせる甲州がキーになる。

和食文化の広がりに連動して、甲州を広げていきたい。

そんなお話でした。

詳しく解説していただいたなかで、

この部分が特に印象にのこりました。


自分たちの強み、オリジナリティを活かす・・・

人間にもあてはまるな、と思いながら聴いてました。




ぶどう畑、ワイナリー見学の後は、テイスティングです。

まずは白から。



【 ジャパンプレミアム甲州 2015 】

色づくまえの、青いみかんを割ったときのような香り(by渡辺所長)。

柑橘系のキリッとした爽やかさがありつつ、ボリューム感もしっかり。

これ、美味しいです!

甲州イコール軽くてあっさり、のイメージは

自分のなかで今や過去のものとなりつつあります。


フレッシュでボリューム感のあるスタイルは、

オーストリアのグリュナー・フェルトリナーや

ロワールのミュスカデに影響を受けてるんだそうです。





こちらは、甲州の新酒。

まだラベルのない、2016年モノです。

ほんのりにごってる。

トロピカルフルーツ系の、バナナやパイナップルの香り。

2016年の特徴としては、ボリューム感がある。

2015年よりも今年の甲州のほうがよいのでは、とのこと。





続いては、一旦赤。



【 ジャパンプレミアム マスカット・ベーリーA 2014 】

これ、美味しかったです。

赤いベリー系の香り。

イチゴキャンディみたいな、ほんのり甘みのある果実味と、酸味。

冷やして飲むのがおすすめとのこと。

味が引き締まるんだそうです。




上の写真の右側、ベーリーAの新酒。

できたてホヤホヤ、まだラベルがありません。

左の2014よりも、黒みがかったイチゴなイメージ。

自然な甘さと、フレッシュな酸味。



今まで、どちらかというとベーリーAには苦手意識があったのですが

日本ワインを飲む機会がふえ、味に慣れたのか

だんだん好きになってきました。


和だしの、お醤油ベースの料理と飲みたい!





つづきます。








テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ブルガリアの夜


少し前に、ひたすらブルガリアのワインを飲む機会がありました。

京橋の 『ソフィア』 にて。




左: 【 ヴィラ メルニック ベルグーレ 】

ヴィオニエ100%。

ヴィオニエというと、華やかに香り果実味たっぷりなイメージでしたが

こちらは割と淡泊な、すっきりしたワイン。

ヴィオニエっぽくない、というのが第一印象でした。



右: 【 カタルジーナ レザマンディエ 】

シャルドネとソーヴィニヨン・ブランのブレンド。

梨の果実感に、草のような青っぽさ。

会のはじめのほうに出てきて、

あまり記憶にのこってない・・・




【 ヴィニカ マヴルッド 】

なめらかでシルキーな口当たり。

黒蜜系果実感。

飲んだときのメモに

「おいしい」と書いてありました。

肉に合う、濃いめの赤だった気がします。



ブルガリアといえば、

「ヨーグルト」しかイメージできなかったんですが、

この日はブルガリアワインづくし。

全体としては、

白は割合あっさり、

赤は濃厚で野性的なかんじがしました。

好みは結構分かれてたかな。



ほかにもまだまだ飲んだので、

時々、おもいだしたら書きます。





↓ココで飲みました!

ブルガリアンダイニング ソフィア
ブルガリアンダイニング ソフィア
ジャンル:ブルガリアンダイニング
アクセス:JR東京駅 八重洲南口 徒歩3分
住所:〒104-0028 東京都中央区八重洲2-5-12 プレリー八重洲ビル2F(地図
姉妹店:バール ドンピエール トゥットフェリーチェ | ドンピエール エクスプレスカレー
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 東京駅(八重洲)×欧米・各国料理
情報掲載日:2016年10月15日



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

その計画、ぬかりあり

これは、いつだったか飲んだ白。

色々飲みまくった末の、

〆のアルバリーニョでした。

おぼえてないけど、きっと、美味しかったはず・・・




さて最近、休肝日がとれてません。

帰りがおそくなったりして、

疲れると自分を甘やかしてしまう。

自分に都合のいいときだけ、

酒は「百薬の長」扱い・・・



来月は健康診断。

11月の4日に予約をいれた後で気づいた。

・・・3日は祝日。

せっかくの休みなのに、健診の前日では

飲めないじゃないかぁぁぁ!!


あぁ、完全なるスケジューリングの失敗。

休日はうれしいけれど、

ワクワクは半分くらいです。


次回、健診の予約を入れるときは、

カレンダーをじっくり見ようと心にきめたのでした。
























テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

日帰りのんだくれ旅行

酒豪の友人と、仕事をサボ・・・いや、

休みを合わせて箱根に行ってきました。

浮世のあれやこれやにヨゴれた身と心のリフレッシュ、

現実逃避の旅です。

バスタ新宿から、高速バスで約2時間半。


バスタ内にはコンビニや売店がなく、

唯一あった高級系オサレカフェでエネルギー源の買いだし。




旅のたのしみ、朝ビール!

アメリカ・オレゴンのビールだそう。

選択肢が3種類だったので、ジャケ買いでコレに。

一本490円。イタタタタ・・・

でも、ほかにないんだからしゃーないす。

出発と同時に、プシュ~。

開けてみたら、黒ビール。

おいしくて、当たりでした。



箱根では、ロープウェイで駒ヶ岳の山頂に行ったり、

湖畔をてくてく歩いて神社に行ったり、

普段は歩かぬ「土」のうえをひたすら動きまわりました。


駒ヶ岳の山頂から望む富士山には雲がかかっていて、

頭の部分でかろうじて富士山とわかる位。

ざんねんながら、シャッターチャンスならず。

それでも山頂は空が近く、空気が澄んでいて、

身体のなかを高圧洗浄されているような、すがすがしさ。






自然のパワーに身も心も洗われたあとは、

アルコール消毒!



肉そばがおつまみ。




麺つゆの塩気と、甘みのある豚肉、生ビールのミラクルマリアージュ!

うまーーー。

昼のビールはさいこうです。


窓のむこうの広場では、遠足?らしき幼稚園生さんたちが、

キャッキャと走りまわってる。

日頃接している世界とは違い、

時間の流れがゆったりしていて、

ひたすらぼーーーっとできました。


普段と違う時間軸に身を置くのって、

いちばんのリフレッシュかも。


お酒の写真ばかりで説得力ないですが 笑

うんまいビールを飲みながら、

そんなことをぼんやり思いうかべてました。


箱根は何度も来てますが、いまだ飽きない。

新宿から高速バスで2時間半の近場ながら、

芦ノ湖あり、山あり神社あり、富士山も大きくみえて

大自然が味わえます。

今回は日帰りでしたが、

次回はゆっくり温泉につかって、

大涌谷で黒玉子たべる、王道コースを味わいたいとおもいます。



願わくば

バスタのなかにはオサレカフェよりコンビニがほしい・・・








テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

下町のイタリア


浅草でピザといえばここ。

大手のピザ店も出店してますが、

ここのが好きです。


【 ピッツェリア サングスト】

国際通り、ROXの斜向かいあたり。

緑の文字で、「Pizzeria San Gusto」の看板がでてます。

トマトソースベース、トマトを使わないモッツァレラベースからえらべる。

迷いに迷って、いつもモッツァレラベースをたのんでしまいます。

ワインの種類も豊富。


今回はコレ!



【 ナターレ・ヴェルガ グレカニコ 】


別のところで飲んだ後なので、軽めに・・・

シチリアの土着品種、グレカニコ。

重たいのは疲れるけど、あとちょっと飲みたい。

そんな時にぴったりの白です。

普段ならば、軽すぎて水みたいに飲んでしまいそう・・・

でもこの日はちょうどよかった。


ピザはこちら!



モッツァレラチーズベースのソースに、

左側はキノコとハム。

右側は野菜中心。

そんなに食べられない~といいつつ、

気づいたら2枚ペロリでした。

生地の塩気が、絶妙!!

飽きずに食べていられるかんじ。

ワインの軽さとベストマッチだったのでした。


このお店はテイクアウトもやっており、

時々買いに来ます。

「ビスマルク」という、

半熟卵にほうれん草を添えた、モッツアレラベースのピザが大好きで、

いつもそればかりたのんでしまう。

今回は違うものにチャレンジしてみました。

やっぱり、おいしかったーー!




今回のお店はこちら!
PIZZERIA SAN GUSTO
PIZZERIA SAN GUSTO
ジャンル:ピッツェリア&バール
アクセス:つくばエクスプレス浅草駅 徒歩1分
住所:〒111-0035 東京都台東区西浅草2-26-10(地図
姉妹店:Palazzo SAN GUSTO
ネット予約:PIZZERIA SAN GUSTOのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 浅草×イタリアン(イタリア料理)
情報掲載日:2016年10月11日










テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

懐かしのテイスティング帳

気が向いて、ふとその辺を片付けたら、

こんなノートがでてきました。

ワインのテイスティング用のノート。

なつかしい!!




色や香り、味わいの特徴が

事こまかに並んでいて、チェックをつけていくもの。

ワインを飲みはじめたころに買って、

何冊かはマジメにつけてましたが、

今となってはこのノートの存在すら忘れてた!

見返してもいません 笑

ワインの試験を受ける前にはよく書いてて、

テイスティングの練習には役立ちました。


今は飲んだものを忘れたくないときは、

iPhoneのメモに感じたままを書いとくだけ。

飲みながら書くので、

誤字は多いし、自分にしか伝わらない率直キーワードの羅列。

そんなのでも、自分の言葉だと記憶がよみがえってくる。

不思議なもんです。






テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

女神まつり2016




自由が丘女神まつり

今回、だんな氏が出店の手伝いに駆りだされており、

「来たかったら来れば」とのことだったので ←来なよとは決して言わずw

ひとりブラブラ出向いてみました。


改札を出ると、すでに出店がズラリ。

人もたくさん。

お昼もたべず、すでに15時近くなっていたので

とにかくお腹になんか入れたい。

食欲に導かれるまま、まずはメンチカツを買ってかぶりつく!


お伴はこちら。



沖縄の、「珊瑚ビール」。

アルトという味。

苦味がきいてて、ピリうま。

コクもあって、美味しい!






こちらは大好きなニュージーランドの白、

「ローン・カウリ」のソーヴィニヨン・ブラン。

500円で、プラスチックのグラスに、なみなみ注いでくれた。

太っ腹だわ!

トロピカルジュースみたい。うまーーー



女神まつりって新しいイベントかとおもったら、

1973年から続いてるんですね。(お、同い年・・・)


街のいたるところに出店があって

美味しそうな匂いが至るところから。

お腹をすかせてきて良かった!

想像してたより大がかりな、街をあげてのお祭りでした。

年齢層はわりと高めかな。

ほろ酔いで楽しそうな大人をたくさん見かけ、

是非ともあやかりたくなる・・・


お役目を終えただんな氏と合流し、

さらに飲みなおして帰る連休最終日でした。








今日のワインはこちら!





ビールはこちら









テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

戦利品とグランレゼルヴァ



【 ノストラーダ・グラン・レゼルヴァ ゴールドラベル 】

この度、実家に迎えいれた中古のワゴンR。

年数も結構たってるし、走行距離も少なくはないけれど、

なんとなく気に入って、愛情がわいてきた。

色も最初希望してた「青」じゃなく、

「アンティックローズ」という、オレンジでもなくピンクでもない、

なんとも表現しがたい色。

でも、いざ手に入れてみたら、青より自分に合ってるかもしれない、

そう思えてきた。

見れば見るほど気に入って、可愛い可愛いと言いながら水ぶきをした。

親バカならぬ、車バカ。

先月買って、乗るのは今回がはじめて。

雨が上がるのを待ち、遠出してダムまで行ってみた。


あたらしい車は(中古だけど)、

乗り主の一方的な愛情が伝わったのか、

違和感なく運転しやすかった。

これからヨロシク頼むよ、と心のなかで言った。

ドライブの途中、地元の手造り品を売ってる店に寄り、

こんにゃくと味噌だれを買った。

白っぽくにごった、田舎のこんにゃく。

素朴でおいしそう・・・

記念すべき初陣(中古だけど)の品。


東京にもどって、

早速晩ごはんに田楽をつくった。

濃厚で甘い味噌の味。

だんな氏がゴソゴソとセラーのなかをさぐりはじめ、

取りだしたのがこのワイン。

スペインの赤。

グルナッシュとカベソーのブレンド。

黒紫系果実のあまい香りの後に、少しツンとくる香り。

熟成感はあるけれど、おもったよりも樽樽してなく

果実味が前面にきてる感じだった。

1995年モノとはおもえないフレッシュさ。


味噌田楽に合わせても違和感がなく。

甘みと、強すぎない熟成感がはまったのかな。


本日の戦利品、

ワインと一緒に全部食べちゃった。









今日のワインはこちら!






テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

すっきりシチリア


連休初日は、車の運転の練習で実家に帰ってきました。

先日中古の軽を買い、今回がはじめての乗車。

運転テクに自信がないので、

明日は早起きして、ほかの車がいない時間帯に、

その辺を乗りまわしてきます。


さて、実家近くのスーパーにて、晩ごはん用のワイン。

母はすっきり系の白が好きだということで、

コレにしてみました。


イタリア・シチリアの白!




【 コルヴォ ビアンコ 】

コレ大好き!

レモンみたいな、キュッとした酸味。

おさしみに合います。

カルパッチョなんか最高でしょうけど、

和の魚料理にもさりげなく寄りそってくれました。


母も気に入り、また買うかも、ですって。

980円。






今日のワインはこちら!





テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

カロリー消費



今日から三連休、うれしいです!

この休みから、またワインの講座に通います。

決まった曜日にどこかへ通うのは苦手なのですが、

お酒に関することだけは続いてます。

好きなんでしょうね。


飲んでばかりでなく、

運動もしなきゃなぁ。

カロリー消費。

身体もなまってるし、腰はいたいし、

このままじゃイカンなぁ、とぼんやりとした危機感だけはあり。


ヨガが気になって、通ってみたいと頭ではおもうものの、

行った先でウェアに着替えるのがそもそもメンドウ・・・

始める前から、続かない自信あり!


で、今、気になっているのが

数年前に流行った「カー○ィーダンス」のDVD。

家でできるという心理的なハードルの低さから、

奇跡的に数ヶ月続きました。

結局いつのまにかやめちゃいましたが、

やってる間はたしかに効果あったんです。

確か、断捨離せずに取ってあったような。


流行はくりかえすといいますが、

自分のなかでこの秋、○ーヴィーダンスのブームが

ふたたびやってきそうな予感・・・




コレです↓ なつかしいですね。 



















テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ホッとちょい飲み


今日はひと息ついて、パンチの効いた赤が飲みたくなり、

帰りにスーパーに寄りました。

ヤケとかストレス解消とかでなく、

いいかんじに飲みたい気分だったのです。

まー飲むのに理由なんかいらないんですけどね。


普段寄らないスーパーで見つけた、

1000円でお釣りくるシリーズ。




【 レッドストーンズ カベルネ・ソーヴィニヨン 】

オーストラリアのカベソー。

税込で600円台でした。

開けたてはジャム感ある黒系フルーツ。

甘みと黒系果実感、

いいとこの子ってよりは、野性児風。


飲みごたえはあります。


コレは買いだ!と一瞬おもいましたが、

なんとなく味の変化がはやいような気がしました。

しっかりあった果実味、チョコレート感が

だんだんヘタれていくような・・・

お値段は妥当かな。


とはいえ、一日のしめくくりに、

ちょっとだけ酔いたいとき、頼りになる価格帯。



楽天・アマゾンでは見つからず。











テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

見過ごせない!


帰り道、通りすがりの「北野エース」でみかけた

チリのソーヴィニヨン・ブラン。

980円が680円・・・だったかな。

そういうのに弱いのよ!



見てしまったからには素通りができず、

気づいたらレジに並んでました。




【 アナケナ バードマン ソーヴィニヨン・ブラン 】

思わず目をつぶりそうになる、柑橘系のシュッとした酸味。

まっさきに思い出したのは、レモン。

なんとなーく、バターっぽさ、丸みもあるような気がしたんですが

前面にくるのは、酸味と青さ、種っぽさ。

気軽に飲める価格帯、ホントたすかります。


素通りしなくてよかった!

お買い得なチリワインでした。

赤もあったので次は買ってみよう。




今日のワインはこちら!あれ、さらに安くなってる。






テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

硬派!



この秋は日本酒勉強しよう、とボンヤリおもってはみたものの、

何も行動に移さないまま、はや10月。

忘れた頃に、

だんな氏が昔の参考書をもらってきてくれました。

その名も、「利酒師必携」。 ←漢字がうまく変換されず


15年前くらいのテキスト。

し、渋い!

法的なところは変わっているとおもうけれど、

基本的なところは今も通じるのでは?とのこと。



パラパラめくってみたら、

モノクロで文字量がおおく、硬派!


今日のところは、そっと閉じました。

・・・が、

せっかくなので、読みます!


ワインの試験でちょこっと日本酒もかじったんですが、

今や忘却のかなた。


「大吟醸って何?」なレベルではありますが、

来年の春には、どうなってるかしら。






テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

マイナーチェンジ




今日は休肝日にしようかと思っていたところ、

ふと見かけたSNSのハッシュタグで


#休肝日取る気なし


・・・ってのを発見し、妙に勇気づけられました。

ええい、飲んじゃえ!

てな訳で今日も休肝日ならず。

景気づけの月曜日、ビールがうまいです。


さて。

このブログも、スタートから三年、毎日更新をはじめて丸二年がたちます。

ワインのことを中心に、よっぱらいの戯言を書きちらしておりますが、

最近、自分のなかでマンネリ感がぬぐえず・・・


細々とマイナーチェンジをはかってるところです。



ワインが大好きなのは今もこれからも変わりありませんが、

今後はワイン以外のお酒のこととか

日々のたわ言なども気の向くままに書こうかとおもいます。

より、意識を低くしていきたく 笑

twitterとの連携もはずしました。(リンクはそのままですが)



な-ーんの役にもたたない、

お酒愛だけのブログにこれからもなると思いますが、


お付き合いいただけたなら、うれしいです。






























テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

偶数月の土曜日は!


 ※写真はイメージです・・・

新宿某デパートの「イタリア展」に行ってきました。

今日、10/2は最終日。

めっちゃ人多い。

ワイン売り場も大盛況。

写真撮ったり、ゆっくり選んだりできる空気じゃなく、

駆け足で売り場を流すかんじ。

気軽に買える価格帯ではないのがね・・・

予算がじゅうぶんにあり、

買いたいワインがイメージできているひとにはいいかもしれないけれど、

じっくり選ぶには人が多すぎて、

そそくさと退散してきました。



あぁ、浦安の、ワイズマートの試飲即売会に行きたい!

ゆっくりえらべるし、

お手頃価格のものも多いし・・・


ここ半年くらい、都合で行けてなかったけれども

今月はちょうど偶数月、

最終土曜、10/29のワインフェスタ には、ひさびさに行きたいな!!


北海道フェアと同時開催とのこと。

ラーメンセットも一緒に購入しようかしら。


意気揚々と伊○丹に出かけたものの、

ワイズマートが恋しくなって帰って来たのでした 笑








テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

縦のラインの酸



【 ドメーヌ・ポール・ブランク ブラン・ド・ブランク 】

フランス・アルザスの白。

ピノ・ブラン主体に、ピノ・グリ、ピノ・ノワール、シャスラなど

いろいろブレンドです。

前面にくるのは、

柑橘系のシャープな酸味。

目の覚めるようなキレ味。

口のなかの、なんというか

鼻の裏側からあごにかけての「縦のライン」で味わうかんじ。

横のライン、ほっぺたの方向に広がってく感じは

あまりなかったです。


和食なら、「すだち」をたっぷり絞った魚料理に合いそう。

脂ののった秋刀魚には、ちょっと軽いかもしれない。

鯵ならば丁度いいかな。


楽天・アマゾンではみつからず。

ココにありました。





テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
日々のごはんのお供、お手頃
プチプラワインやお酒について書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR