掘りだしものワンコイン



【 ジョイズドリーム シラーズ 】

ドンキホーテにて、期間限定のお買い得ワイン。

ワンコインでお釣りくる、お手頃シラーズです。

たしか425円。

期待せずして買ったところ、意外においしく、これは、アリ!

ジャム感ある、紫系ベリーの香り。

渋みやパンチ力はないものの、

果実味はたっぷり。

家飲みワインとしては、

コスパが高くてお得感ありです。

肉豆腐と一緒にのんだところ

甘みある果実味が、

甘じょっぱい味付けになじんでました。

掘りだしもの、って言葉がうかぶ、

ドンキ限定ワインです。




スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

陽は昇り、獅子ほえた


パ・リーグは日ハムさん優勝でした!

シャウエッセン安くなるかな~。

西武ファンとしては、

西武プリンスドームでの他チームの胴上げは

勘弁してほしかったんですが、

負けちゃったもんはしょーがない!

ヤケクソ気味に

過去の写真をあさっていたら、

西武ライオンズの応援歌、

「地平を駈ける獅子を見た」の歌詞にちなんだ(いや、ちなんでない)、

ボトルを発見したので

来季への願いをこめて載せてみます。

知ってるひとは松崎しげるさんの歌声を思いうかべてください。




【 陽はまた昇る 】

ひはのぼーり風あつーく、空もえーて~♪

(以下略)


ココ・ファームのパワフル赤!

タナとカベソーのブレンド。

タンニンバリバリ、

日本ワインぽくない、

野性動物の肉に合いそうな力強い赤。

好き嫌いがはっきり分かれそうですが、

自分的にはアリ!





【 獅子吼 樽熟成 甲州・シャルドネ 】

獅子よ~ほえろよ~かぎり~なーくー

(以下略)


ヴィンテージファームのシャルドネ。

まろやかな樽のニュアンスがありながら、

後味すっきりドライのツンデレ感が絶妙でした。



真逆な個性のふたつのワイン、

同時に飲んでもおもしろいと思います。


来年のライオンズにはパワフルにほえてほしい!!

そんなことを思った最終戦の夜でした。






今日のワインはこちら!






上の写真とは違いますが、おなじ獅子吼シリーズの白。


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

グリッロのお仕事



【 リナ イアンカ グリッロ ヴィオニエ 】

シチリアの白。オーガニックです。

グリッロとヴィオニエのブレンド。

ヴィオニエというと、アプリコットや完熟りんごの黄色い果実感!

なイメージでしたが、

このワインはグリッロのお仕事がより前面に出てるのか、

すっきりシャープなライム系の酸味が印象的でした。

冷えてたせいもあるかな?


ペペロンチーノとか、レモンを絞った鶏料理などと

相性よさそうです。


けっしてインパクトがあるわけではないですが、

和洋さまざまなお料理とケンカがなさそう。

イタリアの白は個性さまざまですなー





今日のワインはこちら!






テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

おいしい楽しいお酒



26日はワインエキスパートとソムリエの二次試験だったんですね。

受験されたみなさま、お疲れさまでした!!

これでやっと楽しいだけのお酒がのめますよ~。


2年前、じぶんが受けたときには

しばらくワインなんて見たくもない気分になったほど、

体力的にも知識のつめこみも、

キッツいものがありました。

カタカナが苦手で世界地図にうとい私にとっては、

大学受験よりも苦行だった!

軽い興味ではじめたものの、

思ったよりも覚えることが多く、

取りかかってしまったからには、という

勢いだけで乗り切ったのをおぼえてます。


勉強したことを、いまおぼえてるかというと

かなりアヤシイのですが、

知らなかったことを知るのは

新鮮な体験で、苦行といいつつ楽しい時間でもありました。

今も当時の教本は手元にあって、

アレなんだったっけ?って時に

手にとってパラパラめくったりしてます。


試験が終わったあとは、

なにも考えずにただ目の前のおいしいお酒を素直に味わえる、

そんな喜びにしばらく浸ってましたっけ。



学びもいいものですが、

このワインおいしい!コレすき!!

が、いちばん幸せなワインの楽しみかたなんだと

結局のところ思います。







テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

三拍子そろった



【 イナマ ソアヴェ・クラシコ 】

グレープフルーツのような、苦味のある柑橘感と塩気。

ハチミツみたいなまろやかさも。

これはグラスが進んでしまう!

ピザと一緒に飲んでましたが、

生地の塩味と相性ぴったりでした。

これは、いつかまた飲みたい!

願わくば魚介と一緒に飲んでみたい。

レモンをたっぷり絞ったカルパッチョとか!

上品な酸にミネラル、果実味。

三拍子そろってる感じのおいしさです。


意外にもスクリューキャップで、

開けやすいのも親しみが持てました。




今日のワインはこちら!










テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

アルコール消毒隊




気がつけば、今週は休肝日がとれてない。

あ、一日だけとったか・・・


今日は控えようと思っても、

一日を終える頃になると、アイツがまた顔を出すのです。

「一杯だけオバケ」・・・

イッパイダケナライイヨネ?

と、耳元でささやく、憎めないアイツ。

最近は新顔の、

「アルコール消毒隊」が列をなして現れるようになりました。
※消防隊のようなイメージです


モヤモヤは酒で洗い流しちまえよ!

アルコール消毒がいちばん効くんだぜ!


お酒を搭載したホース車に乗って現れ、

身にこびりついた浮世のホコリやヨゴレを、

なんでもかんでもお酒で高圧洗浄しようとする、

正義感の強い彼ら。

そんなのに囲まれては、一杯では済まない・・・



単に飲みたいだけじゃないかって?

ハイ、その通りです。

妄想の力を借りてまで、休肝日を破ろうとしてました。

ところでお酒搭載のホース車って、じつは夢のクルマかも!!

最近は「アルコール消毒」って言葉に簡単に折れやすいですねぇ・・・



お酒を愛する皆さま、

休肝日、いかようにお過ごしでしょうか。

よい知恵がありましたら伝授してくださいまし。






テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

ジャスミン風。



【 スコラ・サルメンティ フィアーノ 】

ちょっと変わり種。

鼻にぬける、

中国茶(ジャスミン茶?)っぽい香りが独特。

アジアの白い花みたいなイメージ。


イタリアのかかと・プーリア州の、

フィアーノ100%。

なかなか普段飲む機会のない品種。

晩ごはんのおかずに合わせるとなると???だけれど

単体でちびちび飲むと結構クセになる。


おもしろいワインです。





今日のワインはこちら!





テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

路地の一軒家バル


休前日、ひさびさの赤坂。

友人とその同僚女子の3人で。

転職をひかえた20代女子の「激励会」的飲みでした。


今回は

【 ワイン食堂 TAKEWAKA 】

千代田線・赤坂駅のすぐそば、

路地の一軒家バル。

まずは一本め、白。



【 クラウディ・ベイ ソーヴィニヨン・ブラン 】

ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブラン!

トロピカルフルーツの華やかな香りに、

青々した草原みたいな爽快感。

有無をいわさぬおいしさ。

20代女子も大喜び。




九条ねぎと海老のアヒージョ。

白に合う!!



次は、スペインの赤、ビオワイン。



【 アドノス ウティエル レケーナ 】

スペインの土着品種、ボバル100%。

単体で飲むのははじめてかも。

重めの赤系ベリー。

果実味がありながら、力強くもあるかんじ。

何かの間違いか、裏側のラベルに

「スパークリングワイン」と書いてあり、

どうやらレアもののようでした。




肉的ななにか。

なんだったっけ・・・このへんになると

食べた記憶がうすれてますが、

きっと美味しかったはず!

このTAKEWAKAさんは、

元々は築地の老舗料亭系列の和食屋さんだったそうです。

今年3月にワイン食堂にリニューアルしたんだとか。

お手頃ながら上品な料理は、さすがの料亭仕込み!

ワインの種類も豊富。


名物のシーフードオムライスが、ちょうど売り切れでざんねんでしたが

ここは、近いうちにまた来そうな予感。

いずれ再チャレンジしたいとおもいます。









ワイン食堂 TAKEWAKA



関連ランキング:ビストロ | 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

するり、カジュアル赤


近所のスーパーで購入、

1000円でお釣りくるシリーズ。

前回の白 に続きまして、赤です。

ラベルのデザインはおんなじ。

シンプルでおしゃれ。

つい、味にも期待してしまいます。




【 キュヴェ・シャトレ ルージュ 】

たしか、カリニャン、グルナッシュのブレンド。

紫系ベリーの果実感、ほんのり甘みあり。

酸味もあり、

軽すぎず、渋くなく、重くもない、ほどほどボディ。

濃厚で渋みのつよい赤が苦手なひとには飲みやすいかも。

カジュアルなレストランのグラスワインにありそうな。

するっと飲めて、クセがないのでごはんのおかずには合わせやすいかな~

甘じょっぱ系の煮物とか、さっぱりめの肉料理など。

お値段、750円くらいでした。

このシリーズ、白も含めて

「和食との合わせやすさ」を買われて

スーパーに並んでるのかな。

なんておもいました。





今日のワインはこちら!
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【555均】キュヴェ シャトレ ルージュ
価格:599円(税込、送料別) (2016/9/21時点)






テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

和になじむ、キレあり白


これも実家近くのスーパーで買いました。

750円くらいだったかな。

ラベルがシンプルでおしゃれ。



【 キュヴェ シャトレ ブラン 】

ユニ・ブラン主体、すっきりシャープな柑橘系。

キレはあります。

全体の印象としては、淡泊!

ライムともいえるし、すだちなど和柑橘に通じるものも感じました。

フランスのワインですが、洋食よりむしろ和食になじむんじゃないかなぁ。

おさしみ(鯛とか白身系)にはぴったりハマってました。

塩でたべる天ぷらにも合いそう・・・!

和の魚介料理と相性よしです。

シャルドネが苦手な母は、これ、お気に入りでした。


個人的には、単体で飲むには、

香りも余韻も控えめすぎるかなぁって印象です。

すいすい飲めてしまいますが、

反動で、重たいのが飲みたくなる・・・





今日のワインはこちら!
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【555均】キュヴェ シャトレ ブラン
価格:599円(税込、送料別) (2016/9/21時点)










テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ご近所でおなじみ!な白

シルバーウイーク前半は、所用で実家行脚。

お酒の在庫がないとのことで、

とりあえず近所のスーパーで調達したのが、

イエローテイル!




【 イエローテイル シャルドネ 】

甘めなバニラ香。

熟したメロンみたいな果実感。

冷やしたほうが美味しくのめる白です。

じっくり味わうというよりは、

おかずと一緒に気軽にたのしむ感じ。

肉をつつきながら、

おしゃべりしながら、

気づいたら一本空いていた・・・

そんな家飲みワイン。

大きくハズれることのない、安心感。

たいてい、どこのスーパーでも売っている。


さてさて

実家にあるワイングラスって、

ふつーの形がなくて、

ところどころカットが入ってたり

なぜか装飾がほどこされているものだったりしません?

何かのお返しとか、昔の頂きもの風情な。

上の写真もそうですが・・・時代を感じます 笑

ふつーのでいいんだけど、

なかなかふつーが見当たらないんだよなぁ。











今日のワインはこちら!




テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

亀有モルドバワールド


「こち亀」でおなじみ、亀有にある

日本で唯一のモルドバ料理のお店、「NOROC(ノーロック)」。

モルドバのワインもたくさん!





【 ミレスチミーチ シャルドネ 】

モルドバのご当地シャルドネ。

宴会状態だったので、記憶はそんなにないのですが 

梨の香りがもわっと広がる、

シャルドネらしいシャルドネだったのはおぼえてます。




こちらはモルドバの水餃子、ペレメニ。

中は豚肉・・・だったかな。

これでひとり分。

おいしかったです。

サワークリームで食べました。


つづいて赤。



【 リオン・グリ サペラヴィ 】

サペラヴィというグルジアの土着品種に、

カベソー、メルローのブレンド。

濃厚でパワフルな紫系果実!



スパイシーなお肉料理と。


換気扇のカラカラまわる、純和風な畳のお座敷で

モルドバワインと料理を食す、

なんともシュールでたのしい時間でした。



あくまで居酒屋のスタンスのようで・・・笑

↑手づくりのポストがいい味だしてる。



モルドバ出身の奥さんはむっちゃ美人でフレンドリー。

普段なかなか食べる機会のない

モルドバのお料理もおいしかったです。

日本唯一のモルドバ料理店なのに、

いい感じの力の抜けっぷりにホッとできるお店でした!








今回のお店はこちら!

NOROC



関連ランキング:西洋各国料理(その他) | 亀有駅









テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

空想ジャパンピノ


先日同僚女子が、残業中にしじみのおみそ汁をくれまして。

インスタントのおみそ汁ですが、疲れてお腹がすいた身体に

しみることしみること!

しじみの塩気が、ちょうどいい~。

一気に脱力しました。

「おかあちゃーん」、と童心にかえって叫びたい気分になる、

ニッポン人のソウルスープ、みそ汁!

その影響か、むしょうに日本のワインが飲みたい気分でしたが、

近所のスーパーに置いてるはずもなく。

前に飲んだのをおもいだして、エア飲酒。



ボーペのピノ。でへへ。

だしの風味によりそう、
やさしい味わいの日本のピノをおもいうかべながら、

パンチの効いたガリオッタンのマルベックの続きを、

ちびちび飲んでました。

方向性としては「真逆」 ですが・・・

日本のワイン、うまいよなぁ。

また飲みに行きたいなー。

【追記】
これ、ピノじゃなくてメルローなんですね!

自分のメモが違ってたみたい。すんませーん

色んな意味で、空想ジャパンピノでした!





テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

はじめてのモルドバ

先日、「モルドバ共和国」のワインを飲む機会がありました。

モルドバって国を知ったのは初めて。


地理的には東欧、ルーマニアとウクライナの間。

なんとなく、「モルドバ」の響きから

アフリカ大陸を想像しましたが、違ってました。


10年くらいまえに流行った 「恋のマイアヒ」 って曲の生まれ故郷らしい。

Youtubeはこちら

懐かしいな!


そんなモルドバは知られざるワイン大国なんだとか。

今回は紅白泡2種!




【 クリコヴァ ブリュット 】

ピノノワール、シャルドネ、アリゴテ。

キレ味のよい、すっきりしたスパークリング。

コレといった特徴は思い浮かびませんでしたが、

好みをえらばず、誰が飲んでも美味しくのめるんじゃないかな。




【 クリコヴァ レッド 】

カベソー100%のスパークリング。

甘口。

スパークリングにしては濃いめの、紫系の果実感。

バニラアイスや果物など、

デザートに合わせるのがよさそう。


この日はモルドバワインづくしで、

ほかにもシャルドネや赤など色んな種類を飲むことができました。

感想としては、フランスワインに近いものがあるかな。


そのうち書きたいとおもいます。














テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ほっとするマルベック


くたびれて帰宅後、まずはじめに思ったのが

「濃い赤飲みたい・・・」でした。

濃くて重たい赤をちびちび飲んで落ち着きたい。

そんでもってスパイシーならば最高。


家のなかをさぐってみたら、いました、この子が。



【 ガリオッタン・マルベック 】

ガリオッタン。

呪文のような響き。

つい、声に出してつぶやきたくなります。

フランス南西部、カオールのマルベック!

カオールのマルベックというと、

濃い、とにかく濃い、ってイメージでしたが

このワインは酸味もそこそこあり、重たさはそれほど感じませんでした。


個人的には、もっとガッツリいっちゃってても良かったくらい。

スパイシーならば最高だったけれど、

思ったよりもイイコにまとまってる感がありました。


とはいえ、身体が欲していただけあって、

赤を飲んだらなんだか落ち着いたーー。

ポリフェノール効果かしら?

マルベックはポリフェノールの含有量が多い品種なんだそうです。







今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

クジラのしっぽ




【 ホエールズ・テール ソーヴィニヨン・ブラン 】


スーパーで、980円くらいで売ってるソーヴィニヨン・ブラン。

ニュージーランド・マールボロのワイン。

ふわっと広がるトロピカルフルーツ香はいかにもNZぽい。

南国フルーツ感に、青い草のような爽やかさ。

おいしーい。

気軽に飲める白です。



楽天・アマゾンでは見つからず。

ホエールズテールで検索したら、

クジラのしっぽのアクセサリーがザクザクでてきた!


某スーパー、ヤ○コーで扱ってるみたいです。

お財布にやさしい、千円でお釣りくるシリーズ。

























テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

キュートな微発泡ロゼ

先日飲んだワイン。

お仲間のひとりが持ってきてくれました!

京都・丹波ワインの無濾過・にごりのロゼ。



【 てぐみ マスカット・ベーリーA 2015 】

炭酸ガス由来の、微発泡。

イチゴキャンディみたいな果実感です。

どこか無邪気なかんじのする可愛らしいワイン。

身体にやさしく沁みわたります。

なんだかホッとする…








ここで買えます↓
京都・丹波ワイン オンラインショップ

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

オレンジ風白ワイン





【 サッソカルロ テッレ ア マーノ ビアンコ 】

開けて数日たったもの。

だんな氏がもらってきました。

イタリア・トスカーナの白。

ビオディナミを実践する造り手さんのようです。


オレンジワインみたいな、濃いめの色!

皮ごと醸してるのかな。

ひと口飲んで、お、これは・・・?となる。

お酢みたいな独特の酸味、

開けて4日めくらいなので、酸化してるのか、

ビオ独特の風味なのか、もはや謎!

でも、これが個性だとおもえば受け入れられる!

開けたてはどうだったんだろう。

気になるーー

今回はオレンジワインのつもりで飲みました。

個性バリバリな白。

通常の状態で飲みなおしてみたいワインでした。











テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

下町ビアガーデン


酒豪の友人と浅草にて、

めざすはエキミセのビアガーデン。

遠くにスカイツリーがみえます。





最近はいわゆるビアガーデンらしからぬ、

おしゃれなところも増えていますが、

ここ浅草は昔ながらの「デパートの屋上系」スタイル。

間近に見える景色がマンションや古い雑居ビルなど、

生活感たっぷりで、さすがは下町台東区!

おしゃれにしようとしてる風なところが見えるんですが、

どうしても隠しきれない抜け感があり。

そこが、ホッとできるんです。


ビアガーデンって、

せわしなく肉焼いて飲んでたべて、決して落ち着かないし

特段食べものがおいしいわけでもないんですけれど、

空の下でお酒を飲む開放感を味わいに行ってるのかな。


肉と黒ビール、美味しかった~。





くわしくはこちらにて↓
納涼ハレテラス エキビア




テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

この秋。





この秋は日本酒を勉強してみようかなと

ボンヤリおもってます。

まだ、実行にはうつしてない。

来年、「利き酒師」をとりたいのです。

イロイロ言われている資格なのは承知で。



学校とか、通信講座とか

色々検索していたら、

だんな氏によると

「そんなの必要なし!独学でじゅうぶん!!」

とのこと。

会社にその手の本があるので、

今度持ってきてくれると言った。

(まだ、実行にはうつされてない)


残暑にウダウダしながら、

ボンヤリと、先のことを思い浮かべたり、すぐ忘れたり。

そうこうするうち、今年もあと3ヶ月ちょいなんですね・・・。











テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

新宿ラビリンス

新宿は私にはカオスすぎる。


西口から3分、とサイトに書かれていたそのお店は、

地図でなんとなく目星をつけていた場所とは

まったく見当違いの一角にありました。

西口の受け持ちエリア、多すぎ! 笑


そこはビルの裏手の、知る人ぞ知る風バル。

お客さんもそんなに多くなく(スンマセン)、

落ち着いて話ができるかんじ。

で、お料理は美味しい!!

お値段もお手頃。

新宿で飲むときはまた来てみよう。

ほどよい静けさがいいので、内緒にしておきたいお店です。


さてさて、



【 クネ リオハ モノポール 】

ボトルでたのんだ白。

スペインのビウラ。

すっきり清涼感があり、

軽めながら、丸みも感じられる白でした。


このあと、赤も飲んだはずなのに、

おぼえてない。

話の内容も、おぼえてない・・・

嗚呼。


目が覚めたらなぜか中央線の八王子駅にいたときは、

絶望的な気分になりました。

たまたま来た東京行きの終電に、すべりこみセーフ。

酔いがサッと音を立ててさめる瞬間を、はじめて味わいました。


新宿。

行きも帰りも、

私には難易度の高い街・・・

いつか克服できるだろうか。




今日のワインはこちら!





テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

NGTカベルネ・フラン



【 フェルミエ カベルネ・フラン 】

先日飲んだ日本のカベルネ・フラン。

新潟のワイナリー、フェルミエさんのワインです。

ピーマンみたいな、青っぽさ。

ザ・カベルネ・フラン!! てな印象。

結構酔いがまわっていたけれど、

はっきり覚えている野菜香。

フェルミエさんは前に、

アルバリーニョ を飲んで衝撃をうけたことがありました。

スパイシーでコクがあって、複雑な味わいの白。

この、カベルネ・フランも力強くて、

日本のワインと聞いてびっくりなインパクトがありました。


フェルミエさんのワイン、まだ少ししか飲んだことはないけれど、

ひとつひとつが個性的、ってイメージが自分のなかにはあります。

またいつか飲んでみたいです。


ホームページはこちら!
フェルミエ ワイナリー




テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

よい子は12時までに

今日は休肝日(の予定・・・)

お風呂から上がったら気が変わるかなぁ。

一応、飲みたい気分ごまかし用の炭酸水を買ってきました。

今晩しのげるかしら。




最近気づいたこと。

それは、

飲んで帰って寝支度すませて、

12時までに布団にはいると、

翌日がラク。

これが、1時になるとけっこうきつい。

たった1時間の違いとはいえ、

自分の体内時計にとって、

「12時のライン」の重要性を、

実感しはじめました。


と、としのせい・・・?

まーそうでしょうなぁ。

次の日、ホントつらいのよ!



たのしく飲んだくれて、

12時までに就寝。

そんな、健康的でよい子な酔っぱらいを

これからは目指そうとおもいます。


人生とは、矛盾なり・・・
















テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

ししA会@新富町


同じしし座A型の友人と互いの誕生日を祝う

「ししA会」。

学生時代にはじまり、途中空白期間がありながら、

また去年から復活した会。

今年は新富町の「MATILDA GINZA」にて。

こじんまりした、町の食堂みたいな可愛らしい雰囲気のお店です。

(お店のおねえさんも可愛かった)


ワインリストはないとのことで、注文時に都度相談。

赤か白か、迷いに迷って

おねえさんお勧めの、コレにしました。




【 ヴェントーゾ・IGT・コッリ・トスカーナ・チェントラーレ 】

サンジョベ主体、

濃厚な果実味とほんのり甘みが親しみやすい赤。

重すぎず、軽すぎす、ちょうどいい感じ。

肉汁たっぷりのウインナーと!



こちらはカルパッチョ。カンパチだったかな。



カルパッチョという響きによわい。

たのまずにいられなくなる。


飲んだりたべたり、おしゃべりしたりと、

めまぐるしい3時間。

パスタもたべたかったけど、

ウインナーがなくなる頃にはお腹の余裕も残りわずか。

またの機会に持ち越しとなりました。


メニューの種類はそんなに多くないけれど、

気軽にふらりと立ち寄れる雰囲気のお店でした~




今回のお店はこちら!

大衆イタリアン MATILDA GINZA



関連ランキング:イタリアン | 新富町駅築地駅宝町駅






















テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

じんわり沁みるピノ。



【 こことあるシリーズ 2014 ピノ・ノワール 】

ココ・ファームの余市の畑でうまれたピノ・ノワール。

にごりのある、やさしい珊瑚色。

色合いとおなじく、やわらかーい味わい。

小梅のようなラズベリーのような果実感。

ゆっくり、大切に味わいたいかんじ。

だしの利いたお料理にぴったり寄りそってくれます。


昨日のノラ も「感動的」と書いたけれど、

そんなに感動感動いってたらホントかよって言いたくもなるけれど、

このピノ・ノワールにもがしっと心をつかまれましたよ。

感動しました。ほんとに。

日本のピノって美味しいなぁ。

アフィリを貼るのが申し訳ない気がしてきます。

なのでココファームのHPのリンクを。

ざんねんながら、売り切れちゃったみたいですが。


HPにとびます↓
こことあるシリーズ2014 ピノ・ノワール





テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コンポタみたいなシャルドネ!

ワインの先生のお宅での、

日本ワインの会にお邪魔してきました。

ココファーム、カーブドッチ、ボーペにフェルミエ、農楽蔵などなど・・・

オールスターぞろいのすばらしいラインナップ。

クラクラし過ぎて、途中爆睡という大失態・・・

そんなわけで、写真が残ってないものもありますが、

ちらほら、書きとめておきたいとおもいます。




【 ノラ ブラン 2014 】

バター飴のような、コーンポタージュのような、

乳製品をおもわせるリッチな味わいに感動!!

日本のシャルドネでこんなの初めて。

口のなかでじっくり、時間をかけて味をたしかめたくなる。

目の覚めるような、

忘れられないワインとなりました。


函館のワイナリー、農楽蔵(のらくら)さんのワインです。

100%北海道産のぶどうを使用。


これ、また飲みたいなぁ。





HPはこちら
農楽蔵





テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ちょっとだけネクタリア


前に飲んだチリのデザートワイン。

ワイン会の手土産に持ってくワインを、

店員さんに聞いたところ、おすすめされました。

リースリング100%!

なんか気になる。



【 ミゲル・トーレス ネクタリア 】

上品な、アプリコットの甘さ!

ハチミツ感もあり。

こういうのを、最後の〆にキュッとひとくち飲むとほっとします。

量は375mlと、すくなめ。

少しだけ味わうタイプのものです。

ケーキやくだものと一緒に楽しむのもよさそう。

たまには甘いのもいいなぁ。




今日のワインはこちら!







テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ワインとサッカー@門前仲町

門仲で「スポーツ観戦しながら飲めるバル」に行ってきました。

1日の日本代表のサッカーの試合です。

サッカーのことまるでわからないので、飲み専人員として。



【 MARCO 】

東西線・門前仲町駅 3番出口の近く。

深川不動とは逆側です。

緑が基調の、オシャレでかわいい外観。



テーブルの小物、ひとつひとつがサッカー仕様。



このフィギュアは誰かな~。



このお店で一番のおすすめは「相模豚」の煮込み。

豚の角煮にわさびをのっけて食べるメニュー。
(写真撮りわすれ)

肉のあまじょっぱさと、わさびの辛み。

相乗効果で、ピスタチオみたいな丸みのある味わいが出て

クセになる旨さ。

ソーヴィニヨン・ブランと合いそう。

ひとりひと皿食べたいくらいでしたが

そこはグッとこらえて。



パエリア&シラー!


パエリア絶品!和風のだしが効いてた。

スプーンがとまらない・・・


モンプル&焼きカプレーゼ。


カプレーゼって焼いても美味しいんだ!

新鮮な発見でした。

これ、家でもやってみようかな。


この日はグラスワインを5杯ほど。

料理が美味しいのでお酒がすすむのです。

試合は・・・いつのまにか負けてた!

サッカー好きの友人が疑惑の判定にプンスカ。

ビデオ判定ってないんですかね~?


店内には青のユニフォーム女子がふたりと、

サラリーマン風団体が数組。

観戦場所としては穴場なのか、

テレビでよく見るスポーツバーのような

前のめりなキャッキャした雰囲気はなく、

落ち着いたホンワカした空気感。



隣のテーブルが空いてるなとおもったら、

予約したお客さんが連絡なしに来なかったそうで。

そ、それはイタイ!

連絡ぐらいしましょうよ~。



その空席ぶんの足しにはならないかもしれませんが、

ささやかながらここに宣伝。

サッカー好きでも、そうでもなくても、

料理が美味しくまたフラリと来たいお店でした!




今回のお店はコチラ!
MARCO



関連ランキング:スペイン料理 | 門前仲町駅越中島駅











テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

平常運転な飲みやすさ



【 ベルクール・ピノ・ノワール 】

甘みのある、濃縮果実感。

最初の印象はイチゴジャムみたい。

口当たりよくすいすい飲めます。

飛びぬけた何か とか

びっくりするような感動はないけれど、

淡々と平常運転なおいしさとでもいうか。

サラリと飲みやすいです。







今日のワインはこちら!











テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

まぼろしアルバリーニョ

先日飲んだ白。

スペインのアルバリーニョ。

会の終盤、もはや覚えていませんが、

きっと美味しかった…はず。



【パソ デ・ビジャレイ】

スパイシーなシラーが続いた後の〆白。

食べた記憶のないオムライスの写真とともに、

カメラに残ってました。


楽天、アマゾンで見つけられず、ネット検索したところ

・熟したりんごや白桃を思わせる香り

・フレッシュで程よい酸味のワイン

・マスターオブワインの試験でも使用された

などの情報が。


気になるーー!

機会があれば、記憶がたしかなうちに飲んでみたいです。









テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
日々のごはんのお供、お手頃
プチプラワインやお酒について書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR