桃系、トロンテス


最近、飲む機会のあったワインで、美味しかったな~と思ったのが、

写真向かって左の、トロンテス。

手のひらマークが可愛い、アルゼンチンの白です。




【 クリオス トロンテス 】

華やかであまーい、パッションフルーツ系の香り。

桃みたいな味わいです。

口当たりはまぁるい感じ。

個人的に、桃っぽい白が大好物でして、

トロンテスにはめっぽう弱いです。

スクールで飲んだのですが、

自分でも買って飲みたいと思いました。



桃っぽいつながりで

一年の終わりに振り返ると、

このソーヴィニヨン・ブラン (←リンクに飛びます) は美味しかったなぁ…


さてさて、いよいよ大晦日。

今年も色んなワインと出会えました。

来年も美味しいワインたちとめぐりあえますように!



今日のワインはこちら!



※これまでブログランキングサイトに参加してましたが、
 そちらの方は12/31をもって退会します。
 ブログはこれからも続きます!ぼちぼちよろしくお願いします~

スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ブラジル、フリーダム


今年も色んなワインと出会いましたが、

ベストとなるとアレもコレも、色々思い浮かんで、

なかなか決められません。

そんな中、強烈に覚えてるのは、

こちら・・・



【 デュエット ピノ・ノワール&シラーズ 】

2月に新宿の伊勢丹でやっていた、

「世界を旅するワイン展」で買ってきた、ブラジルの赤。

ピノ・ノワールとシラーズのブレンドです。

ピノ・ノワールとシラーズ・・・

繊細で複雑な印象のピノと、力強くで濃厚なシラーズ、

キャラとしては真逆なぶどうたちを、

何そこ混ぜちゃうの?

混ぜちゃうんだ!?

自由すぎーーー!!!

・・・と、思った次第です。


味わいとしては、

ピノが入ってるとは言われなければ分からなかったです。

黒系果実の濃厚さが勝っている。

ただ、渋みは柔らかになっていて、

どちらかというと、メルローに近いかなって印象でした。


甘ったるさはなく、肉料理に合いそう。



ブラジル、フリーダム。

その自由なあり方、見習いたい!


世界を旅するワイン展、来年もやるのかしら。

その名の通り、世界中の、一風変わったワインとも出会えます。

お得な値段で買えるってわけではないのですが、

もしやるのなら、また行きたいです。




今日のワインはこちら!単品で探せず、6本セットでした・・・


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

年忘れトルコナイト

先日参加した、「トルコワインだけをひたすら飲み続ける忘年会」。

そこではじめて飲んだトルコワインのことを、

ぶつ切りの記憶を頼りに、振り返りたいと思います。

ほとんど記憶がないんですが、思い出せるかぎり。


場所は、有楽町の

【 トプカプ 丸の内店 】

駅からほど近い立地ながら、迷いに迷って辿りつきました。


まずは、白。



【 カルメン セレクション 白 】

トルコの土着品種・ナリンジェと、シャルドネのブレンド。

すっきりさっぱりな口当たりの白でした。

白は何種類か飲みましたが、割と軽ーい飲み口のものが多かった気がします。

飽き足らなくなったのか、

周りの皆さん、次第に赤を所望しはじめました。




【 VIN&ART カレジクカラス シラー 】

トルコの土着品種、カレジクカラスと

シラーのブレンド。

白が軽かっただけに、この重たさが落ち着く・・・

ついつい、グラスが進みます。




これは、何だったかな?

思い出せない・・・

ラベルも解読不能で、

わかる方おしえてください。

誰かが、「イっちゃってるビオ」と言ってて、

その表現、うますぎるーー!なんて会話があったのだけれど、

このワインのことだったかしら・・・??







【 ヴォウラ 】

指紋ラベルの赤。

葡萄は、トルコの土着品種ボアズケレに、

メルロー、シラー、カベソーのブレンド。

黒系ベリーの、重々しい感じ、キタ!

こーれーが、美味かったのです。


ケバブや、スパイスの効いたお料理には、

こうした漆黒系の重たい赤がよく合います。


指紋ラベルのヴォウラが、この日飲んだベスト!

年末にして、はじめてトルコワインにどっぷり浸かった夜だったのでした~




今回のお店はココ!

トルコ料理トプカプ 丸の内店
ジャンル:丸の内有楽町トルコ料理
アクセス:地下鉄有楽町線有楽町駅 D1番出口 徒歩1分
住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビルB1(地図
プラン予約:トルコ料理トプカプ 丸の内店のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 有楽町・日比谷×トルコ料理
情報掲載日:2015年12月28日




今日のワインはこちら!かろうじて見つけたものたち。











テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ブルガリアのお値打ちリースリング



【 タルゴヴィシテ リースリング 】

先日の、ワイズマート試飲会で買ってきた

ブルガリアのリースリング、タルゴヴィシテ。

舌かみそうな名前です。

レモンをハーブ入りのシロップに漬けこんだみたいな、

熟した感じの果実感。

でも、甘くはなく、後味はすっきり。

果実だけでなく、ハーブ感が随所に顔を出し、

厚みがあって美味しいです。


写真では分かりづらいですが、

ボトルはひねりのあるデザインで、シュッとした形。

見た目は高級ワイン風、

実は1,000円くらいです。

これは、スキだわ~。

リピートしたいです。





★楽天・アマゾンでの取り扱いはなさそう。
 今回のリースリングとは違いますが、かろうじて、お仲間を見つけました。





テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

駅前ワンダーランド


酒豪の友人と毎年やってる、クリスマス女子会。

だんなからは、

「ご婦人会だろ!」とツッコミが入りますが、

そこはガン無視で。

上野駅前に新しくできた、ワインバルに行ってみました~。



【 ピッツァ・ビュッフェバル ESOLA 上野店 】


カジュアルワインとビールが、時間無制限で飲み放題ですよ奥さん。

しかも1990円。

そんな夢のようなことがあっていいんでしょうか・・・




いいんです!


飲み放題のワインは、赤・白・スパークリング、ずらりと並んだ中から、

その都度、好きなものが選べます。

色んなワインが試せるところが、素晴らしいとおもいました。






【 クロード・ヴァル ルージュ 】

南仏!な赤。

グルナッシュ、カリニャン、シラー、メルローなど。

味は忘れちゃった!

きっと、美味しかったにちがいない。





メニューも豊富!



デパ地下でお惣菜を買うときのような感覚で、

店内のショーケースを見に行き、好きなメニューと量を選ぶスタイル。

この注文方法は初めてで、若干とまどいもありましたが

店員さんが優しく教えてくれました。






お料理はどれも美味しかったです!

きのこと海老のアヒージョを食べ終えた後の、残ったオイルに

トマトとしらすを入れてもらいました。

アヒージョ、うまーー!

カロリーのことはこの際、忘れます。


肩肘はらずに、色んなワインをたくさん楽しみたい!

・・・そんなひとにはぴったりなお店です。

時間気にせず飲めるって、何というワンダーランドっぷり!

ワインは普通に買うと、

ボトル1,000円前後のものが中心かなって気がしました。


上野駅のまん前、丸井の隣のビルの4階。

窓からは電車や人の往来など、動きのある景色が見えます。


アクセスもよく、

ここは、リピート確定~




ピッツァ&ビュッフェバル ESOLA 上野店
ピッツァ&ビュッフェバル ESOLA 上野店
ジャンル:PIZZA&WINE
アクセス:地下鉄銀座線上野駅 5b出口 徒歩1分
住所:〒110-0005 東京都台東区上野6-14-7 ベリタス岡埜栄泉4F(地図
姉妹店:上原ワインライブラリー ESOLA 田町ワインライブラリー ESOLA
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 上野×イタリアン(イタリア料理)
情報掲載日:2015年12月26日


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

真冬のタナ

とある忘年会の2軒目、

土曜日の夜はどこも満杯。

かろうじて、テラス席のみ空いていたお店に入りました。

防寒用のフリース素材のはおりものと、

ひざかけ貸与。

野外用のストーブもガンガンにたかれてますが、

やはり真冬の晩!

さむいです。



ホットワインも人気がありましたが、

こんなときこそ、濃ゆーーい赤がのみたい。

で、マディランのタナです。

【 クロ・バステ タナ】

タナらしく、黒っぽさ、渋みが効いてます!

寒さにふるえながら、ちびちび味わいました。

あったかい部屋で飲んだら、

もっとじっくりタナっぽさを味わえたのかもしれません。

・・・が、真冬でも、外でふるえながらでも、

そこまでして飲みたいのか!と言われたら、

イエス!!!

と即答する人ばっかりの集いで、もう、楽しければオッケイ。



寒さにもだんだん慣れ、

酔っぱらいの夜はまだまだ続くのでした・・・




場所はたぶんココ!丸の内パークビル1階。

「マルゴ 丸の内」 ←食べログに飛びます

昼は中庭の景色がとても綺麗で、前から気になってたお店でした。

夜もおすすめです。




今日のワインはこちら!あったかい部屋で飲みなおしてみたい・・・
クロ・バステ[2010]

クロ・バステ[2010]
価格:3,024円(税込、送料別)



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ハチミツ感、赤ラベルの白


今日も休肝日ならず。

クリスマスだから、と

雑な言い訳をしてみたりして。




【 ウルフ・ブラス レッドラベル 】

セミヨンとソーヴィニヨン・ブランのブレンド。

オーストラリアの白です。

蜂蜜っぽいニュアンスがありつつ、

印象としては、軽やか。

ソーヴィニヨン・ブランらしい青みもあります。

宴の中では、前菜の次、2本めあたりに登場しそうな存在感です。

軽やかに思えて、意外にアルコール度は高く、13%。


夜中に食べものの妄想をはじめると止まらなくて困りますが

これを飲んでたら

甘めのソースのかかった鯛のカルパッチョが

たべたくなりました。


まずい、本格的にお腹がすくまえに

眠りにつかねば・・・






今日のワインはこちら!


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

南アの泡で、クリスマス

12月23日、テレビで見る街の風景はクリスマス一色ですが、

浅草はすでにお正月の空気感・・・

一部商業施設の周辺では、クリスマスっぽさも見られますが

観音様のお膝元とあって、

サンタクロース感薄めです。

そんな中、スパークリングを開け、

クリスマス気分を無理やり高めてみました。



【 KWV スパークリング キュヴェ・ブリュット 】

南アフリカの白の泡。

シュナン・ブラン主体です。

お値段、1000円前後。

第一印象は、ほのかなイチゴ風味。

なぜか、イチゴ。

辛口ながら、果実の甘みがほんのり感じられ、

グラスの進みが早いこと早いこと。

これは・・・うまーーい。

12月のワイズマート試飲会で買ってきた一本。

普段、スパークリングを買ってくることはほとんど無いのですが、

熱気のある会場で試飲したとき、

よっぽど美味しく感じたのでしょう。

真冬に、暖房の効いた部屋で飲むと、

のどごしが気持ちいいです。


今日のワインはこちら!


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

あまーいシラーズ



【 デ・ボルトリ シラーズ カベルネ】

ブルガリアのカベソー を飲み終えたとき、

何となく飲み足りなくて開けてみた一本。

オーストラリアの「デ・ボルトリ」シリーズ、750円。

ブルガリアの赤が濃厚な紫系だったせいか、

直後に飲むと、とってもあま~~く感じました。

何というか、

ジャワカレー辛口の後にカレーの王子様を食べたみたいな(←例えが微妙・・・)

シュガー感満載な印象でしたが、

翌日、単体で飲んでみたら

甘みはあるものの、そこまで強い甘々しさはなかったです。

飲む順番って影響しますね~。


ねっとり、のったりした濃厚な赤系ベリーの果実感。

テリヤキソース的な甘みのある味付けに合いそう・・・

常温で飲んでましたが、

冷やすと美味しいらしいので

次回、飲む前に冷蔵庫に入れてみたいとおもいます。



12/24追記

少し冷やしてから飲んだところ、味の輪郭がくっきりしたというか、
もったりしてたのがシャキッとした印象に変わりました。

冷えすぎず、ぬるくない程度が丁度いいです。







今日のワインはこちら!






テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

とろり、ブルガリアのカベソー



【 バッカス カベルネ・ソーヴィニヨン 】

ちょっと珍しい、ブルガリアの赤。

紫系の、濃厚な果実感!

カベルネですが、渋みは強くなく、

とろんとした舌触り。

ブラインドで飲んだらメルローか何かと思ってしまいそう。

好みは分かれるでしょうが、好きなひとには好きな味!

少なくとも、濃厚系ラヴァーには暖かく迎えられそうです。

お値段880円、かなりのお買い得。



ワイズマート試飲会で毎回お見かけする、

民族衣装をまとった現地のお姉さまより購入しました。

次回お目にかかるチャンスがあったら、

美味しかったですと伝えたい~





今日のワインはこちら!








テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

よろしくヴィオニエ



【 ヴィニウス リザーヴ ヴィオニエ 】

ワイズマート試飲会で買ってきた、ヴィオニエ。

いままでなぜかスルーしてた品種でしたが、

ここ2ヶ月くらいで何故か飲む機会がふえました。

桃のような、

甘みのあるフルーツのふくよかさと酸味が

天つゆなどの和食の味付けと相性がよく、

かき揚げの玉ねぎの甘みと絶妙にマッチしていたのでした。

火を通しまくって甘みが出た玉ねぎとの相性が、すこぶる良し。

甘酢ベースの味付けと、親和性高めです。



今まで気付かなかったけれども、

ヴィオニエうまいよヴィオニエ!

酢豚はもちろん、

クックドゥ的な家庭料理との相性も、いいんじゃないかな~

これからお世話になる機会がふえそうです。




今日のワインはこちら!








テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

神田・こぼれシャンパーニュ

忘年会シーズンですね。

仕事のほうもようやくひと段落し、

気分的にはお休みモードに突入しはじめた感じです。←働け

休肝日を作んなきゃと思いながらも、

心情的に無理な一週間でした。


こんな時こそ、自分的に気分の上がる写真を。



これは、神田のとあるお店で飲んだ、

「こぼれシャンパーニュ」。

なんだか景気のいいネーミング。

とある・・・というのは、

実はあんまり覚えてないからですw




↓こんな写真が残ってたので、推理してみると・・・



おそらく、ここじゃないかな

「ヴィノシティ」  ←食べログに飛びます

神田、こぼれシャンパーニュで検索したら、

ヒットしました。

神田駅からほど近いし、たぶん、ココ!

すでに3軒目だったので、

いい感じに仕上がった状態で飲んだくれてましたが・・・


こんな雰囲気や


こんな写真も残っていて、



写真では伝わりづらいものの、

落ち着いて飲める、いい感じの空気感だったのです。


一度じっくり来てみたくなる、そんなお店でした。


今度確かめに行ってきます。




テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

シュッとしたソアヴェ



【 ボッラ・ソアヴェ・クラシコ 】

先日、ワイズマートの試飲会で買ってきた、

ソアヴェ・クラシコです。

りんごの中に柑橘系を感じさせる、

あまーいフルーツの香りですが、

後味すっきり、シュッとしてます。

香らせといて、引きが早い!そんな感じがしました。


お刺身とかカルパッチョに合いそう。

じっくり味わうというよりは、

すいすい飲み進められるタイプです。


写真には撮れていませんが、

実はリースリングのような、なで肩ボトル。

ボトルもシュッとしてました。





今日のワインはこちら!


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

モナリザとトマト鍋



【 モナリザ・トスカーナ・ロッソ 】

お財布にやさしいモナリザシリーズの第2弾。

・・・というか、前回

中身はまったく一緒の、ラベル違いです。

モナリザの絵の大きい方がドンキ向けで、

小さいほうがカルディなんだとか。

まーどっちでもいいんですけどね


先日トマト鍋を作ったとき、

最初カリフォルニアのピノを飲んでましたが

こっちのサンジョベのほうがすんなり合いました。

酸味など近い要素がありながら、その差はくっきり。

ピノにくらべて陰がないぶん、

トマト!チーズ!ウインナー!みんな一緒に煮込んじゃえワーイ!

みたいな陽性の料理にフィットするのかな。

お値段もだんぜん庶民的で、鍋の世界観によりそってくれます。










今日のワインはこちら!


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

バローロ、神降臨


12月も残り少なくなってきて、

限られた日数の中であれやこれや色々あり、

やさぐれた気分で帰宅しました。

こーなりゃFNS歌謡祭みながら飲んだくれるぜ!!

・・・飲む気満々で

居間のドアを開けたら、

テーブルの上に、

朝は無かったはずの、

ワインのボトルらしきものが!!



ば、バローロ!!

なんですか?

何かの恩返し的なアレでしょうか??

【 リヴァータ バローロ 2010 】

ワインの王とよばれるバローロ。

やさぐれ気分ももう、どーでも良くなっちゃいました。

ネッビオーロ、もっと渋いかとおもってましたが

意外にそうでもなく、やさしげな味でした。

個人的には、もっとキシキシ言うような渋みもウェルカムです。

うわ~渋っ!!クセあるーーー

みたいなのが好みです。

が、細かいことはどーでもいい。

きっと、だんなが忘年会の前にこっそり置いてったんだとおもいますが

今回ばかりは、神降臨に思えました。






今日のワインはこちら!


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

親しみやすい、カリフォルニアピノ



【 ロバート・モンダヴィ/プライベートセレクション・ピノ・ノワール 】

開けたては、イチゴのお菓子のような甘み。

果実感たっぷりですが、

ピノ・ノワールらしく、ちょっと陰のある感じもします。

口当たりなめらかで、

ついついグラスが進んでしまう。

親しみやすくて美味しい、カリフォルニアピノです。


トマト鍋を食べながら飲んでみたら、

合わなくはないですが、

濃厚なスープに負けてしまうところがあり、

単体で飲んだほうが美味しさが出てました。


鶏肉のハーブ焼きみたいな、

軽めの肉料理に合いそう。


・・・って書くだけでヨダレがでそうです。





今日のワインはこちら!


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

すっきりトロピカル。



【 アルトザーノ ベルデホ&ソーヴィニヨン・ブラン 】

先日のワイズマート試飲会で買ってきた、スペインの白。

土着品種のベルデホ主体に、

ソーヴィニヨン・ブランとのブレンドです。

ベルデホ65%に、ソーヴィニヨン・ブラン35%。


トロピカルフルーツやグレフルなどの果実感に、

後味にほんのり青みが残ります。

魚介系のお料理に合いそう。

パエリア食べたいなぁ。


この日は最近どハマりしている、

銀だこの「ねぎマヨ明太」をつまみに飲みましたが、

マリアージュ!とまではいかないものの、

普通に美味しかったです。







今日のワインはこちら!



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

やさしさモスカテル



【 ソルーナ モスカテル 】

水玉ラベルが印象的な、スペインワイン。

「太陽(Sol)が輝く時間にも、月(Luna)の光りが煌めく時間にも、
 
スペインワインの素晴らしさを気軽に楽しんでほしい」という

素敵なコンセプトのもと、生まれたワイン・・・(by裏ラベル)

天体ものラベルに弱い身としては、素通りできないす。


モスカテル=マスカット だけに、甘みのあるフローラルな味わいです。

アルコールも11%と低く、ジュースみたいに飲めます。

がっつり重め系ラヴァーには物足りないとは思うんですが、

「普段あまりお酒は飲まないけれど、

ワインてどんなお酒か、試してみたい・・・」

そんな、お酒苦手系女子のワインデビュー的場面に、

この優しい甘さがぴったりな気がします。






今日のワインはこちら!


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

今年最後のワインフェスタ!



浦安・ワイズマートのワインフェスタに行ってきました。
(上の写真は一切関係ございません!)

スーパーの会議室で行われている、シンプルなイベントではありますが

約200種類のワインのなかから自由に試飲ができ、

かつ市場価格よりお得に購入できるとあって

このイベントが好きすぎて毎回通っています。

14時~19時の、5時間の開催時間のなかで

自由に試飲ができる分、

下手をすると酔いつぶれるリスクもある訳で

ここ最近は「1時間以内で撤収する」という

自分なりの黄金ルールを設け、

帰りの電車で寝過ごすことなく楽しめております。

今回のテーマは、

「シャルドネ以外の白を調達」

でした。

好きで通っているものの、

毎回、購入するワインに何かしらの偏りがあり、

だんなからクレームが出てました。


直近の傾向では、

・お手頃価格のもので揃えたら、チリワインばかり

・白を買おうと思ったらシャルドネ偏重

など、

色々試飲してると、感覚がマヒしてくるんですよね・・・

今回は、

ヴィオニエだとかリースリングとかイタリア土着品種とか、

普段家飲みで買わないようなのを揃えてきました。

毎回買ってる

ルーナ・アルジェンタも、

お正月用に実家に送り、飲むのがたのしみです。



ワイズマートのワインフェスタ、

年明けの1回めは2月27日(土)予定とのこと。

来年も、お世話になります!!




テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

さらり、お手頃メドック



【 サンタンドレ メドック 】

メドックの名がついてますが、ななんと798円!

セール価格になってたものを、

だんなが出張先のスーパーで見つけてきました。

こ、これは・・・

掘り出し物の予感??



飲み口は、シャバシャバ感はありますが、

言い方を変えれば、さらりとして飲みやすい・・・になるのかなぁ。

ねっとり濃厚系ラヴァーにとっては、軽くて、まるでお水のよう。

ひと足先に飲んだだんなは、開口一番

「み、水っぺぇ~~」

と、言ってました。



あいにく、「掘り出し物」認定には至りませんでしたが、

名前にとらわれんなよ!ってことかしら。


これからも気になるワインは色々、試してみたいとおもいます。










続きを読む

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

スペインのおたずね者



【 ソン・ファンゴス・ネグレ】

先月、ボジョレーを飲みに行ったときに

勢いで飲んだグラスの赤。

ソン・ファンゴス・ネグレ  とメモっていたものの、

検索しても出てこない・・・

探しようがないんですが、

これが、最近飲んだ赤のベストでした!




裏はこんな感じ。私には解読不能。




聞いた話では、

原産国フランスって書いてあるもけれども、

実はスペインワインなんだそうで
(あれ、逆だったかな??)

結構、いい加減なんだな~ 笑 

と思ったのが印象に残ってます。

あまり覚えてないものの、

美味しかった記憶だけが残っており、

また飲んでみたい、おたずね者ワインです。




















テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

にわとりラベルで、トロピカル



【 レックス・ゴライアス シャルドネ 】

にわとりラベルに惹かれた、

カリフォルニアのシャルドネです。

前回のワイズマート試飲会で、800円位で買いました。


ザ・ニューワールド!!な感じの、

トロピカルフルーツ感、バニラ的甘みたっぷりな白。

飲み物として個性が強めといいますか、

料理なしで、単体で飲んでいられます。

塩の効いた、ナッツ系のつまみでちびちび・・・なんてのもいいかもしれない。


ワイン名の「レックス・ゴライアス」とは、

テキサスの移動サーカス団にいた

体重47ポンド(21kg)の雄鶏の名前なんだとか。

実は背中にチャックがあって、中に人が入ってたんじゃないの!?

疑いたくなる巨大生物です・・・




今日のワインはこちら!





テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ぎっしり、グルナッシュ



【 E ギガル ジゴンダス 】

浅草のワインバー、 ダイマスwine-kan にて。

南仏・ローヌ南部の赤です。


場所はこのへん↓
Google - ローヌ=アルプ地域圏地図 - ローヌ=アルプ地域圏地図と旅行に出かけよう。ローヌ=アルプ地域圏旅行をそそるサイト

グルナッシュ主体に、

ムールヴェドルとシラーのブレンド。

紫系のぎゅっと詰まった果実感と、

グルナッシュらしい甘みがあり、

ほんのりスパイシー。

飲みごたえあり、肉がほしくなるワインでした。

南仏のワインは、太陽の光をいっぱい浴びたような

豊かな果実感があって、個人的にとてもスキです。



ダイマスワイン館 ←HPにとびます  は、

銀座線の浅草駅と田原町駅のちょうど真ん中あたり。

地下のセラーでワインが選べて、

プラス500円で店内に持ち込みできます。

年に何回か、

今日はワイン飲んだるで!って時に行きます。


騒がしい浅草にあって、

雰囲気も落ち着いてて、

おすすめですよ~






今日のワインはこちら!


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

牛だけど、うま!


むむ、と目を引く、

牛さんラベル。



なんだか物言いたげな目をしている・・・ような。


【 トスカーナ・ロッソ/アジィエンダ・アグリコーラ・サン・ルチアーノ 】

前回のワイズマート試飲会で買ってきたワイン。


赤系果実の甘みがあり、酸味もほどよく、

ジューシーな第一印象。

渋ーい感じではないので、

赤苦手派にもとっつきやすいんじゃないかなぁ。

飲みやすいです。

肉もトマト系煮込みにもいけます。

サンジョベーゼ主体、モンテプルチアーノなどとのブレンド。


うしだけど、うまーーー!!

な、イタリア・トスカーナの赤でした。




今日のワインはこちら!



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

鍋をつついてロゼ。



【 ロゼ・ド・ムートン・カデ 】

あざやかで綺麗なピンクのロゼ。

チェリー系のすっきりした酸味です。

メルロー主体、

カベルネ・フランとカベルネ・ソーヴィニヨンのブレンド。

お刺身でも鶏でも牛でも、何にでも合うと思いますが

とんこつ醤油鍋にも、〆のラーメンにも

違和感なくとけこんでくれた、

ロゼの懐の深さはさすがです。


ワイン自体の印象がつよく残らないためか、

赤でも白でもない中途半端感があるのか、

だんなに言わせると

ロゼってそんなに売れないみたいなんですが

色んな料理に合わせられて、

我が家のような雑食系の食卓ではひじょうに重宝してます。




今日のワインはこちら~


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

偶数月の土曜日は!



師走です。

あわただしい日々です。

うっかりしてましたが今月は偶数月、

東西線浦安駅前、ワイズマートのワインフェスタ  ←リンクに飛びます  がある月です。



約200種類のワインの中から自由に試飲ができて、

市場価格よりお得に購入できるという、ステキイベント。

だいたい、偶数月の最終土曜日に行われてます。

今年最後は12日。

ふりかえれば今年は皆勤・・・笑

どんだけスキなんだよ!



気になるワインは何でも試飲ができるとあって、

ついノリノリで飲んでしまい

帰りの電車で寝過ごして、

千葉(浦安)にいたのに起きたら山梨(上野原駅)!だったという

黒歴史もありました。

そんなイタい経験から、最近は鉄板ルールとして

「一時間以内で切り上げる」

というのを心がけてます。

以来、しくじることもなくなりました。

何事も経験値・・・アセアセ。


今回も、一時間一本勝負で、

色々仕入れてきたいと思います。



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

通りすがりのメガネラベル


以前、通りすがりに見かけたメガネラベルのワインを、

リアルで飲む機会がありました。

お店のオリジナルラベルかと思いきや

れっきとしたスペインワインでした。



【 ラ・コメディア 】

日本酒などさんざん飲んだくれたあとの、〆のワインでして

味はそんなに覚えてないですが、

軽めだったような・・・

品種はガルナッチャ主体です。



コメディア(喜劇)という名の通り、

なんといっても、遊び心があるボトル。

ワインをカジュアルに楽しんでもらいたいという、

造り手の想いがこめられているようです。

ひと目見たら忘れられないインパクト。

メガネ男子へのプレゼントにいいかも?





今日のワインはこちら!


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コレがコレなんで。


ラベル不良で売り物にならなかった、チリのシャルドネが

我が家にやってきました。




アコーディオン状に折れてて、判読できませんが

【 モンテス・クラシック・シリーズ シャルドネ 】

って名前です。

ラベルはアレでも中身は何ら変わりなく、

バターっぽいまろやかな厚みと、

鼻に抜ける木樽のニュアンス、

焦がしバニラ的な味わいがあって

余韻のながーい、ジューシーなシャルドネです。



最近妙にはまっている、

銀だこのねぎマヨ明太と合わせても、違和感なく飲めました。



夏はそうでもなかったんですが、

寒い季節になると、なぜか

厚みのあるシャルドネが美味しく感じます。

鍋とか煮物とか、あったかい料理に合うのかなぁ。

季節感によって、

飲みたくなるワイン、変わってきますね~





今日のワインはこちら!


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ニッポンの至福ワイン

サントリーさんのワインイベントに参加してきました。

前回のオーストラリアワインに続き、今回は日本。

場所は西新宿の祢保希(ねぼけ)←ぐるなびに飛びます

土佐料理のお店です。


ワタクシ、だんなの実家のルーツが高知県でして

土佐料理には親しみを感じており、

鰹もワインも好きなもん同士!  

どんなマリアージュになるのか、楽しみです!


まずは、白から。


【 津軽シャルドネ 2013 】

ほとばしるりんご感!

丸みがあって、軽やかな口当たりでした。

りんご~!!って感じ。

アルコールは11.5%。

クイッと飲めちゃいます。




次は、ロゼ。


【 登美の丘 メルロ&カベルネ・ソーヴィニヨン ロゼ 2013 】

これ、むっちゃ美味かった!

辛口のロゼです。

日本のロゼで辛口って初めて飲みました。

さくらんぼやイチゴのような果実の香り、味わいもしっかり。

これがですね・・・

鰹のたたきと合うんですよ~奥さん!





にんにくや野菜と一緒に鰹のたたきを味わい、

ロゼを流し込んだとき、心の至福メーターが振り切れそうになりました。

ロゼって変幻自在に何にでも合わせやすいんだなーと実感です。




・・・と、ロゼ上げなんですが、

個人的に一番スキだったのは、この写真左側の



【 岩垂原メルロ 2012 】

でした!

熟成感ある、黒系果実。

渋みはなめらかで、シルキーです。 

じっくりゆっくり味わいたくなる赤でした。


家に帰ってこの日頂いた資料を眺めてたら、

岩垂原メルロの紹介ページに

「うまい」「これうまい」って2回メモってた。

アルコール14%のフルボディ。

こういう濃厚系ラヴです。



写真向かって右の、

【 塩尻メルロ 2011 】

も、果実感があって割と濃いめで美味しかったんですが、

いったん岩垂原を飲んでしまうと、

印象が上書きされてしまうのでした。


飲んだり食べたりに忙しく、お料理の写真をほとんど撮ってませんでしたが、

土佐料理、お腹いっぱい、美味しく頂きました。



サントリーの皆さま、

参加されたワインブロガーの皆さま、ありがとうございました!


◆同席された皆さんのブログです!(クリックするとリンクに飛びます)

「ワインヲタ入門生のチラシの裏」    ぱんだしゅりけんさん


「徒然わいん」   徒然わいんさん

「ワイン大好き ~ラブワインな日々~」   ラブワインさん

「ワインのきらめき ~我が家のドリンキング・レポート~」   ooisotaroさん

「安ワイン道場 」 師範さん

「わくわくするワイン、ときどきお酒」   まみさん

「MOMOの東京グルメ日記 」   MOMOさん


今回、お話できなかった皆さまも、

また、いつかお会いできますように。



★今回のワインたち
サントリー 日本ワイン HP










テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

師走のお酒。



これは、仕事の合間に、通りすがりのお店で見かけたヒゲラベル。

(載せてよかったかしら?)

ひと目見たら忘れられないインパクトです。


さて、いよいよ12月。

忘年会やクリスマス会と称して、

飲む機会がいつも以上に増えますが

かえって休肝日の予定を立てやすくもあります。

例年、休肝日なんてお構いなしに飲み続けてたんですが、

今年は何となく健康に目覚め、

飲み会の前後はお酒抜いて臨もうかと考え中。


酒好きにとって、酒抜きの夜は長いので、

筋トレ以外の気を紛らわす術や、

飲んでないことを忘れられるような飲み物は、

つねに探してます。

…手間がかかりますなぁ。


休肝日の夜長。

お酒を愛する皆さま、何して過ごしますか?


テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
お手頃ワインやお酒についてのあれこれを書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR