黒のピノ・ノワール



【 プリンチペスコ・ピノ・ノワール 】

イタリア・ヴェネト州の赤。

場所はこのへん↓ 長靴の、つけ根あたり。
Google - ヴェネト州地図 - ヴェネト州地図と旅行に出かけよう。ヴェネト州旅行をそそるサイト

赤系ベリーの、軽やかな味わい。

若干、苦味というか、土っぽさがあるかな・・・

ピノ・ノワール好きの間でも、

好みが分かれるかもしれません。

ドンキにて800円位。

買っといてなんですが

あえてピノを飲むならば、

もうほんのちょっとお金を足したら、

もっと美味しいピノノワールに出会えちゃうよなー・・・な~んて。

1,000円以下のピノって、けっこう難しい気がしてます。
重厚感ある黒ラベルのイメージからすると、

意外に軽い口当たり。

重いの苦手なひとには飲みやすいかも?

今日のワインはこちら!







スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

お財布にやさしいモナリザ





【 モナリザ  トスカーナ・ロッソ 】

サンジョベーゼ主体の、イタリアの赤。

レオナルド・ダ・ヴィンチの生まれ故郷、

ヴィンチ村で育ったワイン。

フィレンツェの近くだそうです。


だいたいこのへん↓
Google - フィレンツェ地図 - フィレンツェ地図と旅行に出かけよう。フィレンツェ旅行をそそるサイト


お値段はドンキにて800円位。

お財布にやさしいモナリザです。

酸味があって、軽やかな、ザ・デイリーワイン。といった感じ。

際立った特徴はないものの、クセがなく

スイスイ飲めてしまいます。

重たいワインに疲れたとき、あると便利。

小腹がへったとき、トマトソース系のパスタなんかに

よく合います。



これと同じワインが、カルディにも売っていて

中身は同じでもラベルデザインが若干違うんだとか。

カルディのほうが、モナリザの絵が小さいんだそうです。



今日のワインはこちら。 カルディバージョンです↓





テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

桃なソーヴィニヨン・ブラン



【 ヴィッラ カトレヤ オーガニック 】

写真向かって左側(蝶々じゃないほう)のワイン。

先日、ボジョレーを飲みにいったとき、 ←お店情報はクリックにて。

グラスで飲ませてもらったソーヴィニヨン・ブランです。

これがもう、桃そのもの・・・ジューシーで、めっちゃ美味かった!!

ニュージーランドとか、ニューワールドのワインかと思いきや、

意外にもフランス。

ソーヴィニヨン・ブランの青っぽさが感じられなくて、

どこまでもピーチな世界。

フルーティー好きにはたまらず、

最近飲んだワインの中で印象にのこりました。


アマゾン、楽天で見つけられず。

これ、また飲んでみたいです。



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

水玉ガルナッチャ



【 ソルーナ ガルナッチャ 】

太陽(Sol)が輝く時間にも、

月(Luna)の光がきらめく時間にも、

スペインワインの素晴らしさを気軽に楽しんでもらいたい・・・

そんなコンセプトのもと、生まれたワイン。

・・・って、裏に書いてあります!

なんだか素敵なうたい文句ですねぇ。

by裏!


ラベルの水玉デザインに惹かれ、

ジャケ買い的に手に取りました。

ガルナッチャ(グルナッシュ)って、

果実の甘みのある、重めなイメージでしたが

こちらは割と酸味の効いた、軽めなタイプ。

濃厚がっつり系赤ワインが好きな身としては、

もうひと声欲しくなってしまう、赤なのでした。

まっ赤な水玉ラベルと、

太陽と月のコンセプトはとっても素敵。

ひと晩おいたらどんな風になるか、試してみたいと思います。

今日のワインはこちら!







テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

休肝日の夢



ボジョレーだ、連休だ、と浮かれている間に、

すっかり休肝日をすっ飛ばしており

今日は久々に身体を休めてます。



酒好きにとって飲まない夜は長いので、

そんな時の気をまぎらわすために買った

コレ、
La.VIE チューブスリマー ハードタイプ

La.VIE チューブスリマー ハードタイプ
価格:1,674円(税込、送料別)



なかなかいいです。


テレビを見ながらとか、お湯をわかしている間など、

ちょっとしたスキマ時間を使って鍛えられ、

日頃運動してない後ろめたさの解消にもなります。



これで、飲んだり食べたりまた飲んだりしたカロリーが、

全てなかった事になるのを夢みて、

ちまちま励んでいるところです。


いつまで続くか、はかない夢ではありますが・・・



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

お手頃シリーズのカベソー




【 マルキ・ド・ボーラン カベルネ・ソーヴィニヨン 】

南仏・ラングドック・ルーションの800円台お手頃シリーズ、

マルキ・ド・ボーランのカベルネです。


このシリーズの赤は、

なぜか

「ビックル」とか、「ローリーエース」などの、

乳飲料の味を感じます。

ヨーグルト飴にも似てる。

暖かい地方で太陽の光をいっぱいあびて育ったような、

日なたのような香りがします。


このシリーズ、シラーは苦手だったんですが、

カベルネは、果物の甘みがあって、

柔らかくて飲みやすい味でした。

お財布に優しいシリーズで、ちょいちょいお世話になってます。






今日のワインはこちら。




テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

樽感!ヴェルナッチャ



【 イサベラ・ヴェルナッチャ ・ディ・サン・ ジミニャーノ 】

し、舌かみそうな名前・・・

書いておかないと二度と思い出せない・・・たぶん。


普段飲まない品種を、ということで

ヴェルナッチャ。

イタリア・トスカーナの白です。

グラスに注ぐと、黄色。

濃厚な、木樽の香りが鼻に抜けます。

熟成感がありながら、後味は意外にドライでさっぱり。

樽感を味わいつつ、すいすい飲めてしまいます。



肉にもまけない!



浅草・酒のダイマス wine-kan にて。 ←HPにとびます!




地下のセラーからもワインが選べるそうです。

まだ地下には行ったことがないですが

ここ、また来たい!


浅草駅からも、田原町駅からも

歩いて行けますよ。




テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ト音記号のフルボディ

何人かで飲んだときに撮った一本で、

あんまり覚えてないんですが

美味しかった・・・に違いない。

有無をいわさぬラベルの可愛さで、インパクト大。



【 カルミネ 】

モナストレル100%。

たしか、ラムチョップを食べるときに注文して、

ラム肉の独特のクセと

ワインのスパイシーさ、果実感が

すごく合ってた気がします。

この、ト音記号デザインは、なにか意味があるのかな?

可愛い顔して、アルコール14%の、フルボディです。

裏はこんな感じ。


今日のワインはこちら!







テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

お手頃フリッツァンテ



【 フレスケッロ・フリッツァンテ・ビアンコ 】

イタリアの、白の微発泡。

ガルガーネガとトレッビアーノのブレンドです。

かるーい飲み口で、クセがなく好みを選びません。

食前酒や、最初の一杯にぴったりです。

ワイズマートの試飲会で、600円位でした。

なんとまぁお手頃な。

今は冬ですが、

こういうワインは、夏場にあると大活躍しそう。

水みたいにすーっと飲めてしまいますよ。




今日のワインはこちら!



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

できたて、ウイーンの新酒



【 シュティフト・クロスター・ノイブルク ホイリゲ 】

ウイーンで今年造られた、できたての新酒です。

ラベルが可愛い!

空に向かって、ぐーんと手を伸ばしてます。


りんごのような軽めの果実感。

すいすい飲めてしまいます。


品種は、

・ミュラー・トゥルガウ
・グリューナー・ヴェルトリーナー
・フリューローター・ヴェルトリーナー

・・・だそうです。舌かみそう




裏。




巷で話題のボジョレーをはじめ、

今、ちょうど新酒が街に出まわってる時期ですね。

できたての、若いエキスを頂いちゃう訳なんで

美容効果、期待できないかしら~??







今日のワインはこちら!



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

便乗、ボジョレー

街を歩けばボジョレーボジョレー言ってるもんだから、

ついつい飲みたくなって帰りにフラっと寄り道してきました。




【 ドメーヌ・ド・ラ・マドンヌ 2015 】

ボジョレーっぽくない、ボジョレーヌーヴォー。

色は濃縮感があって、濃いめ。

果実味がしっかりとしていて、スパイシー。

ガメイって品種からして、

軽いのを想像してたら、いい意味で裏切られました。

これってほんとにヌーヴォーなの??

うまいっす。


グラス800円、ちびちび、じっくり時間をかけて味わいました。

今日は飲みに行くつもりはなく、

むしろ休肝日にしようとおもってたんですが、

周りに影響されて、ついつい。

このワインが飲めたので、寄り道したかいがありましたよ。



ここで飲めます↓

博多 うきしま倉庫(ぐるなびに飛びます)





今日のワインはこちら~


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ヴィンテージファーム その2


山梨県北杜市の「ヴィンテージファーム」より届いた

ワインセットのなかの一本。

1年間限定の「ワインオーナー制度」の特典です。




【 樽熟成 シャルドネ 】

シャルドネ100%。

「樽熟」の名前のとおり、

バターやクリームみたいな、まろやかな味わいです。

完熟リンゴ、はちみつのような香りに、

後味は意外にドライな柑橘系。

厚みはあるものの、すーっと飲めました。

クリームシチューと相性よかったです。


前回の 甲州&シャルドネ も美味しくて、

今回届いたセットのうち、白は2本とも当たりでした。


残る3本は赤。

飲むのが楽しみです。





今日のワインはこちら!






テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

陰干しレーズン風味



【ラ ルーナ アルジェンタ 】

このワインがいちばんリピートしてる気がする、

1500円前後ワインです。

ずいぶん前にワイズマートの試飲会で買いました。

ネグロアマーロとプリミティーボのブレンドで、

陰干しのブドウを使った、ほんのり甘くてコクのあるワイン。

アルコール14.5%と、やや高めです。

好みは分かれるでしょうが、

個人的には大好き。

ゆっくり、じっくり飲みたい感じのワインです。

太陽の光をたっぷり浴びた、レーズンのような黒系果実の味わい。

今日のワインはこちら!







テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ニッポンのパワフルな赤



【 陽はまた昇る 】


ココ・ファームで飲んだ赤。

タナとカベルネ・ソーヴィニヨンのブレンドです。

とにかく力強くて個性的。

へんな意味じゃなく、日本のワインじゃないみたい。

何というか・・・

和風だしの似合うやさしい味ではないです。

スパイシーで、パンチがあって、

肉は肉でも野性動物の肉に合いそうな。

フランスワインぽいですが、れっきとした、

日本育ちのタナを使ったニッポンのワインなのです。

これは、好きなひとは好きな味で、

好みは分かれるでしょうが、

個人的には、むっちゃ好き!

かたまりの肉にかぶりつきたくなるワインです。





今日のワインはこちら!







テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

雨のち晴れ、収穫祭


ココファーム収穫祭のお手伝いに参加してきました。

主な仕事は

・受付でのワインの手渡し

・ワインキットの作成(ワイン、水、ソムリエナイフ、おつまみなどをひたすら袋づめ)

です。

午前中まで降り続いた雨の影響で、

去年とくらべると、

お客さんは少ない印象でしたが、

午後になると嘘のような晴天。

ぶどう畑に並んだ傘は、

お客さんオリジナルの雨よけの工夫のあとです。

 

受付のテントを一歩離れると、

足元は想像以上にぬかるんでいたので、

レインブーツを履いてって正解でした。

大人になると、ぬかるみを歩くってなかなかないので

これはこれで新鮮!



ワインマーケット。

しぼりたて生ワインをはじめ、

ココ・ファームの色んなワインが買えます。




タレントの勝俣州和さんが今年も来ており、

作業中、遠くからトークの声が聞こえました。

ちょうど、この建物の上でイベントやってたようです。


今年の収穫祭記念ワインは、

白⇒甲州、シャルドネ

赤⇒ジンファンデル、プティ・シラー、アリカンテ・ブーシェ

でした。

ボランティアも帰りに1本頂けるので、

今年は赤にしてみました。

めずらしいブレンドで、味が想像つきませんが

飲むのが楽しみです!



今回は最終日の参加だったため、

午後は残ったワインキットの中身をばらす作業が発生。

お客さんに渡す用の袋に入れたものを、

元の段ボールに戻す作業です。

主に、ビニール袋のしわを伸ばし、たたみ、箱づめする作業を担当しました。

体力は使わないものの、

ぶきっちょにとっては、なかなかの苦行(?)で、

修行のような心境で取り組んだのでした。



皆で協力し、

15時半にて作業終了。


東京に戻って、打ち上げです。







テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

収穫祭前夜



14・15日はココ・ファームの収穫祭。

あいにくの雨ですが、明日、お手伝いで参加してきます。

4時半起き・・・だいじょうぶだろうか。


写真は前回買った、『農民ドライ』。

夏の暑い日にぴったりの、爽快感ある白でした!

美味しかったので、また、リピートしようかな。


明日の予報はあいにく雨ですが、

雨なら雨なりに、お客さんはビニールシートを傘代わりにして

ワインや食事を楽しむ雰囲気のようです。

足元は土でぬかるんでる可能性があるので、

雨仕様のブーツがいいかなと思ってます。

・かっぱ
・ビニールシート
・長靴

晴れの日にしか行った事ないので状況が読めませんが、

ひとまず、この3点は最低限、持参して臨みます!
















テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

休肝日の夜長



最近健康に目覚めまして、

休肝日をちょいちょい作れるようになりました。

3日間くらい飲まずにいると、

肌の調子がいいのと、

なぜか眠りが深くなります。

飲んでるときより眠い。なぜだろう・・・



健康ついでに、筋トレをはじめてみました。

ロフトで衝動買いしたのが、

コレ・・・



1500円也。

このお値段だと、続かなくても後くされないのと、

テレビをみながら気軽に出来そうなので、つい。

お酒を飲まない日は夜が長いので、

あの手この手で気を紛らわすのです。





テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

透け感なし!のダークビール


フランスのビールをいくつかもらったので、

時々ビールのこと書きます。




【 アノステーケ・インペリアル・スタウト 】

裏のラベルによれば、温度が上がると甘みが際立つとのこと。

チョコやクッキーと相性良しだそうです。

飲む前からこのビール、なんだかスキな予感・・・


適温は14~18℃。

室温より若干低い程度。

冷蔵庫から出して、40分ほど放置してました。

グラスに注ぐと、濃いこげ茶色。

透け感まったくなし!見るからにダークなビールです。


ひと口飲むと・・・

チョコのような甘みのあとに、ロースト感ある苦み。

うわぁぁぁ美味いよ!

濃くてにがーいビール愛好派にとったら、

たまらないんじゃないでしょうか。

前に飲んだ、同じシリーズのこの子 は軽やかなビールでしたが、

完全に真逆方向につっぱしってます。



ビール名の 「アノステーケ」とは、

フランスの古い方言で「次へ向かって」の意味なんだそうです。

ちょっとしたメッセージ代わりにもなるし、

プレゼントにするのもいいかも。




今日のビールはこちら。ダークビールを愛するひとへ!


テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

収穫祭は雨?



ここ数日、

「ココファーム 収穫祭 雨」

の検索ワードでこのブログを訪れる方がいらっしゃいます。

今週末は栃木・足利のココ・ファーム (←リンクに飛びます)の収穫祭。

 あいにく雨の予報ですが、雨天決行。


私もボランティアとして去年に引き続き、

お手伝いに参加するので、

靴はどうしようか、傘にするかカッパも持参するか、

雨対策を考え中。

去年は晴れで、お客さんも大盛況だったんですが、

雨だとどーなのかな。


さて。

写真は去年の収穫祭で配られた、記念ワイン。

ワインは赤と白から選べますが、

リースリングとシャルドネ、シュナン・ブランのブレンドが珍しくて、

白にしました。

酸味のある柑橘系の味を期待したところ、

甘口だったので不意をつかれましたっけ。

今年は赤をねらってます。



いよいよあさってから収穫祭、気合で晴れにしたいところですが、

お天気のゆくえは神様におまかせです。





テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

濃厚でパワフル



【 ヴィスタルバ コルテB 】

有楽町のヴィノスやまざきにて。

アルゼンチンの赤、マルベック主体。

カベルネ・ソーヴィニヨンとボナルダとのブレンドです。

濃厚な黒系果実感。

コクがあって、パンチが効いてました。

チーズをちびちびつまみながら飲んでましたが、

それでは物足りないというか、

に、肉がほしくなる。肉プリーズ!

お腹がすき気味のときに飲んだせいか、

妙に食欲増進されました。


一緒にいたお仲間に、

こういうの好きでしょ?と言われたんですが、

…ハイ、大好きです。

ガツンと重たい赤。


ヴィノスやまざき はイトシアの地下にある、

ワインショップ併設のワインバーでして、

ここならば一人でちょい飲みしたくなった時、

小心者のわたしでもプレッシャーなく立ち寄れそうだと、

常々思っているお店です。



今日のワインはこちら!



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

伝説のBigにわとり



【 レックスゴライアス カベルネ・ソーヴィニヨン 】

カリフォルニアの赤。カベソーです。

ワイズマートの試飲会で800円位で買いました。

市場価格1300円前後。


なんとなく、このニワトリラベルに惹かれましてね・・・

レックス・ゴライアスとは、テキサスの移動サーカス団にいた

体重47ポンド(21kg)の雄鶏の名前だそうです。

にわとりで21kgって、どんだけ巨鶏なんでしょう。


今日はもともと休肝日にしようと思っていたのですが

休み明けでなんとなく調子が出ず、

あったかいところの赤を飲んで気分を上げたくて、このワインにしました。

ほんのりとした木の香りに、

イチゴのような、やや甘な果実感。

スパイシーさもあります。

カベルネですが、渋みはそんなになく、

アルコール13.5%ながら、重たい感じはさほどありません。

バーガーキングと一緒にのんだら、鉄板の美味さだろうな。

見た目にも楽しいラベルで、気分が上がりましたよ。





今日のワインはこちら!



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

お礼参りだ!2015



先週、ワインアドバイザーの2次試験の合格発表がありました。

だんな、無事合格でした。

試験終了直後は、7割方ダメだとおもう・・・なんて萎れてましたが、

今は特に喜びを表すことなくシレっとしております。

顔には出しませんが、本人がいちばんホッとしてることでしょう。


どうやら、話を聞いてると、

2次試験の得点の傾向として、

品種そのものを当てるよりも、コメントに重きが置かれてるような気がしました。

だんな曰く、品種が当たったのは5つ中2つだったとのこと。

4つ当てて不合格になるケースもあるそうなので、謎です。

アドバイザーの場合、口頭試問の配点が高いのかもしれません。

それにしてもこの数ヶ月、がんばってるのを見ていただけに、本当によかった。



馬喰横山「東京ぶどう酒店」(←リンクに飛びます) の

試験直前テイスティング対策メニューには、

昨年から、夫婦ともども、お世話になりました。

お礼参り・・・にかこつけて、近々また飲みに行きたいです。






テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

聖地、山梨

ニッポンのワインの聖地、山梨に日帰りバス旅行してきました。

昇仙峡、ほうとうなど、名物と言われるスポットはもちろん織りこみ済み。

夕方にはぶどう狩りからのワイナリー見学です。



果樹園にて。

写真は甲州です。

甲州といえば色の淡いワインなので、

ぶどう本体の色が濃いのが意外でした。

つるの部分をプチっとはさみで切り、収穫。

獲ったぶどうは丸ごと持ち分として、その場で食べられます。

獲りたての甲州は甘くてジューシー、とっても美味しいのですが、

欲張って実のたくさん付いた、でっかいのを獲ってしまったため

食べては皮を捨て、食べては皮を捨て、のエンドレスループに陥り、

しまいにはブドウを「味わう」というより、

「処理してる」感すら出てきました・・・笑

普段、家で果物を食べる習慣がないので、

一年分のぶどうをたいらげた・・・てな印象です。



すっかり口の中がぶどうの味になったところへ、

畳みかけるようにワイナリー見学。

シャトー勝沼」での見学&試飲タイム、制限時間40分です。

瓶詰めやラベル貼りの機械、樽の貯蔵庫など見せてもらい、

いざ試飲コーナーへ。

白・赤の甘口、辛口、ロゼなど5種類に加え、

11月3日に解禁したての、新酒の白と赤。

限られた時間のなかで、試飲といっても味わうというよりは、こなしてる感じに・・・


口の中がますますブドウブドウしてきたので、

試食コーナーでたまたまもらった野沢菜の漬物がめっちゃ美味しく感じられ、

折角ワイナリーに行ったのにお土産に買ったのはなぜか野沢菜。

よく見ると長野みやげだし・・・何やらカオスです。


↓コレ。マジうまです!!白いごはんプリーズ。



帰りのバスで飲むワインも確保。



【 甲斐の夢 】

マスカット・ベリーA。

ここでしか買えないワインとのこと。

360mlのハーフサイズで、640円です。

軽やかで飲みやすいようで、後から口の中には渋みがしっかり残ります。



帰り際、お土産にもらったのが、コレ。



祝・富士山!

富士山の世界遺産登録を祝う、

シャトー勝沼・オリジナルのロゼです。

いわゆるレア物・・・笑

こういうお土産、嬉しいですねぇ。



バス旅で時間がきっちり決まっているため、駆け足での旅となりましたが、

一日7,200円で、内容盛りだくさんのツアーでした。

トラベックス 日帰りバスツアー ←リンクに飛びます

ワインの聖地巡礼のつもりが、やや違う方向にむかいましたが、

このコース、おすすめです。



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

休肝日の救世主



明日はニッポンのワインの聖地、

山梨へ旅してきます。

昇仙峡にほうとうにブドウ狩りにワイナリー見学と、

盛りだくさんな日帰りバスツアーです。

おそらく、行きのバスで朝から飲んだくれると思うので、

今日は大事をとって禁酒してます。

最近、休肝日のなぐさめにと、

炭酸水にレモンをたらしたのを飲むようになったら、
意外にハマりました。

チューハイ気分が味わえて、飲みたい気持ちを

うまいこと騙くらかせるのです。

お試しあれ…

こんな調子で、めざせ肝臓の週休3日制。

ひとまず、明日は心ゆくまで飲んだくれてまいります。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

酉の市といえば


今日は浅草・酉の市

熊手を持った人々が沢山、賑やかに街を歩いてました。

浅草に住んで7年、3回くらいは行ったことあったかな・・・

去年、酒豪の友人と張り切って出かけてみたら、

鳥居をくぐるまでの行列が2時間は並びそうな勢いだったので、

あっさり予定変更して飲みに行ったバチあたりなのでした。



さてさて、酉の市にちなんで、

鶏ラベル!

安易!

・・・とはいえ美味しい、南仏のにわとりシリーズ。


まずは、赤。



【 ル・コック ルージュ 】

グルナッシュ?と思いきや、

サンソー、メルロー、シラー、カベルネ・ソーヴィニヨンのブレンドでした。

重すぎず、軽すぎず、果実味たっぷりで、すいすい飲めます。





【 ラ・プール ブランシュ 】

ユニブラン、マカブー、コロンバール、シャルドネ、ソーヴィニヨンブラン 、などなど・・・

こちらも色んなぶどうのブレンドです。

ほんのり甘みがあり、後味スッキリ。キレのある白です。



個人的にはこの白がスキで、何度かリピートしてます。

ジャケ買い的に、赤白セットで

ちょっとしたプレゼントにしても楽しそう。





今日のワインはこちら!酉の市にちなんで、南仏のにわとりシリーズ。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

とどめのグラン・レゼルバ



【 ヴェンタ・レアル グラン・レゼルバ 2005 】

どこで買ったかは忘れましたが、

数人で集まった家飲みで、焼き肉をつつきながら飲んだ、

2005年モノのテンプラニーリョ。


3本くらい開けた後の、とどめの一本!

・・・なので、実はあんまり覚えてません。

その時のメモに、「樽香がガツンとくる重厚な感じ」とあったので、

きっと、そんな印象だったのでしょう。

熟成感を期待して、確かいちばん重たい肉に合わせた気がします。



長熟ワインでありながら、値段は1,000円前後。

楽天で検索したら、売り切れ続出のようなので、

人気があるのかもしれません。

あぁ、そういうのに限って、記憶がとんでいる・・・


再び出会ったら、じっくり味わい直したいと思います。





今日のワインはこちら!
ヴェンタ レアル グラン レゼルバ 750ml

ヴェンタ レアル グラン レゼルバ 750ml
価格:1,190円(税込、送料別)




テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ちょい飲みスクリューキャップ


あとちょっとだけ飲みたい…って時に

スクリューキャップだとホント助かります。

今開けてもしばらく置いとける…!てな気安さ。

そんな理由でちょいちょい登場するチリカベです。




【 ヴェンティスケーロ クラシコ カベルネ・ソーヴィニヨン 2014 】

口に含むと若干の土っぽい香り。

果実味があり、重たくなく渋みもなめらか。

パワフルな、というよりは上品な感じです。

口の中に渋みが残らず、飲みやすくて疲れない赤でした!


オーストラリアの超高級ワイン「グランジ」の醸造家と、

チリの醸造家のコラボによる、お手頃シリーズです。





明日はお酒をひかえよう・・・





今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

南仏のお手頃シャルドネ



【 マルキ・ド・ボーラン シャルドネ 】

南仏・ラングドックの生産者協同組合によるお手頃シリーズ。

今回はシャルドネです。

色は黄色。

完熟な感じですが2014年。

どんだけ太陽の日差しを浴びてるんでしょう。

ひと口飲むと、洋梨のようなまろやかなフルーツ感が広がります。

樽香はなく、後味は割とすっきり。

美味しいです!

美味しくて800円台。

しれっと高いワインのふりして出しても分からなかったりして・・・


ついついグラスが進み、秒速で空けてしまった後は、

あれ?もうないの?と名残りおしさがありました。



マルキ・ド・ボーランシリーズは、他にも

・シラー
・カベソー
・ソーヴィニヨン・ブラン
・メルロー
・ロゼ

などなど、1000円以下で色々出てます。

最初に飲んだシラーが苦手だったので、

あまりいい印象がなかったのですが、

シャルドネはアリ!

自分の中で、マルキ・ド・ボーランのイメージが変わりました~






今日のワインはこちら↓ 何やら、すごい謳い文句 笑



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

フランスビールあれこれ

フランスのビールを何本かもらったので、

時々ビールのこと書きます。




【 ランジェルス 】

ミレーの絵画「晩鐘 (L'ANGELUS) 」がデザインされた、

印象的なラベルです。

ラベルのイメージからして、苦味のある濃いビールを想像しましたが、

オレンジピールの香りにほんのりと甘みのある、

柔らかなビールでした。

冷蔵庫から出したてよりも、やや温度が上がってからのほうが

香りが開きます。


アルコールは7%と、ビールにしては高め。

酸味の効いた料理に合わせるもよし、

ビールの味だけをじっくり味わうのもよし。


優しげな味の雰囲気あるビールでした。


外国のビールはラベルがバラエティに富んでいて、

見てるだけでも楽しくなります。




ここでも買えますよ~








テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

はじめてのイスラエル

禁酒あけからの飲んだくれな週末です。

禁じていた4日間分が元に戻った気がしないでもない。

まーそんなもんか・・・

夜、イスラエルワインを飲む会にお邪魔してきました。

まずはスパークリング。



【 ティシュビ ブリュット 】

辛口の泡。

遅めの開始時間で、喉がかわいていたためか、

皆さん淡々とサクッと飲んでましたねー。

取ってつけコメントを添えるとするなら、

「ティシュビ」というワイナリーは1982年設立、

イスラエルでは6番目に大きいワイナリーだそうです。

さて次は、白。


【 カーメル  プライベート・コレクション シャルドネ 】

りんごのような風味のシャルドネ。

土着品種っぽいな、と最初思ったんですが

イスラエルには土着品種はないそうで。

ふむふむ。そっかぁ…

重くもなく、ペラくもなく、中くらいな感じ。



【 レカナッティ プティ・シラー/ジンファンデル 】

プティシラー+ジンファンデル。

珍しい組み合わせ。ほんのり甘みもある、濃ゆーい赤です。

軽めのワインが続いたあと、キタキタキター!!って感じ。

ラベルに、イスラエルの言葉が入っていて、

雰囲気出てます。



【 ティシュビ エステート シラーズ 2012 】

最初のスパークリングに続き、

ティシュビ・ワイナリーのシラーズです。

この日飲んだワインの中で一番パンチが効いてた!

ひと言でいうなら、重うま!

スパイスの効いた羊のソーセージによく合いました。

クセのある重い料理にも、決して負けない。

じっくり味わいたい赤です。

料理の写真を撮り忘れましたが、

はじめてのイスラエル料理はスパイスや香草が効いていて、

野菜も多めで美味しかったです。

お店はこちら
ピンクカミラ

目黒駅から徒歩5分、目黒通り沿いのお店。

予備知識もなくふらっと行ったところ、

普段なかなか気軽には入れない感じのお店でした!

超ラフな恰好で参戦してしまい、

軽いヤッチマッタ感…まーいっか。

ワインはすべてイスラエルワイン、

濃いめの赤が印象に残りました。

お開きも近い頃、びっくりサプライズな出来事もありまして、

それについてはそのうち…書くかもしれません。



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
お手頃ワインやお酒についてのあれこれを書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR