迎撃準備


禁酒をはじめたら、なんとなくクセになり、

4日目も止めてみました。

ここ何年も休肝日なんてほとんど作ってこなかったのが、

いきなり4日連続のノンアル攻勢。


身体にどんな変化があったかというと、

・肌の調子がいい(肌色が明るくなった気がする)

・寝ても寝ても眠い(眠りも深い)

・・・と、こんなところです。


肌の変化は大きいし、

この勢いで、やめちまうか!







・・・無理です。




4日間のデトックスで、

まるっと綺麗になった身体で

明日はイスラエルのワインを迎え撃ちますよ。


きっと美味しく感じることでしょう。




スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

グビグビ・ラベル


3日間の禁酒、達成です。

1日ならともかく、3日も飲まないなんて無理、と思ってたんですが、

意外とあっさり、平気なもんでした。

期待していた体重はへらない・・・どころか若干ふえてて

チッ・・・と思いましたが、肌の調子はすこぶる良く、

また、眠りも深くなり

今後の飲み方について考えさせられたのでした。



禁酒中、

前に撮ったこんな写真を見つけて、心が揺らぎました。

うまそうに飲むなぁ!




ずいぶん前に撮ったもので、覚えてないんですが

ジャケ買いしたくなる、ユニークなラベルです。

調べてみたら、

【 リトロッツォ ビアンコ 】

って名前のワインでした。

イタリア・ラツィオ州の白。


ラツィオ州はココ↓
Google - ラツィオ州地図 - ラツィオ州地図と旅行に出かけよう。ラツィオ州旅行をそそるサイト


トレッビアーノ主体のようです。

検索すると、爽やか、とかスッキリ評がちらほら見つかりました。



このラベルのイラストのように、

グビグビと美味しく飲むには、

たまには休肝日も必要なんですよね。







 
今日のワインはこちら。




テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

プチ修行



ここ最近、休むことなく飲み続けていたため、

3日間お酒をやめてみることにしました。

2日めの晩は「一杯だけオバケ」が現れ、

少し心が揺らぎましたが、

白湯を飲んでなんとかしのいでます。

風邪でも引かない限り、

3日連続で飲まないなんてことはここ数年なかったので

達成後にどんな世界が見えてくるのか楽しみ…

って大げさなんですがホント、そう思います。

お酒を飲むための言い訳ならいくらでも思いつく、

意志のふやけた私にとっては、ちょっとした修行です。

肌の調子がいい気がするのは、

気のせいだろうか…

要経過観察。




テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

オーストラリアづくし その②

サントリーのオーストラリアワイン「ヤルンバ」のイベントの続きです。

赤は4種類。




【 ワイ シリーズ シラーズ/ヴィオニエ 】

シラーズにヴィオニエ。

珍しい組み合わせです。

色は明るい赤。

スパイシーながらも、軽やかさのある、チェリーのような果実感。

スパイスの効いたラム肉の料理ともぴったりでしたが

「まぐろの漬け丼」に合うよ、と言ってる方がいて、

どんなだろう~~!とひそかに気になってます。





【 ザ・スクリブラー  カベルネ/シラーズ 2012 】

カベルネ・ソーヴィニヨンとシラーズのブレンド。

あまーい香りに、パンチの効いたボリューム感。

シラーズ&ヴィオニエの後に飲むと、

重いの、キターー!!って感じで、違いがくっきりします。

分厚いステーキとか、肉々しい料理を、どーんと受けて立つイメージです。



・・・と、この辺までは辛うじてメモ取ってたんですが、

宴もたけなわの頃には、なし崩し的に

「おいしい~~」を連発してました。 ←酔っぱらい的には正解




この日飲ませて頂いたワインは、全部で6種類。

普段飲む機会のすくない品種のためか、

ヴィオニエの印象がつよかったです。



今回の会場は新丸ビル6Fの「Salt」、オーストラリア料理のレストランでした。

料理の写真を撮りそびれてますが、美味しくて夜景も素敵でした。





サントリー様、
参加されたワインブロガーの皆様、ありがとうございました!


◆同席された皆さんのブログです!(クリックするとリンクに飛びます)

「ワインヲタ入門生のチラシの裏」    ぱんだしゅりけんさん


「徒然わいん」   徒然わいんさん

「ワイン大好き ~ラブワインな日々~」   ラブワインさん

「ワインのきらめき ~我が家のドリンキング・レポート~」   ooisotaroさん

「アルさんのつまみ食い2」   arusanchi2さん

「資格ゲッターが行く!」    たけさん


また、お目にかかれるといいなぁ。




「ヤルンバ」の赤のラインナップはこちら!







テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

オーストラリアづくし。

ブログを続けていると時にはいい事もあるもので、

サントリー様のイベントにお声掛け頂きました。

南オーストラリアのワイン、「ヤルンバ」のイベントです。

ヤルンバ、とは「すべての土地」という意味で、

家族経営のワイナリーではオーストラリア最古なんだとか。

ふむふむ。




ヤルンバについて解説して頂いたあと、いよいよワインです。

まずはヴィオニエ。




ヴィオニエ…普段なかなか飲む機会のない品種です。

そのへんのスーパーではあまり見かけないし、

売ってたとしても

おっしゃ!ヴィオニエ飲むぞ!と

狙いうちで選ぶことってそんなにない気がします。



【 ワイ シリーズ ヴィオニエ2015 】

りんごのような、あんずのような、あまーい果物の香り。

あまり酸は感じない、華やかでまろやかな味わいです。

ナンプラーを使ったソースに、合う!

これは新鮮!


酢豚とか、中華にもいけそうな。




【 エデンヴァレー ヴィオニエ 2014 】

ヴィオニエ2種のうち、もういっこ。

こちらは、よりオトナ…といいますか、

抑制の効いた味わいでした。

比べて飲むと、最初のが元気いっぱいに思えます。



お値段はエデンヴァレーのほうがいいそうですが、

はつらつとしたワイシリーズ、個人的にはスキでした!








エスニックにヴィオニエって、違和感なくはまるんですね。

おどろきでした。


赤に続きます!



「ヤルンバ」白のラインナップはこちら!






テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ヴィンテージファーム。


山梨県北杜市の、ヴィンテージファームのワインです。

一年間のワインオーナー制度に申し込むと、

特典として送られる5本のワインのうちの、一本。




【 獅子吼 樽熟成 甲州・シャルドネ 2013 】

甲州とシャルドネのブレンドです。

色は透明に近い、淡い色。

色は甲州っぽいですが、味わいはシャルドネらしさが多く出てます。

口当たりはまろやかで、樽のニュアンス。

ただ、全体をとおして、まろやかなワインとはひと言で言い切りにくい、

後味のドライさというか、すっきり感があり

この辺が甲州のお仕事なのかもしれません。

コレ、美味しいです!

あっという間に一本あいてしまいました。

目隠しで飲んだら、日本のワインってわからないかも・・・



ヴィンテージファームは、親会社倒産とか色々あったようですが

ワイナリーは存続すると聞いて、良かったです。

こんなに美味しいワインが出来るんですから・・・消えてしまうのはもったいない。

特典ワインは白・赤合わせ残り4本、飲むのが楽しみです。



今日のワインはこちら!






テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

一時間一本勝負


浦安・ワイズマートの試飲会に行ってきました。



※写真とは関係なしです・・・

2ヶ月に一度のこのイベント、

この1、2年を振り返ると、性懲りもなく毎回通ってます。

200種類以上のワインの中から気になるものを試飲でき、

通常よりもお得に購入できるという、ワイン好きにとってはステキな催しなのです。

調子に乗って試飲が過ぎて、帰りの電車で寝過ごすなど、色々としくじってきましたが、

ここ最近は

・一時間以内で切り上げる
・水をこまめに飲む

この2点のゴールデンルールを自分に課すことで、

やらかす事なくイベントを楽しめています。

時間制限を設けて、短時間に集中する廻り方が

どうやら合ってるみたいです。



さて、今回は「1,000円以下で美味しいデイリーワイン」を中心に

仕入れてきました。

前回もそのコンセプトで臨んだところ、チリワインばかりになってしまったので、

今回はあえてチリ以外のものを選びました。

配送にしたので、まだ手元にはありませんが、

なかなか楽しいラインナップになったとおもいます。


いずれちょこちょこアップしていきます。












テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

なめらかカルメネール



【 デル・ソル レセルバ カルメネーレ 】

チリの赤、カルメネール。

熟した赤いベリーな印象が、

飲んでるうちに、黒系ベリーに変化してくような。

果実味の中に、締まりがある感じです。

なめらかな飲み口で、すーっと入ってくる。

渋みが後に残らず、すいすい飲めました。


ワイン好きや、そうでもない人が、一緒くたに集まるような場でも、

好みを選ばず合わせやすいと思います。

ワイン自体が前に前に出てこないせいか、

晩ごはんのおかずに何でもいけそうです。

重めのものほど相性よし。

お惣菜のカキフライにもまったく違和感なかったです。








今日のワインはこちら。カルメネーレ?カルメネール? どっちだ


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

明日のスター


今日はドラフト会議。

毎年、特番の再現ドラマを見ながら飲むのが楽しみです。

・・・って、去年も似たようなこと書いてました。

お涙ちょうだい的演出てんこもりなんですが、あえてそこを楽しむのがドラフト特番。


華々しく取り上げられなかったり、選ばれずに悔しい思いをしたひとの中から、

もしかすると明日のスターが生まれるかもしれない、

そんな事ってきっとあるんだろうな。




【 スター インツォリア&シャルドネ 】

さてさて。

ドラフト見ていて思い出したのが、

スターという名のイタリアの白です。

天体モノデザインに弱く、前にジャケ買いをしました。

シチリアの土着品種・インツォリアと、シャルドネのブレンド。

シャルドネのまろやかさがありつつ、

微発泡で後味スッキリ。


大きな星のデザインは、

眺めてるだけで楽しくなってきます。

未来のスター、希望の星、色んな意味をこめられて、

ちょっとしたプレゼントにもいいかもです。







今日のワインはこちら!



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

未知なるゾーン

普段、デイリーワイン中心に飲んでるので、

ワインに○万円、とかいう発想がそもそもないのです。

お酒だし、日常で気軽に楽しみたいと思ってます。

先日、とある場で、

ボトルを隠して試飲させてもらった赤ワインは

渋みはなめらか、

ひとくち飲んだだけで果実味やら、甘みやら、スパイス感に余韻と、

情報量がおおい・・・

雑味がなくて、エレガント。

これ、いくらなら買う?と突然聞かれ、

考えました。

きっと、高いんだろうけど

一万円以上のワインの値段を判断するものさしが自分のなかにない。

まったくない。

わからない。

なので、

よ、よんせんごひゃくえんくらいっすかね・・・

と、家飲み用に買うワインとしては自分の中ではヨソ行きの価格帯を答えました。

その心は・・・





「23,000円」




に、にまんさんぜんえんーーー!?

想像のななめ上!!でした。

そりゃーわかりませんわ。

完全に未知なるゾーンです。



裏側。


【 レディガフィ 2011 】

イタリア・トスカーナのメルロー。

いわゆる「スーパートスカーナ」です。

高いワインって、ひと口あたりの情報量が多いのですね・・・

なかなかこの手のものは飲む機会がないので、

貴重な経験でした。

とはいえ、さすがに4500円はなかったよなぁ・・・笑

今日のワイン。楽天で見つけました!興味あるかたどうぞ~






テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

お茶の間ビール祭り①


外国のビールをいくつか頂いたので、

時々ビールのこと書きます。



【 アノステーケ・インディア・ペール・エール 】

ちょっと珍しい、フランスのビール。

飲みごろは10~14℃だそうで。

何日か冷蔵庫に入れっぱなしだったので、

飲む前に1時間ほど室温に慣らしました。

栓をぬいたとたん、

ぶわぁぁっと泡があふれるあふれる。

振ったり揺らしたりはしてないのですが、

結構、炭酸強めです。

瓶の見た目のイメージから、濃くて重たいのを期待していると

意外や意外、軽めでフルーティ。

濃厚ビール派にとったら、もうひと押し、と言いたくなるところですが、

マイルドながらも苦味はしっかり感じることができました。

最初の一杯めに良さそうな感じです。

アルコール6%。


テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

やさ男系シラー



【 クラウディア シラー 2013 】

カリフォルニアのシラーです。

ヴィノスやまざきにて、1600円くらいで購入。

まろやかな甘みがあって、ジューシー。

スパイシーでがっつり重い、硬派なシラーを期待して飲むと、

意外にマイルドな印象です。

「やさ男」

的な親しみやすさ・・・ 

と思わせておいて、

13.5%と、アルコール度数もそれなりに高いので、

油断すると飲み疲れがおこります。


甘みがあってスパイシーな肉料理とは相性バッチリです。


…って書いてたら無性に肉が食べたくなってきた!


夜中なんで美容と健康とその他諸事情的にムリですけどね。






今日のワインはこちら。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

お茶の間テイスティング③しめくくりはカベソー


明日、だんながワインアドバイザーの2次を受けるにあたり

ここ最近、家で主要品種を飲んでまして

しめくくりはカベソーです。





【 ジャン・バルモン カベルネ・ソーヴィニヨン 】

南仏・ラングドック・ルーション生まれ。


地図でいうと、このへん
Google - ラングドック=ルシヨン地域圏地図 - ラングドック=ルシヨン地域圏地図と旅行に出かけよう。ラングドック=ルシヨン地域圏旅行をそそるサイト

黒系ベリーの果実感がたっぷり。

太陽の光を浴びた、あったかい地方のワインな感じです。



歯ぐきにキシキシくるような、渋みがないので

ブラインドで飲んだらメルローか、グルナッシュと答えてしまいそうですが、

意外にもカベソー100%でした。

ドンキにて1000円で購入。

南仏のワインはバラエティに富んでるので、

試験対策向きじゃなかったなぁ・・・って今さらなんですが。



さて、去年の試験当日、

わたしは緊張のあまり、

家を出る寸前まで試験時間を1時間まちがえていたり
↑良識ある大人の皆さんならばきっと大丈夫!

チェイサー用の水の入ったコップの中に

吐器とまちがえてワインを吐きだして

うぁぁぁぁ!となったり、

色々やらかしましたっけ・・・


会場に行くと、自分以外の全員がクールに落ち着いてるように見えて

ほんとイヤになるんですが、

後から聞くと、誰しもがそう思うみたいですよ。

明日受験される皆さま、がんばってください。

開始時間だけはお間違えのないよう・・・






今日のワインはこちら!



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

チリとアメリカのシャルドネ



【 アルタム シャルドネ 2013 】

チリのシャルドネ。

黄金色と言ってもいいような、濃い黄色。

桃やバナナ、パイナップルの完熟トロピカルな香りに、

バターのような樽感が効いてます。

ブラインドで飲んだら、「カリフォルニア」って答えてしまいそう・・・



チリとカリフォルニアのシャルドネって似てる気がして

特徴の違いが今ひとつ分からず

本やネットを見てもはっきりとは書かれていませんでしたが、


「オーク樽由来の香りがより強いのがアメリカ」

ってことに今のところ落ち着いてます。

バニラとか、木樽の香りがより強くでているのがアメリカ・・・

って、自信はないですけどね~



がぶ飲み系とは対極の、

まったりとして重たい、贅沢感あるシャルドネです。




今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

こっそりシャブリ


だんながどこからともなく持ち帰ってきた、白。

飲みかけのものが冷蔵庫に入ってました。


勝手におこぼれを頂くことにします。



【 アンリ・ド・ブルソー シャブリ 2013 】

香りの第一印象が「つぼ漬け」でして、

そうインプットされたが最後、もはや「つぼ漬け」にしか思えなくなりました。

何だろう?これは。

お弁当のすみっこに入ってる、あの香り。

きゅうりの漬物みたいにも感じるし、ひとまず「漬け物系」の香りです。

気のせいかしら・・・



ほっぺたの奥のほうが、きゅーっとすぼまるような、酸!

シャブリらしい、はつらつとした酸です。

か、牡蠣をくれ、牡蠣!!

夜中なのにお腹が空いてきました。


冷蔵庫でずっと冷やしてましたが、
 
室温に出して温度が落ち着いてきたら、

グレープフルーツのような柑橘系の味わいが、じわじわ出てきました。


今日は魚介系のおかずがなく、残念でしたが

白系の魚や貝とあわせてみたい、シャブリなのでした。



今日のワインです。




テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

骨太エレガント

今日は飲むのよそうかと思ってんですが

寝る前に「一杯だけオバケ」が出てきてしまい、

あえなく屈するのでした。



【 ライ・ライ ピノ・ノワール 】

チリのピノ・ノワール。

8月にワイズマートの試飲会で買いました。


赤いベリーの上品な酸味がありつつ、

土っぽい味わい、ざらつきも舌に残ります。

エレガントっちゃエレガント、でも繊細ではない・・・

人間にたとえると、あの子線が細いよね、とはまず言われないタイプじゃないかな~。

アルコール感は13.5%。結構あります。


隠しきれない骨太感が、チリっぽい。


今日のワインはこちら!








テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

バッカス様、降臨


ずいぶん前からあったのに、飲まずに・・・というか、

価格帯的に飲めずに取ってあったワイン。

だんなの実家に帰省の際、持ち帰ってようやく開けました。


テーブルには久々にありつけた牛さんの肉。

1本目は軽めの赤、2本目に出してきたのがこれです。




【 ルイ・ジャド ソンジュ・ド・バッカス 2010 】

ブルゴーニュの白。

2010年モノとあって、熟成感と厚みのあるシャルドネでした。

樽の香りが効いてます。

重たい肉料理にもまけてない。

じっくり、ちびちび味わいたいワインです。


裏。



ラベルの天使フェイスは、バッカスというお酒の神様だそうで。

お酒の神様にしては、童顔でカワイイものの、

焼き肉と互角なボリュームの、白でした!




今日のワインはこちら!




テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コンビニの銀河


たまにはワイン以外のお酒のことを。

ラベルデザインにクラクラきた、コンビニ限定ビールです。



【 グランドキリン・ギャラクシーホップ 】

月とか星とか、天体系モチーフのラベルにめっぽう弱く、

見つけるとつい、手を出してしまいます。

理由はなく、ただ惹きつけられるのです。

コレとかアレとかもそうでした。

月、星ときて、今度はギャラクシー、銀河。

フルーツ感があって、かーるい感じの夏っぽいビール。

個人的な好みとしては、

苦くて重い、ごっついビールが好きなのですが、

星空ラベルなので、味の好みは二の次!


ついでに言わせてもらうならば、

漆黒の夜空系の、黒ビールも出してほしいなぁ・・・なーんて思ったりして。





テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

お茶の間テイスティング②


ワインの2次試験を来週に控えただんなより、

「勉強するので頼むから出かけてくれ」という珍指令がありました。

用事もないし、どうすっかなぁ・・・と思っていると、

テイスティングの練習用に、アルザスのリースリングを買ってきて欲しいとのこと。

近所のスーパーでは売ってないので、電車にのって出かけてみました。

で、コレです。



【 ボエケル アルザス リースリング 】

有楽町のヴィノスやまざきにて。

普段、家飲み用には買わない価格帯ですが、試験用ってことでふんぱつしてみる・・・

これを買って夕方帰ったら、家で勉強してるはずのだんなが、

CSの日ハム×ロッテ戦をむっちゃ真剣にみていた!おのれ!


・・・さて。

リースリングでよく言われる、石油っぽい(?)香りはわかりませんでしたが、

ほっぺたがすぼまるような酸が効いてます。

辛口のリースリングらしい酸味・・・

キリッと冷やして飲むのが美味しいです。

天ぷらに合う、って話を聞き、

たしかに~!!と思いました。

塩で食べる天ぷらに、いつか合わせてみたい・・・



今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ニッポンのリースリング



【 鶴沼 リースリング 2011 】

北海道うまれの白ワイン。

先月、旅行で「北海道ワイン」を訪れた際に買ってきました。

ゲヴェルツや、ピノ・ノワールなど、色々と試飲させて頂き、

迷った末にリースリングを購入。

東京で売ってないとのこと、心して飲みますよ~。


はちみつのような、ふわっとした甘い香りに、

目を細めてしまう程のシャープな酸味。

日本のリースリングって初めて飲んだかも。

ラベルを伏せて出されたら、日本のワイン、しかもリースリングとは多分わからない。


2011年モノで、熟成感ある外観は一見シャルドネ風ですが、

飲んでみると見かけの割に樽の感じはなく、

シャルドネじゃないぞ、ってことが推理できます。

辛口で酸味が効いていて、これは、うまーい!

あっという間に1本空いてしまいました〜




テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

2軒目のバルにて





【 二コラ・ぺラン コート・デュ・ローヌ ルージュ 】

酒豪の友人と2軒目に入ったお店で飲んだフランスの赤。

性懲りもなくボトルをたのんでしまった・・・

結構、酔ってたのであまり覚えてませんが、

想像してたよりも赤の果実感があって、軽めだった印象があります。


上野の丸井の向かい側、「カドッチョ」という地下のバルでした。

前々から気になっていて、いつか来たいと思っていたお店です。

が、すでに出来上がった状態での入店だったので

せっかく入れたのに記憶があまり・・・


イタリアンバール イル カドッチョ (IL CADOCCIO) ←食べログリンク

今後ゆっくり飲みなおしに来たいと思います。



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

アメ横の浜

連休まえの金曜日、酒豪の友人と上野で飲んでまいりました。

オサレなバルを探して電話してみたら、18時半ですでに満席。

振られっぱなしのところに出会ったのが、浜焼きふう居酒屋でした。

上野 アメヤ横丁 トロ函(とろばこ) ←食べログに飛びます

椅子はビール箱+座ぶとん。渋いぜ!



卓上(←テーブルではなく、あえて卓とよびたい)の七輪で、自分で焼く形式です。

写真撮るのわすれましたが、

・あなご白焼き
・鮪トロカマ
・じゃがバターイカの塩辛のっけ
・ほっけ

などなど、白いけむりにまみれながら、

焼き、飲み、食べ、しゃべり、と大忙しでした。

芋焼酎水割りをたのんだら、ジョッキできた!豪快!


おしゃれ風バルに行くはずが、

おしゃれと逆方向に突き抜けた感じですが、

ニッポン人のDNAになじむというか、肩の力が抜ける空間です。

よく食べ、よく飲み、よくしゃべった・・・割にお会計は良心的。

大酒飲みにやさしいお店、ありがてえ・・・

カウンターで飲んでいて、振り返るといつのまにか店内はお客さんでいっぱいでした。





最近、外で飲むとき、この手のお店に引き寄せられてます。

上野・麺屋武蔵の近くです。



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

スクール再び

9月中旬からしばらく続いていた

家庭内パ・リーグCS争いはあっさり終わり、

ロッテファンのだんなに軍配があがりました。

ライオンズの今シーズンが終了してしまい、

はしごが外れたような、持てあまし気味の今日この頃です。

くやしい気持ちはありますが、

こうなったらロッテさんの下剋上ジンクスに期待したいとおもいます。

何気にロッテの応援歌、マスターしてるんですよね・・・w



さて。野球が終わってぽっかりあいた心の穴を埋めるべく(?)

今月から一年ぶりにワインスクールに通うことにしました。

新しいことをなにか始めたくなりまして。

もう試験も関係ないので、単なる酒好きとして純粋にたのしく学べるかなーとおもいます。

ちょうど、オープン戦の時季までの半年間、たのしみです。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

まっ赤なチーター



【 ケープ・チーター カベルネ・ソーヴィニヨン メルロー 】


赤のラベルがとっても目立ってます!

しっぽがハート形になってるところが隅に置けないといいますか、

ラブがらみのプレゼントや、

同じシリーズで緑ラベルのソーヴィニヨン・ブラン&セミヨンと合わせ、

クリスマスのちょっとした贈り物にも使えそうです。


開けたては、野菜っぽい香りと味わいが前面に出てる感じですが、

熟した黒系ベリーのまろやかさが後からついてきます。

渋みはマイルド。

時間がたてばたつほど果実感が増してきて、

柔らかく飲みやすくなりました。

900円前後で、ラベルが可愛く話のネタにもなりそうな、

お得感あるワインです!

スクリューキャップなのも、ラク。



今日のワインはこちら!クリスマス仕様~

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

試飲会というステキイベント 2015秋

10月もすでに7日。

は、はやくないですか?


年の初めに、友人の影響で「一文字かきぞめ」に挑戦し、

2015年の抱負を漢字一文字で色紙に書くという、

清水寺っぽいことをしてみました。

「繋」が自分なりの今年のテーマで、

繋がりを「広げる」ことを期待して書いた割に、

今のところ大きな変化はきていません。

が、旧交が復活するなど、「深まる」方向では思い当たる節があり、

繋がりの解釈は違うものの、

抱負に沿った一年にはなってるのかなーと、

そんな気がする今年の後半戦です。




さて、10月。

偶数月の土曜といえばワイズマートの試飲会。

今回は24日(土)です。

200種類以上のワインの中から自由に試飲ができて、

通常よりもお得に購入できる、ステキイベント。

今回は北海道フェアとも同時開催。


前回、チリワインに片寄ったチョイスをしてしまったので、

今回は幅広い国のワインを仕入れたく、

今から楽しみにしています。


リンクはこちら~↓
ワイズマート ワインフェスタ


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

まぁるい白。



【 エヴォディア 白 】

8月にワイズマートの試飲会で買ってきた、スペインのワイン。

この、エヴォディアのを前にお店で飲んで美味しかったので、今回は白。

ふわっと甘い香りに、

厚みがあってまぁるい口当たり。

ボリューム感がありながら、後味はすっきりです。

ぶどうは、マカベオ100%。

白ワインは夏に活躍しましたが、

このまろやかさ、寒い冬にあったかい料理と合わせて飲むにもよさそう。

赤は神の雫に載ったそうですが、

白も美味しいですよ~。




今日のワインはこちら!


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

うつくしいお友達



【 ベル アミ ブラン 】

軽い口当たりで水のように飲める、ほんのり甘い白。

コロンバールとセミヨンのブレンドです。

この甘さは好みが分かれるところで、

私はあんまり得意じゃないですが、

和食には合うかも。


ハートの付いたラベルが可愛いです。

Bel Ami って何?と気になってググったら、

「美しい友達」って意味なんだとか。

最愛の友人、って書いてあるサイトもあり、

今一つニュアンスがピンときませんが、

親しい間柄をさす言葉のようで、

あまーい味わいに合ってるのかな。と思います。



楽天・アマゾンで見つけられなかったですが、

カルディで扱ってる情報ありです。












テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

お茶の間テイスティング①



ワインアドバイザーの2次試験を今月に控え、だんな勉強中。

家でのテイスティングの練習に、

ラベルを隠して飲んでみました。

赤みがかった外観。

私が勝手に「ふとん香」と呼んでいる、

お日様の下で干したふとんのような香り。

渋みはなめらかで、紫系果実な感じと、ほんのり甘みもあるような・・・

これは、アレだろう・・・

だんなと答えが一致しました。


「グルナッシュ」。


正解は・・・



【 シャトー・アレグレ 2014 】

ありゃりゃーー。

メルローとカベルネ・ソーヴィニヨンのブレンドでした!

メルロー60%、カベルネ40%。

ふとん香+紫系果実の甘み=グルナッシュ??

の推測だったんですが、違ってました~。

色もメルローならばもっと濃いのかなと思ったんですけどね。


そもそもブレンドものは試験には出ませんが、

外すと何というか、

かかってこいや!次!

って気になりますねぇ…。



お茶の間テイスティング、今しばらく続きます。






今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ネコ科とツバメ

ヤクルト優勝しましたねー!

おめでとうございます。

春に神宮で観戦したときは最下位だったのに、

今年のセ・リーグはメイクドラマ(古!)でしたね。

今、我が家でも家庭内CS争いが起こってます。

だんな→ロッテファン

私→西武ファン

最近ではお互い「負けろ!」と言い合っていた、熾烈な3位争いですw

ライオンズの試合終わっちゃったんで、

断然ロッテさん有利ですが、最後まで生温かく見守りたいと思います。


さて、ネコ科チームの応援にちなんで、猫ラベル。



【ル・シャ グルナッシュ ノワール2011】

Le Chat=猫、

ちょっと悪そうな顔の、黒猫ラベルです。

下のほうには、ネズミもいます。逃げてー!

グルナッシュ・ノワール100%。

タレの焼き鳥とか、甘じょっぱい肉料理に合いそうな、赤でした!



この黒猫ワイン、楽天・アマゾンで見つからなかったので、

優勝したスワローズにちなんだ、ツバメラベルを載せます。

ほんのり甘く、こってりとしたコクのある白です。

14年ぶりのリーグ優勝にちなんで、この時期人気がでるかもしれません。

その名も「スワロー」。



つば九郎さんの劇画タッチ(?)版的なラベルでした。

リースリングもあるようです。

ヤクルトファンの方への優勝祝いに、いかがでしょう?




テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

私鉄系ロゼ。



【 アンデス・ヴァレー ロゼ 】


おっと、ラベルにしわ寄っちゃってますね。

関東の私鉄8社の共同開発、アンデス・ヴァレーシリーズ。

500円台のお得なワインで、

シャルドネ、カベルネ、メルローなど、ちょいちょい登場しますが、今回はロゼ。



味は、ふつうです(笑)

コメントがむずかしいんですが、

ワンコインのロゼ、こう来たか!と思って飲みました。


家で飲むとき、あえてロゼを選ぶことって

ありそうでない気がするので

変化球をつけたい時にいいかもです。

食事を選ばないし。


そろそろ気温が下がってきたので、鍋料理やおでんなどのお供に、

気軽にぐびぐび飲めるロゼでした。











テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
日々のごはんのお供、お手頃
プチプラワインやお酒について書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR