さよなら7月!夏はこれから


先日の赤に続き、白。



【 カタンガ ブランコ 2012 】

オシャレなラベルだなーと思っていたら、

『カタンガ』 というスペインの歴史ある建造物がモチーフなんだそうです。

最初ゼブラ柄に見えましたが、違いました。

アイレンとソーヴィニヨン・ブランのブレンド。

トロピカルフルーツのような、梨にも思えるような

華やかなあまい香りです。

香りの割に、飲み口はスッキリ。

あまり、特徴をとらえにくいのですが

最後にほんのり、ライムのような柑橘的苦味を感じました。

(気のせい?)

つめたく冷やして飲むのがお勧めです!




早いもので7月も今日でおしまい。

いよいよこれから名実ともに夏本番、

汗との闘いの日々はまだまだ続きます。

夏のお風呂上がりにクイッといきたい、

あっさりドライな後味でした!




今日のワインはこちら! 


スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

うなぎとワンコイン

今日は土用の丑の日ってことで

朝のテレビでうなぎの話題をしてまして

それ見てから

口の中がすっかりうなぎ仕様!

どうしても食べたくなって、帰りに一枚買い

このプチプラワインをぶつけてみました。




【 オチャガビア ヌエヴァルナ レッド 】

ワンコイン!300円台で買える赤です。

言われなければわかりません。

少なくとも1000円位な感じはします。

赤い果実の酸味と、キャラメルみたいな甘~い後味。

蒲焼きのタレと

ワインの甘みが妙にマッチして

美味しかったです!

半分たべて、残りは明日。

ダンナが魚類食べられないので、

ひとりじめです~

どーんとスタミナつけて

この暑すぎる夏、乗り切りたい!




テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

知恵熱の一歩手前


今日はもともと休みを取ってたので

珍しく一日中勉強してました。

午前中アメリカとカナダをやっつけ、時々料理をおさえつつ

午後はイタリア。

イタリアは好きなんだけれども超難しい!

分解した教本を、最近は通勤電車の中や昼休みに読むようにしてるんですが

何しろ、似たような名前のD.O.C.G.が多くて

記憶に定着してくれません。

最近、とうとう

家のトイレの壁に一覧表を貼り出しました。

問題解いてて、アレって何だったっけ?と気になると

トイレの壁に答えを見に行く

珍現象がおきています。

なかなかいいですよ、トイレ。

さて。

夜になると一気に集中力がなくなり、コレを。



【 マルケス・デ・カセレス・クリアンサ 2009 】

スペイン・リオハの赤。

テンプラニーリョ 85%

ガルナッチャ&グラシアーノ15%

色は濃いめのルビー色。

赤い果実に、プルーンみたいなドライフルーツの黒っぽいコクが加わって

大人な味になってます。

渋みもそれなりにありますが、前にガツンと出てくる感じじゃなく

上品な感じ。

ラベルも深みのある赤です。


慣れないことをしたせいか

今日は頭がはたらかないんで、もう寝ます。

おやすみなさーい



今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

アブルッツォの宝石


なんといっても、ボトルのデザイン。

カラフルな色彩が黒地に映え

とても目を引きます。

宝石をイメージしてるんだとか。

むかーしむかし流行った

『宝石箱』というアイスを思い出しました。

(分からないひとはお母さんに聞いてね♪)



【 カサウラ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ 2011 】

モンテプルチアーノ・ダブルッツォ100%。

まん中が黒みがかったルビー色です。

赤いベリー系の果実に、ほんのりスパイスがかった香り。

ジューシーでほど良い酸味がありながら、

全体のバランスを締めるコクがあるといいますか。

軽すぎず、重すぎず、クセもなく飲みやすいです。

コレ、好きだわ・・・


キャップも素敵。芸がこまかいです。



ワインの勉強をはじめてみて

イタリアワインの奥の深さに惹かれつつあります。

情報量がはんぱなく、難関パートではありますが

試験がどうこうと言うより

もっともっと知りたい気持ちが出てきました。

学校の授業はもう終わってしまい

試験までは自己学習。

なんだかさびしいな!

試験終わったらどうしましょ。

そんな事をかんがえる日々です。



今日のワインはこちら!



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

花火大会の夜


昨夜は隅田川の花火大会。

ダンナの両親&妹ちゃんが遊びに来て

賑やかに飲んだり食べたりしながら

窓から見える花火と

テレビ画面の花火を交互に楽しみました。

ベランダに出ると

周りのビルや窓辺や屋上、いたる所に人・人・人!

今年は昨年のようなゲリラ豪雨によるハプニング(?)もなく

テレ東さんもひと安心だったんじゃないでしょうか。

毎日お祭のような浅草が

さらに賑わう夏の一大イベントです。



正直、何飲んだかも思い出せない位なんですが

コレ、おいしかった!



【ムーラン ド ガサック フィガロ ルージュ】

南仏、ラングドック・ルーションの赤。

旨安ワインとして有名な一本です。

グルナッシュ主体。

紫系果実の香りの中に、スパイシーさも少々。

ブルーベリーやプルーンなどの果実味がジューシー。

適度に重さもあり、バランスが取れてます。


人が集まる時の定番フーズ

枝豆やらお寿司やら乾きものには

まっったく!合いませんでしたが(笑)

楽しければイイんです。


今日のワインはこちら!



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

走れ!ウサギさん

仕事から帰ったら、

朝開けたはずのカーテンが閉まってる。

閉めたはずのリビングのドアは全開。

留守中に誰かかが入ったっぽい。

ダンナが帰ってるにしては靴がないし…


???



キッチンに行ったら、謎が解けました。

ワイン(飲みかけ)が大量に置いてある!!

仕事で使ったワインをダンナが持ち帰ったんですね。

で、カーテン閉めて昼寝でもしてまた出てったんでしょう←憶測

いつもと違う部屋の様子って、なんとなくわかるもんですね。

てな訳で、当面のブログのネタが増えました。



冷蔵庫を開けたら、この子がいた。



【 ルドルフ・ミューラー バニー・リースリング 】


走る野ウサギのラベル。

ふんわり優しいタッチで、シンプルなんですが、

なぜか目を引きます。

ドイツ・ファルツのリースリング。

甘い、アプリコットのような香り。

はちみつレモンを思い出す、すっぱ甘い感じ。

まだそんなに冷えてなかったですが、

温度が下がると更に美味しくなりそう。




なんといっても、このウサギさん。

リースリングが好きってのもありますが

完全に、ジャケに惹かれて手に取った一本です。

ブドウ畑にいる野ウサギがモチーフなんだとか。

ウサギ年さんへのプレゼントにもいいかも!


今日のワインはこちら!



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

勝利の美酒!スパークリング


まだ2回しか登場してない、ドイツのワイン!



【 ヘンケル・トロッケン・ドライ・セック 】

リンゴや洋ナシのような、フルーツの香りがふんわり。

緑がかった黄色の、熟成感あるスパークリングです。

フランスのシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン

ピノ・ノワール、シュナン・ブラン などなど

ドイツのワインですがぶどうはフランス産。

きりっと冷え冷えが美味しいとおもいます。

食前酒のみならず

ずっとコレだけで飲んでいられそう・・・


ちなみに

なでしこジャパンがドイツのワールドカップで優勝したときの

乾杯のワインだそうです。

勝利の美酒。

縁起がいいですね!








今日のワインはこちら!お祝いの場にも良さそうです

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

シンプルだけどがっつり

23日は誕生日でした。

渡辺久信の現役時代の背番号と同じ歳…

数字が上がってくると

誕生日って正直、そんなに嬉しくないんですが

無事に歳を重ねられた喜びを

静かにかみしめる、そんな日になりつつあります。


さて。

今日は頂き物の、カリフォルニアの赤です。



【 モラダ ヴィンヤード ジンファンデル 】

大好きなジンファンデル!

ジンファンデルらしいジンファンデルです。

ジューシイな中に、土っぽい風味もあり

複雑な味わい。

ラベルはシンプルですが、

味はガツンとインパクトがあり、個性的。

太陽の光をたっぷり浴びたような、

陽性なワインです。

美味しい!





アメリカワイン好きとしては

いつかナパ・ヴァレーのワイントレインに乗るのが夢。

これ飲んでたら

そんな事を思い出しました。

この一年、よい年でありますように。







テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ガソリン補給!


連休明けの火曜、

休み明けってのはどうもエンジンがかかりません。

今日は休肝日にしようと思ったけれど

木曜あたりに持ち越すことにして

週末あけたワインの残りを

景気付けに頂いちゃいました。

3回目の登場、



【 ムートン カデ ルージュ 】

ボルドーの超一流シャトー直系のカジュアルラインです。

カンヌ映画祭の公式ワインにもなってるんだとか。

へーー。

メルロー主体。

チェリー、ラズベリー、プラムなどのたっぷりな果実感と、

なめらかな渋み。

クセがなく飲みやすく

万人受けしそうな赤です。

1300円と、そんなに高くないのにハイクオリティ~




がっつり一杯ぶんのガソリン補給でした。



今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

イチゴキャンディ。

誕生日が近いということで

ムリヤリ?ダンナを連れ出して

食事に行きました。


まずはグラスの白から。

ダンナ→シュナン・ブラン(すっきりシャープな酸味!)

私→ゲヴェルツ(ライチの香り満載!甘め)

真逆な個性の白でした!

調子づいて、次はボトル。



【 エルヴェ・ケルラン ピノ・ノワール 】

色は、明るいルビー。

イチゴキャンディのような香りと味わいです。

ピノと聞いてなければ、

ガメかと思ってしまうほど。

最近、濃いめのばかり飲んでたので

この、ライトな感じが新鮮でした。

ピノ・ノワールは

ものにより色んな個性があって、

楽しいです。





家で二次会をしたところ

いつのまにか寝落ちしてました。

明日仕事だなんて、

考えたくないです。






今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

南アの魚の骨

ワインエキスパート試験まで一ヶ月を切り

20年以上ぶりに

『単語帳』を買ってみました。

フランス料理とイタリア料理に合うワイン、

試験に出るから全部覚えてね~♪と師匠に笑顔で言われ

すでにキャパ超えをおこしている記憶容量に

さらなるトドメを差しております。

大好きな

お酒とか食べものに関わることなんで

勉強自体は楽しいっちゃ楽しいですが

試験的なものからは

今年限りでとっとと解放されたいです。

単語帳に書くという作業だけで

不思議と

勉強してる雰囲気になりますが

書いただけで満足してる感は否めず・・・

みんな、どうやって勉強してるんすかね?

さて。

連休の中日は、スクリューキャップのこの子で!



【 フィッシュフック シラーズ 2012 】

南アフリカの赤。

見た目は赤っぽいですが

味わいはプラムやブラックベリーなど

がっつり黒系果実!

渋みはわりとなめらか、それでいて力強さがあり

バランスが取れた印象です。


ボトルに魚の骨が浮き出たデザインなんですが

写真にうまくとれない・・・


裏はこんな感じ






今日のワインはこのシリーズの↓ シラーズ!魚の骨が目印です

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

カジュアルなカベルネ



【 ストーンセラーズ カベルネ・ソーヴィニヨン 2012 】

先月の試飲会で、買ってきた一本。

カリフォルニアのカベルネです。

クリームパンのような、甘~い香り。

カベルネらしさは、言われなければあまり感じないかもです。

イチゴジャムっぽい熟した赤い果実感のあとに

ブルーベリーやらレーズンやら

紫の果実がほんのり控えてると言いますか・・・

カベルネにしては渋みは少なく

軽めでガブガブいけちゃいそうです。

この甘み

タレの焼き鳥とか

テリヤキソースなんかにがっつり合いそう!

・・・と、書いてるそばから

お腹がへるのでした~






テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

裏通りのドイツ


ひとには色んな才能がありまして

美味しいものを見つける嗅覚ってのもそのひとつ。

そんな、すばらしく鼻の利く友人が見つけてきた、

ドイツ料理のお店。

東日本橋から徒歩5分ほどの場所ですが

道に迷いに迷って到着。

ドイツバル&ビストロ プレッツエル

マンションの一階にあるお店です。

ドイツときたら、まずはコレ!



ビールに、



ウインナーでしょ!



お店のお兄さんが切り分けてくれます。

これが、肉々しくて、ウマいんだ!

ビールとよく合う~。




ビールのあとは、コレ。



ドイツのおとなり、フランス・アルザスの

リースリングです。

【 ツィルンヘルト アルザス リースリング 】

青りんご風の、フルーティーで華やかな香りですが、

味はスッキリ酸味のきいた辛口!

店名にもなっている、

プレッツエルという塩味の絶妙なパンとも

よく合いました。


裏はこんな感じ





赤が基調の可愛らしいインテリアの店内、

ところどころにプレッツエルの飾りが。




ロゴのビールおじさん。



キュートです!



マンションの立ち並ぶ、閑静な一角にあるこのお店、

一見、ここにお店が??と思ってしまう場所ですが

落ち着いてゆっくり楽しめました。

日本橋~人形町界隈は

大通りをはなれたところに

美味しいお店がザクザク出てきそうで

探検しがいがありそうです。



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

妄想スパークリング


せめて週に一度は飲まない日をつくろうと

数ヶ月まえから続けていた休肝日

こう毎日蒸し暑いと

暑さのせいにして飲んでしまいたくなります。



美味しくお酒を飲み続けるため

たまにはお休みも、ということで

ノンアルコールの飲み物を買い込み

何とか踏みとどまりました。








頭の中の妄想メニューを広げ

白のスパークリングを探し

プロセッコ エクストラ ドライ を注文したつもりで

グラスの中には






・・・コレ!



何度かお世話になっていますが

この子のおかげで休肝日を達成できているといっても

過言ではありません。

妄想を満たすには十分な美味しさ。

ノンアルなのに

飲んだらなぜか眠くなり

今日も勉強どころじゃないまま

夜は更けてゆくのでした・・・

ではまた明日。
















テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

おいしい現実逃避


ワインエキスパート試験まで、もうすぐ一ヶ月。

今日は夕飯作んなくていい日だったので

時間もあることだし

珍しく

夜に勉強することにしました。

「飲みながら」

ですが・・・

こういう時に手が伸びるのは、スクリューキャップ。



【 ベンティスケーロ クラシコ カベルネ・ソーヴィニヨン 2012 】

これ、800円以下で買えて美味しいです!

カシスに、ブルーベリーなど紫のくだものがミックスされた感じ。

甘~い、チョコのような香りと飲み口。

優しい味わいの、ジューシーなカベルネでした。

熟成感はなく、若々しい感じの味わいです。

これをちびちび飲みながら、

過去問を解いてみたりして・・・




テキストを読んで直ぐは問題とけるんですが

別の範囲にとりかかると

前の事わすれててガックリ・・・

この繰り返しです。


今、フランスのおさらいをしてまして

ロワールってどこ?

南西地方?何それ

・・・てな状態です。

フランスを攻めれば攻めるほど

イタリアの事がふっ飛んでくのを感じます。

だいじょうぶか私の記憶力!


ここは乗りかかった舟、
 
試験までは野球生観戦断ちして

とりかかることにします・・・

とか何とか言いながら

勉強してたはずなのに

いつのまにかブログ書いている!

しょうもないですねぇ~






今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

お風呂上がりに微発泡!

ちょうど去年の今頃も飲んでたようで

夏になると恋しくなる飲み物です。



【 ガゼラ ヴィーニョ・ヴェルデ】

夏らしいデザインが目を引く

ポルトガルの微発泡ワイン。

レモンや柑橘系の、キリッとフレッシュな飲み口!

お風呂上がりにビールの代わりにほしくなる、そんな味わい

微発泡ってとこが喉ごし心地よいです。

アルコールも9%と、ワインにしては低め。

キンキンに冷やして飲みたい一本です!








今日のワインはこちら! 「大人のサイダー」ですって。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

少し冷やして。


れんが色にモノトーンの、オシャレなラベルです。




【 カタンガ・ティント 2012 ボデガス・ラトゥエ 】

前回のアルマグロに続き、テンプラニーリョ。

カシスなどの赤系果実、酸味もあります。

アルマグロとの違いは、熟成感。

2012年と比較的最近なので、フレッシュな味わいです。

夏はちょっと冷やしめのほうが、美味しく飲めるとおもいます!






今日のワインはこちら!


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

1年たちました


2回目の登場、アルマグロ。

このワイン、大好きです。



【 ディエゴ・デ・アルマグロ レゼルバ 】

テンプラニーリョ100%。

今回は2006年ものって事で

結構な熟成感あります。

色は少々、オレンジがかったルビー色。

カシスの赤い果実味に、ブルーベリーの黒い感じも少々。

樽由来の、バニラ風味が舌にのこります。

う~ん、美味しい!

肉に合う!




ふと、気づいたら

このブログも昨日で丁度一周年!

始めた頃はどーせ三日坊主だろうとおもってまして

1年も続いていたとは、自分自身が一番意外です。

『プチプラワイン』てな事で、

基本的には3ケタ~1000円台のワインを

まったり紹介していけたらなーと

思っておりますので

気が向いたらお付き合いくださいませ~






今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

オシャレで旨安、赤ラベル

華やかなラベルがぱっと目を引きます。

赤系のラベルは眺めてるだけでも楽しいです。



【 フェウド・アランチョ ネロ・ダーヴォラ 】


イタリア・シチリアの赤。

先日の試飲会で買い、

ゆうべ友人が遊びに来たときに開けました。

イチゴやカシスなど、赤い果実!な感じです。

甘み、酸味がほどよく

クセがないのでぐいぐいいけちゃいました。

ラベル同様、陽性なワインです。

なんたって、シチリアですもんね!

リアルワインガイドという雑誌で、旨安大賞受章。


今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

安定のクオリティ!


先日のシャルドネに引き続き、デ・ボルトリ ディーンシリーズです。


↑この、余裕の微笑みったら!


【 デ・ボルトリ ディーン カベルネ・ソーヴィニヨン 】

カシス系のフルーティな香りに、

スパイシーな後味。

バニラ感もたっぷりです。

渋みは割となめらか。

カベルネ主体で、メルローも入ってました。

赤系、黒系の果実味に、スパイス感とバニラの香り

色んな顔をもった複雑な味わいです。




裏はこんな感じ。


このカベルネ、ワイン雑誌で大絶賛されたらしいです。

好みはあるとおもいますが、値段もそんなに高くないので

よかったらお試しあれ~

デ・ボルトリさん、余裕の安定感!



今日のワインはこちら! あおってますねぇ(笑)

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

プレミアム 高コスパ!


ダンナが仕事で使った残りの

おこぼれ です。



【 ウルラ マーガレットリヴァー リザーヴ 2011 】

地図上でオーストラリアの向かって左側、

西オーストラリア州・マーガレットリヴァーのワインです。

左のはしっこのほう
Google - 西オーストラリア州地図 - 西オーストラリア州地図と旅行に出かけよう。西オーストラリア州旅行をそそるサイト

ぶどうは、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド。

渋みはあるがなめらか、クセがなく料理をジャマしない感じ。

熟成感たっぷりだけれども意外に最近(2011年)のものでした。

うちに来たときは既に2杯ぶんくらいしか残ってなかったので

じっくり、ゆっくり味わって飲みました。

試飲で売れ行きがいいってことは

それだけ人気があったということ。

ボルドーでいう8000円相当のカベルネと同じぶどうを

使ってるそうですが、価格はボルドーの半分の高コスパ!


ちなみに、
ウルラ とは

アボリジニ語で 

Wulu ( 守る ) と、Ra (永遠) を合わせ

『 永遠に守り続ける 』 という意味がこめられてるんだそうです。

メッセージ性が高いですね(笑)

なにか特別な日に飲んだり、プレゼントにしたりも出来そうです。



今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

月と太陽


月と太陽のマークが何やら印象的。



【 シクロス マルベック メルロー 】

アルゼンチンのワイン。

マルベックとメルローのブレンドです。

『シクロス』とは

周期、サイクルという意味で

・夜の冷涼な気温

・昼の十分な日照


ブドウが育つための、最高に恵まれた環境を表してるんだとか。

色は黒に近い、濃い紫ですが、香りはどちらかというと赤いベリー系な感じです。

プラムなど紫の果実の風味と、

チョコのようなほろ苦さが残ります。

チョコっぽい後味のワイン、個人的には好みです~

色の割に、渋みは控えめ。


なんといっても、ひと目で覚えやすいラベルが特徴的です。


裏はこんな感じ




今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

クリーミーな!白。



【 デ・ボルトリ ディーン シャルドネ 】

オーストラリアのワインといえば

何かと
お世話になることの多い

『デ・ボルトリ』シリーズです。

今回は、ディーンというシリーズのシャルドネ。

緑のボトルに

淡いオレンジと白のラベルが映えてます!

お味のほうは

トロピカルフルーツ系のあまーい香りが華やか。

レモンの酸味も少々効いてます。

どことなく、ヘーゼルナッツの風味もあるような・・・

すっきりさっぱり、というよりは

熟成感とコクのある白!

冷えてるほうが美味しく頂けました。

『世界のベスト・バリューワイン』って本にも、載ったんだとか~




今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

蒸し暑い日はグリーンラベル


蒸し蒸しする日は

きりりと冷えた白が飲みたくなります。

冷蔵庫で長らく待機していたこの子を

開けてみました。

ラベルのグリーンが涼しげです。



【 マルケス デ カセレス ブランコ 】

スペインの、ヴィウラというぶどう100%です。

リオハでは、もっとも高貴とよばれる品種なんだとか。

少し、ピンク??がかったようなレモンイエロー。

さっぱりとした、ライムみたいな後味。

柑橘系のスッキリ感満載です。


最近、こういうドライなのが美味しいなと感じます。

(単に、冷やしすぎって話も…)

もう少し温度が上がると、

ちがう味わいが楽しめそうです。






今日のワインはこちら!



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

七夕セレクト


今日は七夕ですね。

七夕といえば

織姫と彦星の年に一度のデートの日、

ロマンチックな恋のイメージです。


で、七夕に便乗しまして

これまで出会ったワインを振り返ってみました。

まず、ラヴといえば、コレ。




【ボデガ・イニエスタ・コラソン・ロコ・ブランコ 2012】


ハートのラベルが印象的なこのワイン、

透明なハートの部分から中を覗くと、



“La pasion va por dentro(情熱を内に秘めて)”

の、メッセージ!


情熱の国、スペインのワインでした~~。


お次は、

1+1=3という名前

色んな解釈のできそうな

意味ありげな
感じがラヴっぽいです。



【ウ・メス・ウ・ファン・トレス】

このデザイン、個人的にはとっても好きです。

出会いから新たな何かが生まれる、といったような

色んな意味を込められそうで

プレゼントにもしやすいんじゃないかとおもいます。

こちらも、スペインのスパークリング。


さて、最後は


天の川にちなんで

「天空の星空」という名のワイン。



【トーレス セレステ テンプラニーリョ クリアンサ】

星空のデザインされた、

なんともロマンチックなラベル。

今夜はあいにく雨の予報で

天の川は見られそうにないですが

テーブルの上の天の川、なんてのも

素敵なんじゃないでしょうか。


今日はなぜか3つとも

スペインのワインでした!





















テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ぶったぎってみました

ワインエキスパート試験の総合的な教科書といえば

日本ソムリエ協会が発行する教本でして

この中から試験でるからよーく読んどいてね!

とは言われるものの

A4の大きさに厚さ約3センチ

ゆうに1.5キロはありそうなこの教本、

持ち歩くどころか

読むのさえも腰が引けてくるような大きさで

どうしたもんかと、困っておりました。



でも、読まなきゃお勉強にならない。


そこで



思いきって

ひっぺがすことにしました。




↑コレ買ってきた




背表紙をはがし

カテゴリー別に

分解してみたのです。

それが、コレ




これなら、読みたいとこだけ電車の中でも読めますし

会社で昼休みに眺めることもでき

コンパクトでなかなかいい感じです。

表紙を作って、はっつけて

それだけで

勉強した気になってしまうのが

ちょっと、アレですが。


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

高コスパ グリーンラベル


優しげな、グリーンのラベルです。



【 テヌーテ サンマルコ ロッソ サレント ネグロアマーロ 】

イタリアの長靴のかかと、プーリア州のワイン。

ネグロアマーロ という

土着品種を使ってます。


色は濃いめで

重たくて渋いのを想像してましたら

意外にも

甘酸っぱい赤い果実みたいな

軽やかで口当たり良い赤でした!


裏側はこんな感じ



1000円前後と、コスパも高めです。




今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

後味きりり


ダンナが仕事で使ったワインの

おこぼれをちょうだいしました。



【ジャン レオン 3055】


おしゃれでかっこいい緑のボトルが目を引きます。

スペイン・カタルーニャのシャルドネ。

トロピカルフルーツの香りがふわっと鼻にぬけます。

ほのかにバニラの香りも。




フルーティーな感じかなと思ったら

味は意外にドライで辛口。

後味キリリです。

ボトルのデザイン同様、

切れのある風味。


夏は白が恋しくなりますね~





今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

黒猫ラベル。



【ル・シャ グルナッシュ ノワール2011】

その名も、Le Chat=猫、

可愛らしい、猫ちゃんラベルです。

下のほうには、ネズミもいます。

グルナッシュ・ノワール100%。

紫色のベリー系な果実味です。

甘じょっぱい的な、黒糖っぽい後味を感じたのですが

開けて、数日たっているからかな?

鶏の照り焼きとか、甘めのソースがかかった

肉料理なんかに合いそうです。


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ジャケ買い!マンガ風ラベル 



【サンコム リトル ジェームズ バスケット プレス レッド 】

フランス・ローヌ地方のワインです。

何よりも目をひくのは

4コママンガのようなラベル。

写真だと、ちょっと見づらいですが

ぶどう畑に降り立ち、ワイン造りの工程で遊ぶ妖精(妖怪?)みたいな

絵が描かれてます。

リトル・ジェームズとは

このワインの造り手、サンコムの息子さんの名前だそうです。

ワイン造りに興味をもちはじめた、

幼い息子さんを喜ばすためにデザインされたラベルなんだとか。

眺めてるだけでも楽しい雰囲気、

ジャケ買いしても損はありません。

味はジューシーで濃厚な黒系ベリー

グルナッシュ100%でした。

濃ゆい味わいながらも渋みは強くなく

気づいたらどんどんグラスが進んでしまう

そんな感じの赤でした。

コレ飲んでると

お肉が食べたくなりますなぁ








今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
お手頃ワインやお酒についてのあれこれを書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR