ちょっと寝かせて



土曜日の試飲会で使った、飲みかけのボトルを

ダンナがいくつか持ち帰って来たうちの一本です。

【 シャトー・ペイ・ラトゥール オレンジラベル2011 】

フランスはボルドー、メルローとカベルネなどのブレンドです。

最初飲んだときは

ヨーグルトのような、やや鼻につく酸味を感じたのですが

たまたまつくった、ナポリタンのスパゲティと一緒に飲んだら

あら不思議

単体で飲むより美味しく感じたのです。

気になった酸味がどこかへ行ってしまい

味が落ち着いたといいますか。

たまたま、ナポリタンとの相性が良かったんでしょうか。

翌日

一日開けて飲んでみると

単体でも

酸味は落ち着き

コーヒーのようなコクがでて一層美味しくなってました。

少し空気にふれたほうが

美味しく飲めるタイプなのかもしれません。




グラスの形によっても味が変わりますし

ワインってやつぁ第一印象で片付けられない

奥の深さをかんじます。

持ち味が生きたら、こんなにも変わるだなんて

ヒトと同じで

決めつけや早合点は禁物なのですねぇ。





今日のワインはこちら!

シャトー ペイ ラ ツール オレンジラベル

シャトー ペイ ラ ツール オレンジラベル
価格:2,030円(税込、送料別)



スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

試飲会というステキイベント その2



行ってきました試飲会。

正しくは

『 試飲販売会 』、

千葉県内某スーパーにて定期的におこなわれるイベントです。

ひたすら試飲して帰ってくることもできますし

お気に入りのワインは店頭価格より若干お安くゲットすることができます。

今回、2回目の参加ですが

すっかり味をしめまして

できれば毎回行きたい位、ワイン好きの心をがっちり掴まれました。

長年、通っているお客さんもいるようで

始まってすぐに会場についたところ、すでに沢山の人。

その一角に

仕事モードで接客中のダンナを発見しました。

がんばれ~と心の中で思いつつ

こちらは試飲モード全開。

何しろ、ワインブログにとってはネタの宝庫ですから

気になるものや珍しいものは片っぱしから味見させてもらいます。

しかもプロの解説付き!

本当に勉強になるのです。

小一時間、うろうろした挙句、

値段の割に美味しいプチプラワインを数本買って帰りました。

一万円以上購入すると送料無料なんですが

そこまで至らず

手でお持ち帰りです。

学校のテキストもあったし、帰り道に後悔するほどの重さでした。

狙ったわけではないんですが

なぜか赤ばっか・・・

買ったワインについては

おいおい、書きたいとおもいます~

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

千葉のお楽しみ



今日は千葉県某所にて

ワインの試飲会があります。

前回、味をしめたので

学校の後

元気があれば潜入してきます。

すでに私の中では千葉といえばロッテか試飲会。

定期的に行われるこのイベント、

ダンナは仕事で参加予定です。

はたらく姿を

こっそり見て

ニヤニヤしたいとおもいます(←変態)



続く。







テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

シンプルかつジューシィ


数年前から何度か我が家に来てますが

書くのは初めて。

コルヴォって名前と

このシンプルなラベルは、なぜだか記憶にのこってました。

よほど、美味しく感じたのでしょう。



【 コルヴォ・ロッソ 】

イタリア・シチリアの

ネロ・ダーヴォラ主体の赤。

色は濃いめのルビー色。

プラムみたいな紫系の果実味と、

なめらかな渋み。

1000円以下のプチプラなんですが

もうちょっとお値段高めに感じる美味しさ、コスパの高さです!





今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

便乗ワールドカップ


日本代表、負けちゃいました・・・残念!

サッカーのことは分からないんですが、

ワールドカップ出場国の名前を眺めてみたら

ワインの美味しい国と丸かぶりしてるんですね。

フランス・イタリア・スペイン・ドイツ・チリ・オーストラリア・アメリカ・・・

ニューワールドもしっかり押さえてる感じです。


この際なんで

いま勝ち残ってる国のワインで

思い出深いものを挙げてみます。

グループB、チリ。

チリといえばコノスルやミゲルトーレスがありますね!

なかでも、コレ。



【ミゲル・トーレス チリ マンソ・デ・ヴェラスコ 2009】

プチプラじゃないんですが、

もう一度味わってみたい赤。

チリのワイン、大好きです!


お次はグループE。

フランスの中から一つにしぼることなど到底出来ませんが

ラベルが好きで印象に残ってるのが、コレ!



【 コート・デュ・ローヌ パラレル45 ルージュ 】

グルナッシュとシラーのブレンドで、とってもジューシーでした!


グループFは、アルゼンチン。

1コだけ飲んでました!



【アルジェント マルベック レゼルヴァ】

アルゼンチンの名を冠に付けた、堂々たるワイン。

マルベック100%です。


最後にグループG、ドイツ。

1本だけ飲んでました。


 
【 セント・ミハエル リースリング 】

はちみつみたいな甘みのあるリースリングでした。

甘酢を使った料理に合いそうな白。

さてさて・・・この中から優勝国は出るでしょうか???


おっと。

アメリカが残ってんの忘れてた!ごめんなさい~

大好きなアメリカワインについては、別の機会に!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

世界№1 ジンジャーエール

今日は、仕事で夕方から大宮へ。

土地勘がないもので

今まで大宮の打ち合わせの時は

いつも同じ店を利用してましたが

今回、予定の時間が後ろにずれたため

ぶらぶら時間つぶしついでに、

別のお店に入ってみました。

約束の相手を待ちながら

アルコールに手をだしたい気持ちをおさえ

メニューでふと目に留まったのがコレ。



【ブレナム ジンジャーエール】

世界一辛い、ジンジャーエールだそうです。

炭酸とショウガが効いてる!

眠気覚ましとか

疲れた身体をリフレッシュさせたい時にぴったりな味でした。

エリック・クラプトンのツアーのバックステージには

必ず置いてあったとか・・・


クセはありますが

私はコレ、スキです。

夏の暑い日、

お酒のみたいけど飲めないときなんかにぴったり。

もちろん、お酒で割っても美味しいとおもいます。

夏場の休肝日用に、要チェック!なのでした~



テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

夏の日もダンザンテ!

今年2月の雪の日に飲んだダンザンテのメルロー

我が家に再びやって来ました。




【 ダンザンテ メルロー シチリア 2010 】

青いドレスのバレリーナのデザインが

とても印象にのこってました。

個人的に大好きなラベルです。


裏はこんなかんじ




なめらかな口当たりのなかに、

スパイシーさも感じます。

完熟を待って収穫されたメルローを使っているとか。

果実のボリューム感たっぷりです。

陰か陽でいうなら、間違いなく陽。

太陽の恵みをたっぷり受けてる感じです。

フランスのメルローとどう違うのか

飲み比べてみたい気がします。




今日のワインはこちら!







テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

甘口であまやかし。

予定のない、雨の日曜日。

ワインエキスパート試験まで2ヶ月を切り

このままでは炎上必至な学習状況ってな訳で

珍しく、昼から勉強しました~。

途中、BSでちらほら野球を見ながらでしたが

ライオンズも負けていたので

テレビに心を奪われることもなく

結果的に、学習には最適のシチュエーションとなりました。


まずは

ドイツ・スペイン・ポルトガル!!



日本ソムリエ協会の分厚い教本を

思いきってひっぺがし

地域ごとに分けてみました。

フランスも1センチ位の厚さになり

持ち運びに便利になりました。

コンパクトになったことで

眺める機会も増えそうです(?)



今まで怠けていた分

夕方になる頃には

脳みそが沸騰寸前に。



予想以上に

色んなコト覚えられてませんでした~(苦笑)

8月の試験までは

野球生観戦絶ちしようか・・・と

つい、心を入れ替えたくなるくらい。

大人の皆さん、どうやって勉強してるんでしょうね?

24時間のなかで

時間をつくるとしたら、

早起きしかないかなぁ~

と、頭では分かっているものの

日頃の自分のあまりの目覚めの悪さには

どうにもこうにも、あきれるばかり 。

さて

写真のワインは

【 カルシュタッター・シュタインナッカー・フクセルレーベ 】

ぶどうの優しげなラベルが印象的な、

ドイツの甘口白ワインです。

ぶどうは、フクセルレーベ100%。

初めて聞く名前でした!

とろりとしたコクのある甘さ、

効く~~。

脳みそを使ったあとは

甘いものが恋しくなりますから

ちょうど、心地いいです。

疲れに効く、優しい白なのでした!



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ボールは友だち!の後は・・・

日本がギリシャと引き分けた夜、

サッカー好きの友人のお誘いで

上野の森美術館の「キャプテン翼展」に行ってきました。

サッカーの事はわかりませんが

翼くんのマンガは好きなので

「挑戦状ボール」とか「若林くんの帽子」などの

実写版オンパレードにテンション上がります!

グッズも買って、楽しんだ後は

近くにあるイタリアンへ。

OTTIMO Seafood garden 上野の森さくらテラス店

上野らしからぬ、オシャレな雰囲気!

まずはボトルの白から。




【 ヴァル セレーナ ビアンコ 】

トレッビアーノ 90%、シャルドネ10%

レモン水みたいな、すっきりさわやかな味。

軽くて飲みやすい白、

あっという間に一本あいてしまう。

もういっちょ、グラスで

ソアヴェ・クラシコ。



シトラスのような、ドライな辛口!でした。



上野といえば

アメ横や大衆居酒屋のイメージで

オシャレ、なんて枕詞とは

程遠い印象でしたが

駅前はだいぶイメージが変わったんですね。

近くに住んでるのに、知らなかった。

おやじ居酒屋も、おしゃれなのもどっちも大好きですけどね!

上野の森さくらテラス には

目新しいお店がたくさん入っていて

はじから攻めてみたい!と思わせる

ステキスポットだったのでした~




テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

大人の強引暗記法

今日は勉強ネタで。

ワインエキスパートの試験まで

2ヶ月を切り

フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、ポルトガルを経て

試験範囲はまだまだ広がる予定です。

脳みそがキャパ超えを起こしている今日この頃、

手こずってるのが、ドイツ。




まずは地図上の位置関係をおぼえたいのですが

なかなか頭に入ってこない…

そんな時、ダンナくんが言いました。

「ライン河に沿ってセンター、ピッチャー、キャッチャーの位置で並んでるのが

『ライン三兄弟』だよ」

…なぬ。

名前にラインのつく3つの土地=ライン三兄弟

・ミッテルライン
・ラインガウ
・ラインヘッセン

が、

センター秋山 → ピッチャー牧田(イメージ) → キャッチャー銀仁朗

の順で

並んでるって??


地図をみると、

Google - ドイツ地図 - ドイツ地図と旅行に出かけよう。ドイツ旅行をそそるサイト

なるほど、確かに・・・

そこから一気にドイツに親しみがわき、調子にのって

・ナーエ → サードおかわりくん
・ヘシッシェ・ベルクシュトラーセ → ファーストメヒア
・ファルツ → ベンチ 田辺カントク


と、強引にライオンズの布陣に置き換えてみたところ

あら不思議、あんだけ手こずってたドイツが、

すんなり頭の中に入って来たのです。

ダンナくん、ナイスアドバイス!


単に私の頭がついていけてないだけかも知れませんが

大人になってからの勉強は

力わざの暗記、正攻法が効かなくなってるのを感じます。

そんなとき強引に自分の趣味の世界に引っぱってくる超自己流イメージ法、

なかなかいいかもです。

記憶って理屈じゃないんですね(笑)


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

お祭り気分で。

週明け月曜から、

風邪でもないのに珍しく、

連続して休肝日をつくりました。

やればできる。

「炭酸水+レモン果汁」

の組み合わせが

なかなか美味しくて

ややもするとお酒なしで何日も過ごせてしまいそうでした。

夏場にかけてお世話になりそうです。

さて。



【 ラ・フォンダ・カベルネ・ソーヴィニヨン/カルメネール 】

ワイン名の『ラ・フォンダ』とは

チリの独立記念日に催されるお祭りの会場のことなんだそうです。

ラベルに描かれているのは

歌って踊って、 ワインを飲んで陽気に楽しむ人々。

休肝日明けにぴったりの、

何やら、楽しげな一本!

カベルネソーヴィニヨンと、カルメネールのブレンド。

渋みはそんなに強くないです。

色の濃いベリー系果実の風味と、

ちょっとだけ鼻につんとくるスパイシーな香り。

あと、カレーに入れる隠し味程度の

コーヒーっぽいほろ苦さも感じました。







今日のワインはこちら!



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

夏場の休肝日モンダイ



ふと思いたち、

今週は二日連続休肝日にすることにしました。

ですが、この暑さ。

暑さのせいにして飲みたくなるのが

よっぱらいのサガでして。

普通の水じゃ身体が納得してくれず

どうやって気を紛らすか、

ない知恵しぼって考えます。

こういう時、ノンアルのチューハイなど飲んでしまうと

物足りなくなって結局本物のチューハイに手をだすはめになるので

微妙な心理、チョイスはなかなか難しいのです。


今回買ってみたのは、炭酸水。

糖分の入ってない、

まっさらなソーダです。


シュワシュワとのどに刺激がきて

サワーを飲んでるみたいな

錯覚がありました。

のどごしスッキリで、なかなかいい感じ。


これで夏場の休肝日を乗りきれるか

今日も二日目のチャレンジをしたいとおもいます。





テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

青、受難の日

日本代表、負けちゃいました・・・

残念。

西武ドームに向かう電車の中で知りました。

先制した~なんて喜んでたら

いつの間にか2点取られ

願いむなしく試合終了。


日本代表は負けたけど

西武ドームの青軍団はがんばってくれ~~!!

なんておもってたら

こちらもあえなく終了・・・


・・・チーン・・・


今年は今のところ、観戦試合、全敗。

どうしたものか。

まー切り替えていくしかないですねぇ。

さて



【 シャトー モンペラ ルージュ】

頂きものの一本。

紫がかったルビー色。

渋みは控えめですが

どことなくスパイシーな香りも・・・

デキャンタに入れて

しばらく置いたほうが

よりまろやかで、紫色の果実の感じが増してきます。

置けばおくほど

美味しくなる

そんな印象でしょうか。

神の雫にも取り上げられてます。






今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

景気づけ。


日本代表、いよいよ試合開始。

がんばってほしいですね。


そんな中、

別の青いチームの応援に、

西武ドームに出発です。

こっちも5連勝かけて

がんばってほしい!!!

さて

デーゲームに合わせ

ゆうべは実家に前泊。

和食に合う!ってポップを頼りに

近所のスーパーで、コレを。







【マルキ・ド・シャス ブラン】

ボルドーの白。

ソーヴィニヨン・ブランと

セミヨンのブレンドです。

1000円位。

ふんわり華やかな香りと

ドライできりっとした後味でした。

実家にワイングラスがなく

細ーいグラスで飲んだのですが

広いグラスにしたらもっと美味しく飲めそうな気がしました。

次に帰るときは

グラスを買ってこう。

そんな事を考えてたら

日本、先制です!






今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ビールじゃない時



お風呂上がりに

クイッと炭酸飲んでスカッとしたいけれど

ビールじゃない

そんな時

ちょうどいいのがスパークリングワイン


【ディボン カヴァ ブリュット リザーブ】

ちょっと飲みたいだけの時に開けてしまうと

当然ながら気が抜けてしまう

なので一人のときは手がだしにくいですが…

スッキリ微発泡が恋しくて

つい、開けてしまいました


手がすべって

ボン!と勢いよくコルクを抜いたもので

泡が出る出る…

やっちまった~~!



ぷは。とアンニュイなため息みたいに

そーっと優しく開けるのが

鉄則なのですが

泡だらけのグラスの、勢いはなかなかおさまらず

しばし待機。

飲みたい気持ちがはやっても

ご注意あれ。


ちょっとだけ飲みたかったので

残りは

強力に栓をして

冷蔵庫行き。

次の時まで

気が抜けてませんように。



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

しばしお待ちを。



これまた2回目の登場。

【井筒ワイン NACS マスカット・ベリーA】

前回は開けたてをすぐ飲んだので

味が閉じてたのかもしれません。

コルクを抜いて

しばらく置いといたら

前回みたいなヨーグルト飴っぽい第一印象はなく

果実の味が開いて、グイグイ前にでてきました。

サクランボみたいな、酸味のある赤いフルーツ。

同じワインでも

空気にふれさせただけでこうも味わいが変わるのかと

驚きです!

ワインによっても違うんでしょうが

この子は開けてしばらく放置(?)しといたほうが

美味しくなる派だとおもいます。





















テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ぱっと浮かんだ3本

2000円以内で、美味しいワインは?と聞かれ

ぱっと頭に浮かんだのがこの3本

他にもあったと思うんですが

よほど印象に残ってたんでしょう



【トーレス アトリウム】

スペインのトーレス。

去年の冬に出会いました。

ラベルはモーツァルト「魔笛」の楽譜デザイン。

2000円を少し超えますが

ネットでは安く手に入るかも?





【ヴィラ・プッチーニ キャンティ スペリオーレ】

イタリア・トスカーナの赤。

最近飲んで印象に残ってました。

サンジョベーゼとカナイオーロのブレンド。

1300円位です。




【ディーエー ピノ・ノワール】

1200円位で、ジューシーでとても美味しかったピノ・ノワール。

近所の酒屋さんで、さんざん迷った挙げ句に買い、

当たりだった記憶があります。

これ、またリピートしたいなぁ。


ブログには書きとめているものの

日がたつと忘れてしまう事も多いので

こうして、

これまで飲んだワインをたまに振り返ってみるのも

楽しいもんです。


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

掘り出しモノっぽさ。



2度目の登場

【モメサン メルロー】

リピートするってことは

それだけ

出会う確率が高い

その辺で売ってる

身近なプチプラワインということ。

1000円以下ですが

帯に『英国王室御用達』 なんて書いてあると

掘り出しもんぽくて

そんじゃ買ってみようか、なんて気にさせられちゃうんですよね。

ダークチェリーを煮詰めて作ったジャムのような

酸味と甘み。

数人で集まる時に持ってると

重宝しそうです。

実際、法事の後の二次会の

オッサンから子どもまでが集結する、

英国王室とか、もうどーでもいいような(笑)

カオスな空気の中で開けたのですが

誰も文句いってなかったし

結構のみやすかったんじゃないかな。





テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ドライな辛口、エスト!エスト!!エスト!!!


【エスト!エスト!エスト!ディ・モンティフィアスコーネ】

法事の後の 二次会(?)にて。

ダンナの妹ちゃんが買ってきてくれました。

すっきりさっぱり、ドライな飲み口の、夏にぴったりのワイン。

きりっと冷やして飲むのが合ってます。

ブドウは

トレッビアーノ かな?

去年飲んだときは

・白桃のような味

・甘~い

なんて書いてますが、今回のは

   「キリッ!!」

とした、ドライで辛口な印象でした。

夏に似合います。




テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

普通。の良さ


今回もカメラ泣かせの黒系ラベル

イタリアワインってラベルにこだわりないのか

地味~なのが多い気がするんですが

気のせいですかね・・・




【 イソラ・ディ・ヌラーギ サンテス ロッソ 】

アメリカンチェリーのような赤系果実の香りと

ほんのりスパイシーさも。

渋みは少なく、なめらか。

若い、はつらつとした、軽めなワインです。

モンテプルチアーノ
シラー
サンジョヴェーゼ
カリニャーノ

いろんな品種のブレンドでした。

これといった特徴は感じませんが

クセなく、普通で、飲みやすいとおもいます。

イタリアワインの印象は

ラベルが地味でも

飲んでみるとダイナマイトバディ、

脱いだらすごいんです!!なイメージなんですが

この子は

脱いでも普通・・・な庶民派

そのまんまな感じです


でもレストランで

ハウスワイン出てきたら

「普通に」美味しいとおもいますよ~




今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

上昇を願って。

ゆうべは雨のなか、

東京ドームの交流戦へ。

オレンジじゃないほうの、

チームの応援です。

オレンジで埋めつくされたスタンドの、

ごくごく端っこ、

狭ーいビジター応援席へ。



結果は、

負けました…


負けは悔しいですが


コアなファンの皆さんしか居ない応援席、

すんごく楽しかったです。


さて

2回目の登場ですが



ゲンかつぎをしたいときに

思い浮かぶのがこのワイン。

チャリオット。

タロットカードの戦車。

勝利という名の一本です。

(前回も観戦にからめて書いてましたね…)



西武ライオンズ、

色々ありましたが

チームが上向きになってくれることを願って。




テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

女性が選ぶ『鍵ワイン』

昨日は飲みに行きまして

今日は休肝日。

大人しく白湯をすすってます。

こんな日は

前に飲んだワインのことを。

鍵ラベルが可愛い。

南アフリカのカベルネです(意外?)




【 ノーブルヒル カベルネ・ソーヴィニヨン 】

ノーブルヒルは、1674年に設立された、由緒ある蔵だそうです。

日本では江戸時代!

南アフリカにそんな歴史あるワイン蔵があったなんて

知らなかった!びっくりです

ブラックベリーなど濃い目の果実の香り。

ほんの~りと、チョコのような甘い香りもしました。

濃厚でジューシィ。

カリフォルニアの赤かと思ったら、南アだったのでした。

女性だけによるワインコンクール

『サクラアワード』 を受賞してるそうです。

こんなこと書いてたら

休肝日なのにのみたくなってしまう。

そこは、ぐっとこらえて。




今日のワインはこちら!  おや、鍵の数がふえている。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

大人のピノノワール



【ラフォーレ ブルゴーニュ ピノ・ノワール】

さくらんぼみたいな

赤い果実の酸味

ですが

果実味が前に来る訳ではなく

抑制がきいてるというか、上品な感じ。

わかりやすくなく、複雑な味。

スキなひとはスキかもしれません!

個人的には

果実果実してるほうが

好みですね~

味覚がお子ちゃまなんですかねぇ(^_^;)




今日のワインはこちら!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

イタリアワイン覚え書き・赤


昨日にひきつづき、イタリアワインの覚え書き。

週末、イタリアワインの会で飲んだワインを

ラベルを頼りにメモっときます。



【バルバレスコ クッラ DOCG ’07】

ネッビオーロ。

ネッビオーロといえば、「色のわりに渋い」イメージがありますが

この子もまさにそう。

渋みが、ガシガシ来ます。


お次は


【キアンティ・クラッシコ DOCG ’11】

こちらはサンジョベーゼ。

ネッビオーロに比べ渋みはなく、

サクランボみたいな、赤系果実の酸味がきます。

こちらは


【ドン・アントニオ・ネロ・ダーヴォラ  モルガンテ 】

シチリアの赤、ネロ・ダーヴォラ。

濃いめの果実な感じです。

前に飲んだ、 この子と同じぶどうなのに、まったく違う味わいでした。

前回のは割となめらかな印象でしたが

今回のはより、ワイルド感漂ってます。


お料理はこんな感じ



リゾットに


炭火焼き盛り合わせ。

などなど。


『試験に役立つ』 と銘打った

イタリアワインの会


試験に役立つかは別として(?)

料理もワインも美味ぞろい!

でした~

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

イタリアワイン覚え書き・白

ワインエキスパートの勉強が

フランスから

イタリアに移り

怒涛のカタカナ攻勢に脳みそがキャパ超えを起こしはじめた今日この頃です。


都内某所にて

同じクラスの仲間と

師匠主催の、イタリアワインをしこたま飲む会に行ってきました。



ブラインドで品種をあてる・・・のが主旨でありながら

気づいたら単純においしく飲んでました(^_^;)

忘れないうちに

ラベルを頼りにメモっときます。

まずは白から!

トップバッターはこちら

【プロセッコ DOC トレヴィーゾ ブリュット】
プロセッコ。
りんごのような、爽やかな酸味の泡でした!


【ピニョレット クラッシコ DOCG コッリ ボロネージ】

ドライな、キレッキレの白。



【レチット ロエロ アルネイス 2013 モンキエロ カルボーネ 】

元気のでるオレンジラベル。
キリッと爽やかながら、コクがあって奥ゆきのある白!

ほかにも飲んだ気がしますが

気分良く飲んで忘れてしまいました。

イタリアの郷土料理にあわせ

ソムリエさんによる

土着品種中心のセレクト!

次は
赤、行きます。



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

夏ラベル!さっぱりシャルドネ


昨日に引き続き

今日の都内もほぼ真夏の暑さ

夕方から干した洗濯物も

乾いてしまうという日差し力!

今日は

数日前にいただいた

夏っぽいラベルのこの子



【 ラフォーレ ブルゴーニュ シャルドネ 】

冷蔵庫で数日冷やしてたもんで

キンキンに冷えてます。

グラスに注ぎたては

味がつかめない感じ

ほんのりたる香と

柑橘めいた味は感じました

少し温度が上がってくると

味がじわじわつかめてきます

レモンやライムのフレッシュさと

花のような甘ーい香り。

後味はすっきりさっぱり。

全体としては

押しの強くない

お上品な印象でした。

軽めの魚料理などに合いそうです。

個人的には

もうちょい

ガツン!とくる味のほうが好きですが

白と黄色の、シンプルで可愛いラベルは

明るくて気に入ってます。







今日のワインはこちら!



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
日々のごはんのお供、お手頃
プチプラワインやお酒について書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR