下町イタリアン


更新止まってましたが、生きてます!

10年半勤めた会社を退職することになり、

6月末が最終出勤日でした。

有給消化中なのでまだしばらく籍はありますが、

事実上のニート状態 笑

いちおう、お祝い(何の?)というか、お疲れさまってことで

だんな氏と近所のイタリアンに行ってきました。






ワインのメニューはイタリアワイン中心。

ボトルを白にするか赤にするかでしばらく迷い、

メニューを聞いたうえで、白にしました。

ペコリーノ!

だいすきな品種。

頼んでみて正解でした。

はちみつ感たっぷり!

サラダにも軽めのお肉にも合う、味わい深い白。



次は、グラスで。




だんな氏は、赤。モンプルだったかな?

ブーツ型のイタリアのふくらはぎ部分、モリーゼ州の赤。

私は、自然派の白。

オレンジワインみたいな色でした。

何種類ものハーブがブレンドされたみたいな、複雑な味わい。

意外にお肉にも合う。

クセになる味。

食べに夢中でお料理の写真が残ってない。

コース料理で、

スープもパスタもお肉もデザートも全部おいしくて、

およそ3時間位の間に、2日分くらいカロリーを摂取した気がします 笑


ここは、おすすめ。

特別な時にまた来たいです。




今回のお店はこちら!

ブラカリ



関連ランキング:イタリアン | 浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅









スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

エノテカで大人な夜。



酒豪の友人と、銀座にて。

彼女のお誕生日祝いもかねて、エノテカ。

ワイン1本つきのコースにしました。

白・赤・泡それぞれ3種類ずつから選べます。

写真向かって左の、イタリアの赤にしました。

サンジョベーゼ。

赤系の、熟したような果実味がたっぷり。

渋みはマイルド。

おいしかったです。


おしゃべりに夢中になるうち、いつのまにか一本空いていて。

一本で済むはずもなく、店舗のワインを買って持ち込みました。
(平日11:00~19:00は持ち込み代無料。それ以外だと1,000円プラスだそうです)

クローズ・エルミタージュ・ルージュ が飲みたかったのですが、売り切れ。

それに近いものを選んでもらいました。

写真右、鳥ラベルのワイン。

同じクローズ・エルミタージュのシラーです。

近い土地で作っているので、造りが似てるんだそうで。

飲みたかったワインそのものではなかったですが、

求めていたスパイシーさがありました!

黒コショウ感!

満足です。

ずーっと話していて、写真をとるヒマがなく、

最後にボトルだけ記念写真。


ワイン付きのセット、よかった!

4,320円でお料理も美味しい!

雰囲気も大人な感じで、落ち着いて過ごせるのがよかった。

また来よう。






今日のワインその1 サンジョベーゼ。



今日のワインその2 シラー。写真なし。






今回のお店はこちら!

エノテカ・ミレ 銀座店



関連ランキング:カフェ | 銀座駅東銀座駅有楽町駅







テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

ポテトが絶品!イタリアンバル

無性にフライドポテトが食べたくなって、

ポテト好きの友人おすすめのお店に行ってきました。

・Babelico(バベーリコ)八重洲

まずはこぼれスパークリングで乾杯!




注いでる写真を撮ってたら多めに入れてくれました!感謝。




ローストビーフのお寿司に、フライドポテトに、アヒージョ。

ワインはいちばんお手頃なチリのソーヴィニヨン・ブランにしました。


さて、ポテト。

ポテト好きがおすすめするだけあり、

うまーー!!

塩加減が絶妙。

チーズのような味もほんのり。

おかわりして二皿ペロリと食べました。

高カロリー万歳。

ポテト以外のお料理ももちろん美味しかったです。

Babelico(バベーリコ)はイタリア語で「騒がしい」の意味だそうで。

宴会のお客さんも入れ替わりですぐに入ってきて、人気店なのかな。

その名の通り、気取らずワイワイ楽しめる雰囲気のイタリアンバルでした。





今回のお店はこちら!
Babelico(バベーリコ)八重洲
Babelico(バベーリコ)八重洲
ジャンル:京橋の大人のレストラン
アクセス:地下鉄銀座線京橋駅 7番出口 徒歩1分
住所:〒104-0031 東京都中央区京橋1-4-14 B1・1F(地図
ネット予約:Babelico(バベーリコ)八重洲のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 東京駅(八重洲)×イタリアン(イタリア料理)
情報掲載日:2018年4月14日

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

遠藤利三郎商店。

押上の「遠藤利三郎商店」に行ってきました。

ずっと行きたいと思いながらなかなか実現しなかったお店です。

嬉しくて写真どころじゃなかったので、いきなりワインから。




【 ドメーヌ・ド・ラ・ジャナス テール・ド・ブシエール 】

ローヌの赤。

メルロー、カベルネ、グルナッシュ。

赤や黒の果実味がたっぷり。それを、グッと引き締めるタンニン。

重たくなりすぎず、かといって軽くない、バランスが絶妙。

あぁぁぁ旨い。うまいわー。

牛肉のローストと一緒に。

重たすぎない肉料理にぴったり。

じっくり味わいながら飲みました。

このワイン、普通に買うと2000円台前半。

とってもお得感あり。

折角利三郎さんに行ったのに、飲むのと食べるのに夢中で、

店内やお料理の写真がほとんど残ってない。なんてこった!

写真を取る間もないほど、おいしかったってことで。

いい事があった日に行きたくなるようなお店でした。


グラスワインを選ぶときの店員さんのアドバイスもずばり的確。

こんな風におすすめ出来るようになりたいわ。

なーんてうらやましく思いながら飲んでました。





今回のお店はこちら!
遠藤利三郎商店 押上
遠藤利三郎商店 押上
ジャンル:押上の本格ワインバー
アクセス:京成押上線押上(スカイツリー前)駅 A1番出口 徒歩5分
住所:〒131-0045 東京都墨田区押上1-33-3 1F(地図
ネット予約:遠藤利三郎商店 押上のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 押上×ワイン
情報掲載日:2018年4月9日




今日のワインも。




テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

いきなり!デビュー

前々から気になってた、

「いきなり!ステーキ」に行ってきました。

ワイン持ち込み1000円也。

スペインの赤持参です。


注文システムがわからず、店員さんに促されるまま、

最初に肉をオーダー。

肉の種類とグラムの選択を迫られます。




肉200グラムがどれくらいのもんなのか見当がつかず、

とりあえずヒレステーキを200gに、

だんな氏の要望により「ワイルドハンバーグ」を注文。

ステーキ屋に来たのにハンバーグかよ!と

だんな氏のチョイスに賛同しかねていましたが、

騙されたとおもって食べてみたら、

このハンバーグがめっちゃうま!!でした。

外側がカリッカリで中がジューシィ。

持ち込みのワインは、
【 ヴェンタ・レアル グラン・レゼルバ 2000 】

ワインの重みと甘みが、肉のボリュームに合う!!

みるみるボトルが減っていきました。

ヒレステーキももちろんおいしかったですが、

気付けばハンバーグばかり食べていた。


ひとりで来ているお客さんも結構いて、

ここならば入りやすいな~とおもいました。

肉でパワーをつけたいとか、

気合を入れたいときにはいいかも!



トッピング用にタバスコや辛子なんかも置いてましたが、

きっとこれは上級者用なのかな・・・

慣れてくると色んなトッピングで楽しめるのかもしれません。


ワインの持ち込み代ふくめて、二人合わせて5000円以内。

お腹もいっぱいになり、ワインも楽しめる。

初めてのいきなり!ステーキ飲み、イイもんでした。






テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
お手頃ワインやお酒についてのあれこれを書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR