脱いだらスゴい?ピノ



【 ベッカー シュペートブルグンダー 】

シュペートブルグンダー。

早い話が、ピノ・ノワール。

軽めを連想させる明るいお色味でしたが、

想像を裏切る、

しっかりとした骨太感ある赤!

脱いだらスゴイ!的な・・・

スパイシーな肉にもまけてなかったです。


5人であけて、グラス一杯ずつの分けまえ。

飲んだのは少ーしでしたが、

意外性のインパクトはありました。

これ、いつかじっくり飲んでみたいです。




今日のワインはこちら!



スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ちょい甘ブルーボトル


実家なう、です。

朝5時起きで車で秩父に出かけ

三峯神社やダムに行ったり

圧倒的な山の景色のなかで過ごしました。

東京なんて別世界。

あーー落ち着くわ。


さて、実家で飲んだワイン。

母がコルクをうまく開けられないので

スクリューキャップにしました。



【 セント・ミハエル リースリング 】

ほんのり甘い、ドイツのリースリング。

甘いですが酸はしっかり、です。

はちみつレモンぽい。

アルコールも10%と低めなので、

ジュースみたいにすいすい飲めてしまいます。


反動で、パンチのきいた赤がほしくなりますな・・・


青いボトルがきれいなので、

飲んだ後は水を入れて冷やしておいてもお洒落!





今日のワインはこちら!




テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

成人の日にちなんで。


三連休最終日の今日は、成人の日でした。

成人式だなんて・・・何年前というより、もはや回数で数えたほうがはやい域に達してしまいました。

私が二十歳の頃は大学生で、勉強まったくしない、痛いおバカさんだったんですけれど、

(そのおかげで就職活動がエッライ大変でした・・・)

最近の若い皆さん、とてもしっかりしていて、頼もしい限りです。


さて、成人の日にちなんで、「聖人」ラベル・・・ちょっと苦しいですが(笑)

ドイツ・トリアーのリースリングです。

地図は・・・このへんか。
Google - ラインラント=プファルツ州地図 - ラインラント=プファルツ州地図と旅行に出かけよう。ラインラント=プファルツ州旅行をそそるサイト




【 ピースポーター ゴルトトレプフェン リースリング 】

だいぶ前に、既にほろよいの状態であけて、

目の覚めるような酸味だったのを覚えてます。

そして、甘い。

酸味と甘みが効いてました。

甘いのは普段ほとんど飲まないんですが、

たまに飲むとウマー!って思います。

口の中の味がガラリと変わるので、印象に残りやすい。


裏はこんな感じ


ラベルの絵は、巡礼者のシンボル、聖ヤコブさんだそうです。

なんだか、タロットの絵みたい。

シンプルで、こういうの好きです。

ラベルデザインも含め、色んな歴史的な背景をもつワインのようですが、

詳しくはココを見てね!

ワインの収益は病院や養老院などの運営に充てられるんだとか。

美味しく酔って、いいことした気分にもなれる、

お得な?ワインです。



今日のワインはこちら!「聖人」ラベル。


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

解禁


試験終了後、好きなのになんとなく距離をおいていたワイン

そろそろいいか・・・って気持ちが出てきまして

解禁(べつに誰も禁じてないけど・・・)初日はこの子です。



【 ハイトリンガー レッド 2011 】

赤いラベルが可愛くて、ニューワールド系かい?と思いきや

「ドイツ」

でした。なんだか意外です。

ダークチェリー系の、酸味があって軽やかな飲み口です。

さらりと飲めてしまいます。




ハイトリンガー というワイナリーは

伝統的なドイツワインとは一線を画し

スタイリッシュなワイン造りで注目されてるんだとか。

たしかに、全体的に軽やかでオサレな印象です。

ドイツ~!!って感じじゃないですねぇ。



今日のワインは・・・赤はまだネットで出回ってないみたいなので、同じシリーズの、白のせときました。

ハイトリンガー・ホワイト [2012] Heitlinger White

ハイトリンガー・ホワイト [2012] Heitlinger White
価格:1,814円(税込、送料別)







テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

黄金の雫

ワインスクールの打ち上げを兼ね

模擬試験の前日に数人で飲みに行きました。

2軒めに入ったお店で

頼んだのがコチラ!



【 ピースポーター ゴルトトレプフェン リースリング 】

結構酔ってたけど写真は撮ってたみたい。

甘みと酸味がほどよく効いた、目の覚めるような味でした。

家に帰ってググってみたら

このワインを造ってるのはドイツ・トリアーの「慈善連合協会」なんだとか。

ワインの収益が病院や養老院などの運営に充てられるそうです。

へ~~。

なんだか、いいことした気分。

ラベルの絵は

連合協会のシンボルで

聖ヤコブス病院の守護聖人でもある、聖ヤコブさん。

タロットの「隠者」の絵のひとかな?とおもったら、違いました。


試験範囲的には苦手意識を持っているドイツワインですが

こういうちょっとしたエピソードを知ったり

実際に手にとって味わったりすると

だんだん心の距離が縮まっていきそうな気がします(希望的観測)。




さて

飲んだ翌日の模試は、アワアワ・・・な結果でございました。

いい加減、暗記中心の勉強には飽きがきて

もっとじっくり楽しく学びたいなぁなんて思いますが

残り2週間

めげずに

乗り切ります~トホホ。








テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
お手頃ワインやお酒についてのあれこれを書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR