木つながり。


最近、映画づいていて、

今日は話題の「パッセンジャーズ」をみに行ってきました。


宇宙船内が舞台の、スケール感あるラブストーリーで

おもしろかったです。

ネタばれはしません!

なんとなく感動的なつくりに仕上がってるのは主役のステキな2人ありきで、

主人公の男性がヘンなひとだったら成立しない話だとおもいました・・・

男性と女性で、見かたが分かれるかも??





【 ルート・ワン・カルメネール 】

さてさて、映画の中に印象的に登場した「木」。

木つながりで思い浮かべたワインです。

ルートワンとは、

接ぎ木していない純粋なぶどうの木から造りましたって意味なんだとか。

ずいぶん前に飲んだワインですが、当時のメモには

「土っぽい香りに、ブルーベリーのような紫系果実感。

渋みが少なく、なめらかな口当たり。

ほどよく酸味があって、ジューシー」 と。

雑誌「ワイン王国」で五つ星をとったこともあるそうです。



映画の中で、主役のふたりが赤ワインを飲むシーンがありました。

何飲んでるのかな~と思ってついつい検索しましたが、見つからず。

このワインではないとおもいますが 笑

想像がひろがります。







今日のワインはこちら!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルートワン カルメネール 750ml
価格:1077円(税込、送料別) (2017/4/10時点)






スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ラ・ラ・ランド

映画「ラ・ラ・ランド」をみてきました!

(ネタばれなしです)




【 ロ・タンゴ マルベック 】



夢を追いかける二人の、楽しくも切ないラブストーリー。

巡り合わせの妙。

色彩、ダンス、音楽、ファッション・・・

素晴らしいもんをみせてもらいました。

最後の最後まで、切ない!!

この作品をつくるのにどれだけのひとが関わり、

どれだけトレーニングを積んだのかと想像しただけで泣けてくる・・・

もう一度みたくなりました。


さてさて、写真のワイン、ロ・タンゴ。

ちょうど1年前に飲んだものです。

タンゴを踊る男女の足元がジャケ写。

ダンスつながりってことで、

ラ・ラ・ランドのイメージで選んでみました!

当時のメモによれば

「渋みはそこそこ、クセのない柔らかな味わいで

飲み疲れがしない。

ラベルの雰囲気同様、エレガントなマルベック」

・・・だそうです!






今日のワインはこちら!













テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

3月のライオン



「3月のライオン」の映画をみてきました。

羽海野チカさんの原作マンガのファンでして、

観るまえは実写版どーなんだろ???と、

期待と少しの不安が入りまじってましたが、

フタをあけてみれば2時間20分、集中しっぱなし。

キャストは大体イメージに近いかんじ。
(一部、ちょっと作りこみすぎでは?ってところもありましたが…笑)

伊藤英明さんの貫禄と、

清原果耶さんが想像以上に役に合ってたのが印象的でした。

来月公開の後編も楽しみです。


さて、3月のライオンにちなんで、

写真は【 ライオン・クリーク シュナンブラン&ソーヴィニヨン・ブラン 】。

南アフリカの白。

シュナン・ブランとソーヴィニヨン・ブランのブレンドです。

トロピカルフルーツのような濃厚なあまい香りに、

意外にスッキリさっぱりな後味が印象的でした。

ライオンつながりで、

ライオン・クリークの意味をしらべてみたけれど、

よくわかりませんでした。地名かな。



今日のワインはこちら!






テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ニュー・シネマ・パラダイス



【キャンティ フィアスコボトル】 ※2回目の登場


台風接近、暴風雨注意!てな事で

外に出られないのを予想し

普段根気がなくて観ないような長い映画を借りてきました。


ニュー・シネマ・パラダイス。

たっぷり3時間!

普段、100分以上の映画に及び腰な

集中力のないワタクシに

この長い尺が耐えられるんでしょうか(´Д`)


さて

お話の舞台はイタリア・シチリア島。

映画館に集まる大勢の観客を描いたシーンに

見覚えのある藁のボトルが一瞬、映った気がしました。


記憶が正しければ

ワイルドにもラッパ飲みしてるおじさんがいたんです、

このフィアスコボトルを。



キャンティといえば

イタリア中部、トスカーナを代表する赤。


長靴の先端部分の島、シチリアとはだいぶ離れてますが

何らかのルートで出回ってたのかなぁ?

当時の流通事情が気になるところです。


この映画は学生の頃、一度観ましたが

もっと短かい尺だったような記憶です。

忘れてる部分も多く

新鮮な気持ちで観ることができました。


途中、睡眠を挟みながらも(すいません)

ラストを迎えたとき

キスシーンが来るぞ来るぞって解ってるのに

勝手に涙が流れてきました。


昔とは違う解釈で、グッと来た気がします。



台風はまだ来ていないのに

映画、観終わっちゃいました・・・


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
日々のごはんのお供、お手頃
プチプラワインやお酒について書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR