ゆる化。



飲んだワインのことを中心に、よっぱらいのたわごとをほぼ毎日、

頼まれたわけでもないのに身体をはって?更新していたこのブログですが、

いい年なんでさすがに体力的にきつくなってきまして、

これからは飲んだときだけ書くペースに変えたいとおもいます。

とはいえ、結構飲んでるので 笑

ちょいちょい更新することになるでしょうが・・・


今よりもゆる~いペースとなりますが

気の向くままにお付き合いいただけたらうれしいです。











スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ふらり赤羽

赤羽初上陸。

お酒好きの間で何かと話題の赤羽。

乗り換えでしか利用したことがなく、

ずっと気になっていましたが、たまたま、降りる機会がありました。



OK横丁!

この奥に、カオスな飲み屋街が広がっている・・・

浅草の地下街とホッピー通りをかき集めて密集させたようなかんじ??

せまい空間で飲んで食べてしゃべる人・人・人。

肉を焼く煙がモクモク。

よっぱらいのエネルギーが路地に充満してました。



ダンナ氏おすすめの居酒屋に行こうとしたら、すでに満席。

土曜の夜はどこもいっぱいで、

ぐるぐる歩きまわった後、

喧騒のはずれの焼鳥屋さんにはいりました。

チェーン店のようだったけど、まぁいいや。



黒ビールにタレのやきとり!

もう言葉はいらない!

ウマーー。


今回は滞在時間1時間ほど。

すでに夜遅く、ハシゴする時間がありませんでしたが

また来ることがあったなら、

地元のディープな居酒屋にもはいってみたいです。

「ここが噂の赤羽か!」

空気感だけふらりと味わった、土曜の夜でした。




テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

というのは言い訳



今日も昨日に続き、休肝日にしようとおもっていたのですが

夜みてたドラマがあまりに濃すぎて、喉が乾いたので

やむにやまれず一杯。


あぁ、これもまた 体のよい言い訳・・・。

さて、ホワイトベルグ。

口当たりよく、軽めな飲み口。

どこか人工的なフルーティー加減。。

気兼ねなく飲めるカジュアルさがいいかんじ。


「あなたのことはそれほど」って

いくえみ稜さん原作マンガの実写化。

いくえみ稜さんのマンガは好きでも、コレだけは受け付けなかったんですが

ドラマ版は別モノとしておもしろいです。

東出くんの壊れっぷりがもっとみたい・・・

見てて喉が乾くけれど、なんかクセになる 笑





今日のワインはこちら!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サッポロ ホワイトベルグ 350ml 缶 350ML × 24缶
価格:2767円(税込、送料無料) (2017/5/10時点)







テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

カラフルな世界へ



GWはこれといって予定はないのですが、

どこにも行かないかわりに前々から興味のあった

「お買いもの同行」をしてもらいました。

ここ最近、年齢のせいか、今まで着ていた服がしっくりこなくなってきて、

一体どんな服を買えばよいのか見当がつかなくなっていたのです。

仕事ではジャケット着用なので、

黒・紺・グレー、白などほぼ制服のようなローテーション。

もっと明るい色の服を着たら、と

知り合いの元アパレル店長さんに言われ、

それならば・・・ということで服選びもお願いしてみました。

柄物が一枚もない・・・と言ったらば、

選んでくれるのが全部柄物、カラフルな色使いのものばかり。

手にしたときはちょっと派手かなぁとおもっても

試着してみるとかえって顔が明るく見えたりして、

時間がたつにつれこちらもテンションが上がってきました。


ひとに服を選んでもらうって初めてで、

自分ではまず手に取らないようなものばかりで

え、そう来ちゃうの?って驚きが新鮮でたのしかったです。

柄物の洗礼をうけ、クローゼットのなかがだいぶカラフルになりました。

色んなお店をまわって、試着しまくった後は、

まるで泳いだ後のような心地よい疲れ。

何着ていいかわからない問題に解決の糸口がみえました。



帰りにビールを一杯だけ。

気分もすっきり、のどごし爽快でした!















テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

鬼門へ。


これは、いつか飲んだワインでおぼえてない・・・

たぶん赤坂のTAKEWAKAで飲んだものかとおもいます。



ボバル。

スペインの土着品種、ボバル100%です。

当時のメモによれば、重めの赤系ベリーな果実感。

力強くもあるかんじ。

何かの間違いか、裏のラベルに

「スパークリングワイン」と書いてあり、

泡じゃないのにレアものだったようです。



さいきんは家飲み率がたかいですが、

明日はめずらしく遠征。

わたしにとって「鬼門」の、新宿です。

中央線の乗り継ぎが生命線。

寝過ごして起きたら八王子だった、ってトラウマも記憶に新しく、

気の抜けないデンジャラスエリア。


気を引き締めて新宿を迎えうちたいとおもいます。

















テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

プロフィール

らむろう

Author:らむろう
下町在住、お酒ラヴァー。
日々のごはんのお供、お手頃
プチプラワインやお酒について書いてます。

最新記事
カテゴリ
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新コメント
メッセージはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR